セミリタ山口です。

ライバープロデューサーアカデミーは動画配信をする人『ライバー』をサポートしコンサル料をもらう副業とされています。武島麻里さんが運営していますが、経験やスキルなど一切不要で月に50万円も稼げるとの触れ込みですね。

ただライバーが一体どんなプラットフォームで動画を配信している人たちなのかなどよくわからないことも多く、さらに怪しいとのうわさも聞こえてきます。ただ色々なところで広告を見かけるので参加するかどうか迷っている方もいるのではないでしょうか。

ここではライバープロデューサーの実態を詳しく検証していきます。

ライバープロデューサーについて

まずライバープロデューサーが一体どんな副業なのかについて簡単に説明しておきます。公開されている仕事内容をまとめました。

・動画配信者(ライバー)のコンサルをする
・動画配信者が配信で得た利益の一部をコンサル料としてもらう
・月に50万円もしくは年に6400万円以上稼げる可能性
・スキルや経験不要
・パソコンやスマホを使って家でできる

仕事内容を簡単に言うと『動画を配信している人にもっと稼げるようになるようにアドバイスをしてコンサル料をもらう』になります。

シンプルといえばシンプルですね。

YouTubeやニコニコ動画さらに数ある動画配信アプリなど今や動画配信をしている人は相当多いですし、なかなか収益が出ずに悩んでいる人も一定数いるでしょう。もしかしたら動画配信のコンサルにはそこそこ需要があるのかもしれません。

ただここで疑問なのが、動画配信について何の知識もない素人がコンサルをして本当にお金がもらえるほどの効果があるのかどうかです。コンサルって誰もが気軽にできるものではないですよね。

そして動画配信するにはYouTubeや動画アプリなど色々ありますが、『ライバー』が一体誰を指しているのか、またどこでコンサルを受けてくれる人を集客するのかなど仕事の詳細も明かされていません。

これ以上のことを知るためにはLINE登録するしかないようです。

ライバープロデューサーの実態

ライバープロデューサーに登録すると、仕掛け人の武島麻里さんのアカウントと繋がります。ここから動画やメッセージが送られてくるのですが、結論から先に行ってしまうと要は高額スクールへの勧誘なんですよね。

ライバープロデューサーとして仕事を始めるためのノウハウを学ぶ武島麻里さん主催のスクールに通って初めて、ライバープロデューサーとして活躍できるスキルが身につくとされています。

スキルなしでできるのはLINE登録までで、そこから先はやはりプロのコンサルをするのに必要な知識を学ぶ必要があるんですね。

そしてこのスクールを受講する費用はコースによって約30万円か約50万円。気軽に参加できる金額ではありません。

ここで知りたいのは、これだけお金をかけてライバープロデューサーになって本当に稼げるのかどうかでしょう。ただこれについてはやってみないと何とも言えないところがあります。

少なくとも全く役に立たない詐欺副業なわけではないと考えられます。

ただここから紹介するライバープロデューサーや武島麻里さんに関する噂から考えると、参加するリスクがないとは言えないかなとの結論に至ります。

ライバープロデューサーは怪しい?

ライバープロデューサーは怪しいのでしょうか。先程も触れたように『ライバー』が誰を指すのかやコンサルを受けてくれるライバーをどう探すのかが明らかにされていない点に不信感を覚えます。

そこで特商法に基づく記載を見てみたのですが、記載自体はしっかりしていました。運営会社は武島麻里さんが代表を務める合同会社CARRENCHYになっています。

合同会社CARRENCHYについて調べてみましたが、法人登録された実在する会社です。住所が普通の住宅用のアパートなので、オンラインスクールであるライバープロデューサーアカデミー以外に目立った事業は行っていないんでしょう。

合同会社CARRENCHYは2020年10月に登録されていますが、設立当初は社名が合同会社Soweluでした。2021年月に今の名前に名称変更されていますが、設立から1年も経たずに名前を変えたのはちょっと気になります。

ライバープロデューサーも当初は合同会社Soweluの名前で運営していたようなので、本当に評判がよかったならそれこそ名前を変える必要なんてないと思うんですけどね。

ライバープロデューサーの仕掛け人武島麻里氏は怪しい?

