婚活中にFO(フェードアウト)されるのは男性は普通?FOされた時の理由や対策

恋愛論

執筆:ねこみみ

「そろそろ結婚がしたい…」そう感じ始めたけれど、そもそも相手がいない!ドラマのような出会いなどなく、自然な出会いと言っても仕事と家の往復だから全然期待できない。そんなナイナイづくしの毎日で結婚相手探しを諦めていませんか?

自然な出会いって本当に難しいし、「いいな」と思う女性に出会ったとしても付き合うところまでにかかる時間が”読めない”。最悪は既婚者に当たるリスクもあります。

ならば最初から結婚目的の女性に出会える『婚活』を始めるのが一番です!

婚活アプリや結婚相談所、婚活パーティーなど、結婚相手探しに特化した出会いの場は沢山あります。だけど婚活を始めると、普通の恋愛とはまったく違う現実に戸惑ってしまう男性は多いようです。

それがFOもしくはCOです。FOなんて恋愛でもよくあることでしょ!?と思うかもしれませんが、婚活では実に『頻繁』に起こります。しかも男性はFOされる率がめちゃめちゃ高いのです。その理由と対策をわかりやすく解説します!

FO・COにビビッてたら、婚活での勝利をつかむことはできません。うまく乗り越えて素敵な結婚相手を見つけましょう。

婚活中のFO・COは普通である

そもそもFO・COってなに?という方のために、まずはその意味を簡単に説明しておきますね。

FOはフェードアウトの略。音量が小さくなっていく様子や映像で人の姿などが遠く離れ小さくなっていく様子。

恋愛においては連絡の交換やデートをしたけれど、相手と連絡が取れなくなりそのお付き合いが「なかったこと」になる状態を言います。

COはカットアウトの略。映像などが急に切り替わること。恋愛においては、相手に面とむかってバッサリとお付き合いや結婚を断られる(切られる)意味。

FOよりハッキリと理由を告げられる分、ダメージが大きいと思う人や、逆にスッキリ諦められるからCOの方がFOよりマシという声もあります。

こんなFOやCOは婚活の世界では、ごくごく普通にあることです。女性もFOやCOされることがあるくらいですよ。

その理由はとてもシンプルで、婚活が『恋愛じゃないから』です。

婚活男性は特にFO・COされやすいので、変に執着してしまったり本気で凹んだりしてしまうと、メンタルが持ちませんし大切な婚活の時間を有効に使えません。

でも、あらかじめ予備知識を入れて行動すれば大丈夫です。まずは婚活でFOされる主な原因を一緒に見ていきましょう!

婚活でFO(フェードアウト)される主な原因

婚活は恋愛じゃないとはいえ、連絡を取り合ったり、ましてや直接会ったりしたことがあると、どうしても感情が動きます。人間ですものね。

そしてこれは婚活に限らずですが…
「相手は自分の思うようにはなりません」
まずは過度な期待を捨てることを大前提に活動しましょう。

婚活でのFOは日常茶飯事ですが、その原因をわかっていればだんだん対応もうまくなっていきますよ。対応がうまくなっていけば現実が変わります!

自分の理想とする女性とは違った
婚活をしていて出会う女性はあなたの理想に近い人ですか?正直なところ、そうでもないですよね(笑)

わたしの職場の後輩のUちゃん(35歳女性)は婚活を始めたけれど、

「理想の人に出会えなさ過ぎて、もう疲れた…」

と言っています。だけど最近気づいたそうです。自分の理想のタイプがいないと嘆いてばかりいるけれど、そもそも自分もぜんぜん相手のタイプじゃないんじゃないかと。

彼女は婚活を開始から3年近く経過していますが、先日は婚活サイトで出会った男性に、

「なんか…、画像と全然違いますね。」

ボソリと言われたそうです。ここまで言われたのは初めてだそうですが、実はプロフィール画像はかなり美白&加工したモノなのだそうです(笑)

今は男性も最近は画像加工アプリを使う人が多いですよね。確かに美しい方がプロフィールを見た相手の食いつきは良いかもしれませんが、画像も条件も『盛る』のは辞めましょう。

過度な期待を与えてしまい、現物を見るとそのギャップで一気にFOされちゃいますよ。

女性に見切られた

婚活が恋愛と違う大きなポイントは、『結婚というゴールに向かって進んでいるレースを行っているようなもの』というところです。レースですからゲームと同じです。

もちろん犯してはならないルールはいくつかありますが、ある程度の範囲を守っていれば、「複数人と同時進行」するのはごく普通に行われていることです。

そんな旦那さん候補レースの選手に選ばれたあなたですが、選手が5人も6人もいれば必ず4~5人は脱落するのですから仕方ないです。そもそもレース自体が中止になることだってあります。

場合によってはあなたのほうがレースを放棄することもありうるでしょう。

そんな婚活レースで女性から見切られた結果がFO です。これに対処するには、あなたもある程度の人数と同時進行で婚活するのが一番。一人に執着しようがない環境をあえて作っておけば、自分もいつのまにか誰かをFOしていることに気づくかもしれません。

女性に不愉快な思いをさせた

婚活をしていて、交際がスタートするとデートの機会が訪れます。デートができる仲になったんだと安心していたら、いつの間にか連絡が途絶えてしまってショック!…という場合は自分の身だしなみや行動・言動を振り返ってみてください。

何か相手の気に入らないことをしなかったでしょうか。嫌われるポイントにはそれぞれ個人差はあるので一概には言えませんが、次のようなことは特に女性を不愉快にさせやすいので注意が必要です。

婚活デートで女性が不愉快になるポイント9つ

1. デートの時間に遅刻して謝らなかった
2. 相手の話をさえぎって自分が話続けた
3. 上から目線の態度だった
4. ブラックジョークが過ぎた
5. 食べ方が汚かった
6. スキンシップが過剰だった
7. 服装が超絶ダサかった
8. 口臭・体臭がキツかった
9. 「ていうか」や「違うよ」などの否定語が連発した

これらは恋愛で出会って相手にめちゃくちゃホレ込んでいる場合は、FOされる理由には必ずしも当てはまりませんが、婚活の場合は見切られる大きな条件になります。

話を聞かない、内容を否定されるのでは「この人といると疲れる」という印象を与えてしまいます。

また、服装や口臭・体臭などについては若い女性ほど強い拒否反応を示します。20代の若い女性狙いなら、かなり気を遣うべきポイントですよ!

本来ならFO(フェードアウト)はNGなケース

婚活を開始してとりあえずは連絡先を交換したばかりという段階や、頻繁にメールのやり取りをしている段階、デートをして直接相手と会っている段階と婚活がどこまで進んでいるのかによってFOが許されるのかが違ってきます。

連絡先交換だけをして、自己紹介などの段階ならば相手の女性に申し込みが殺到している場合は、意識せずにFOせざるを得ない状態と言えます。しかし、次のような場合のFOはNGですので自分もしないように注意しましょう。

・一回でもデートをした
・LINEの既読無視や突然のブロック

どちらもされたら嫌な気分になりますよね。

一回デートしたら基本FOはNG
婚活はナンパとは違いますので、デートにこぎつけるためには、何度かメールやLINEでのやり取りがあったハズです。そのうえで一回でもデートが成立したのであれば、FOするのは、その相手が不誠実な女性だったと判断して良いでしょう。

初対面の相手に直接会うことはとてもエネルギーを使いますし、貴重な時間を使って会っているのですからね。一回デートして勝手にFOしてくるような人には、辛いかもしれませんが、こちらが見切ってやるくらいの毅然とした態度で対応したほうが良いのです。

もちろん逆に、自分自身が一回目のデートで「この女性とは合わないな…次はないな」と感じたらいきなりFOするのではなく、できるだけ傷つけないようにお断りの連絡を入れましょうね。

既読スルー・LINEブロック

今はPCメールや携帯・スマホのEメールよりもLINEを交換する人が増えていますよね。このLINEはとても便利なツールではありますが、『既読』が付くゆえに心をかき乱される原因にもなっているようです。

既読が付いたのに一向に返事をよこさない人や、あえて既読が付かないように操作して無視されたりすると気になってしまいますよね。しかも会話の途中でそうなると「なんか悪いこと言ったかな…」と頭の中がパニックになってしまうこともあります。

さらに最悪なのは、いきなりLINEをブロックされてしまうケースです。これは最初のウチは全然気が付きません。普通にやり取りしているうえでは、ブロックされているかどうかがわからないからです。

ブロックされているのかを知るには、LINEでギフトなどを贈ってみるとわかりますが…。実際にブロックされているのを知ったら「なんで!?」の嵐が吹き荒れてしまいますよね。

いずれにしても、FOの常習犯にとってはLINEの既読スルーやブロックはなんとも感じないでしょう。FOされた方にとっては辛いですが、FO確定ならばコチラからもブロック返しで反撃しておきましょう!

女性の脈あり脈なしのサインを態度や会話、LINEで見極める
執筆:yata 誘えば「今、仕事が忙しくて」と断られ、LINEの返事はそっけない。でもハッキリ拒絶されるわけでもないし、遊びに行きたいねと言えば「そうですね」とニッコリ。 女性の反応って、脈があるのかないのか分かりづらいなあ… ...

駆け引き癖のある女性に注意

婚活でのFOの多くは、本当のFOの確率が高いのですが中には男性の気を惹きたいとか恋愛の駆け引きのつもりで『わざと』連絡を途絶えさせる『駆け引き癖』のある女性というのがいます。

こういうタイプの人はこちらがFOだと思ってあきらめると、また不意に連絡を取ってきたりしますが、順調にやり取りしていくとまた急に音信不通になったりするのです。

その女性がどうしても気に入ってしまったなら仕方ないかもしれませんが、このようなことを繰り返すタイプの女性は婚活もどこまで本気でやっているかわからない危険性もあります。

振り回されてボロボロにされたとか、デートでお金を使わされて終わった…なんてことのないように女性の性格チェックをしておくことも大切ですよ。

婚活でFO(フェードアウト)された時の対策

婚活でFOされても全然平気という域に達するのはなかなか難しいですが、そんなレベルになるまで婚活をダラダラと続けずに済むのが一番ですよ。

繰り返しになりますが婚活は恋愛ではありません。結婚相手を探しているのですから、ずっと一緒にやっていける相手なのかどうかをしっかりと見極める必要があるのです。

FOしてくるような相手に疑似恋愛して変にハマってしまうと、婚活という本来の目的から大幅にズレてしまいます。そうなったら活動停止せざるを得なくなってしまいますよ。

婚活でFOされた時のベストな対策を知り、振り回されずに冷静に相手探しを続けましょう!