ライバープロデューサーについて語るうえで仕掛け人の武島麻里さんの存在は無視できません。恐らく本名で自分の経歴を事細かに語ったうえでライバープロデューサーを運営されていますが、公開されている経歴をまとめるとこうなります。

・慶応大卒
・日本航空入社後に精神の調子を崩す
・東芝や楽天にも勤務歴あり
・妊娠とご主人の失踪を機にネットビジネスを始める
・失敗続きで借金を抱えるもののライバープロデューサーとして成功

苦労した後に成功したシングルマザーそのものなのですが、実は武島麻里さんの過去については怪しい噂もあります。もう少し詳しく見ていきましょう。

武島麻里氏は大谷れいかとして活動していた

ライバープロデューサーのLINE登録をした方はご存知と思いますが、武島麻里さんは過去にれいかという名前でビジネスをしていたとご自分で語ってらっしゃいます。

れいかだけではよくわからないのですが、どうやら大谷れいかさんと同一人物である可能性が高いようですね。

大谷れいかさんはDXLIVEというアダルト系ライブチャットにまつわる事業を行っていました。チャットレディのコンサルやプロデュースを行っていたようなんですよね。

チャットレディのライブ配信の手伝いをしてお金を稼ぐ。これはライバープロデューサーの事業内容とかぶりますよね。ライバーがチャットレディの可能性も出てきたかなと思うのですが、実はライバープロデューサーにはアダルト系の案件との噂もあったりします。

アダルト系の案件だとしたらそれだけで避けていた方も多いはずで、これを明かさずに高額なスクール受講料を徴収するのはちょっとどうなのかなと感じますね。

武島麻里氏は翻訳講座を運営していた?

またこれはご本人が公開していないのもあり真意は確認できていないのですが、過去に早瀬莉子名義で翻訳講座を運営していたとの疑いもあります。講座の名前が合同会社CARRENCHYの前の名前であるSoweluと同じなんですよね。

この案件は高額翻訳講座の案件で、英検3級でも翻訳者になれるとの触れ込みで生徒を集めていました。でも英検3級で翻訳なんてできないのはちょっと翻訳についてかじったことがあるなら簡単に想像がつきます。

案の定この翻訳講座については悪評が溢れている状態です。

そしてさらに裏付けはとれていませんが同じく評判が非常に悪い翻訳講座を運営していた浅野正憲さんと繋がりがあるとの口コミもあります。

チャットレディのプロデュースや翻訳講座でたしかに稼いではいらっしゃるようですが、評判については首をかしげるような内容が多いのが実態なんですよね。

残念ながら手放しで信用できる感じではないかなという印象になってしまいます。

ライバープロデューサーの口コミ

ライバープロデューサーをネットで検索してみると、この副業を紹介しているサイトがいくつもヒットします。サイトの内容を見ると絶賛しているサイトと注意喚起しているサイトが両立していて、どちらかというとほめているサイトの方が多いんですよね。

ただ褒めているサイトにはこちらの特徴があります。

・サイト内の記事の数が非常に少ない
・ライバープロデューサーの登録サイトにリンクしている

ライバープロデューサーがそうと決まっているわけではありませんが、副業案件をリリースする際に運営がいい評判を流すためのステマサイトを作るのは珍しいことではありません。不自然にいい評価しか挙げていないサイトには注意が必要といえるでしょう。

そしてTwitterで『ライバープロデューサー』や『武島麻里』と検索すると、こんな評判が出てきました。

・武島麻里さんは翻訳詐欺師&情報商材詐欺師
・チャットレディ事務所の経営
・この自称アカデミーの運営者だけが稼げる

ツイートを一部そのまま引用しているのもあり、きつい内容が並んでいます。特に武島麻里さんに関しては、過去案件とも絡んだよくない口コミが複数見つかりました。この口コミも裏付けが取れているわけではないのであくまで参考として見ておいていただきたいのですが、いい評価より悪い評価が目立ったのはやはり気になってしまいました。

まとめ

ライバープロデューサーは動画配信する人をサポートする代わりに配信から得た利益の数パーセントを受け取る仕事で、スクールに参加してノウハウを学びますがその受講料が高額です。

よくある全く稼げない詐欺案件ではないだろうと考えられますが、仕掛け人の武島麻里さんの過去に怪しいうわさが付きまとうのと、ライバーをネット上で自分で募集して集めないといけないことから誰でも稼げるような気軽な案件でないことは確かでしょう。スクールの受講料を支払ってしまう前に慎重に本当に自分が求めてる副業かどうかよく考えるようにしてください。

おすすめの記事