待ってみる

そうは言っても、FOされたのかどうかまだハッキリしない(そもそもFOは消えていこうとしている状態なので、終わりのラインがわからないものですが)というならば、『連絡がくるまで待ってみる』のも一つの方法かもしれませんね。

ただ、この場合ただひたすら『じ~っと待つ』ことだけは絶対にやめてください!

大切な時間を無駄にしてしまう上に、ダメージが大きくなるだけでなんのメリットも得られないからです。婚活でFOされても待ってみたいならば、他の相手を探しながら様子をみながらにしてください。

「そんな器用なことはできない」という人は、これ以上読み進める必要がないかもしれません。厳しいかもしれませんが『不毛な待機状態』になる可能性が大きいので、せめて相手探しの動きだけは止めないで欲しいのです。

質より量で攻める

他の相手を探すといっても、いちいち一人一人に手間をかけているのもFOの打撃が大きくなる人の特徴です。ならばFOにひるまない自分になれば良いのです。そのためには、婚活相手を質にばかりこだわらず『量』で攻めてみることをおすすめします。

こちらも複数の相手と同時進行で婚活を進めて行くのです。もちろんまじめに結婚を考えて婚活しているならば、その中の誰かと深い関係になってしまうのはNGですが、相手の人となりを知るためのデートくらいならば『全然OKの範囲』ですよ。

3~5人くらいをかけ持ってメールやLINEのやり取りをしたり、直接会って話をしてみたりしてください。もちろんそれぞれとの付き合いは『薄いモノ』になってしまうとは思いますが、圧倒的に一人に執着したり好きになりすぎたりするのは難しくなるハズです。

婚活に真剣イコール、一人一人丁寧に対応しなければならないという意味ではないのですよ。『広く浅く』行くことで、女性にも慣れていきます。

そうするとガツガツしなくなるので、爽やかな男性という印象を女性に与えられるという嬉しい効果も出てくるかもしれません。

恋愛での同時進行はマズいですが、婚活でなら気持ちのコントロールがしやすくなったり、出会う人数の効率化につながったりとメリットの方が大きいのでおすすめですよ!

忘れて次を探す

婚活は恋愛の場じゃないとは言われても、1~2度しか会えなかった女性でも大きく心が動かされてしまって、実質上の失恋をしたようになってしまうことはあるものです。

そこで複数の人と頑張って会ってみたけれど、どうしても心が空っぽになってしまったり、婚活に疲れてしまったりしてうまく行かないケースも少なくありません。そんなときは少しの間お休みして、違う行動をして忘れるようにしましょう。

婚活とは関係なく気の置けない友だちと飲みに行ったり、趣味に取り組んでみたり、習い事や資格の取得に打ち込んでみたりしてもよいでしょう。そうやって違うことをしてみてから、「次を探す」行動に移ってみてください。

その場合、それまで行っていた婚活方法とは違うアプローチで婚活をはじめてみるのも新しい気持ちになれるので良いかもしれませんよ。

人気のある婚活サービスを利用する

あなたが利用している婚活方法はどのようなものでしょうか。もしも、いくら頑張ってもFO地獄に泣かされ続けているとしたら…そこには誠実な女性が集まっていない可能性があります。

婚活という名前が付けられていても、いわゆる出会い系がベースになっていたりすると、運営側もいい加減なことが多くて誠実な対応は一切してもらえません。そもそも女性がサクラという悪質な会社だってあります。

真剣に結婚を考えているのなら、うわべだけの婚活サイトなどではなくシステムがしっかりとした誠実性の高い婚活サービスを利用しましょう。ブライダルネットやオーネット、ツヴァイの名前を聞いたことはありませんか?

これらのサービスなら、会員の一人一人がぴったりの結婚相手を見つけられるように、スタッフがきちんとサポートして連絡のやりとりやデート、成婚までをしっかりとプロデュースしてくれますよ。

そんなきちんとした婚活サービスはFOなんてあり得ない世界なんです。もちろんそれなりのルールがあったり料金もかかったりしますが、女性会員さんも誠実でまじめに結婚を考えている人ばかりです。

あなたの前からFOした女性を見返せるような、素晴らしい出会いがきっとそこにはあります!

まとめ

一生をともにする結婚相手を探すのは、なかなか大変なことですよね。お付き合いしている彼女がいなかったり、仕事が忙しすぎて出会いがなかったりすると焦ってしまう気持ち、よくわかります。

だけど、婚活は必ずしもお互いのニーズがバッチリと合う相手にすんなり出会えるものではないのです。それぞれが不安な気持ちで迷いながら、手探りで行っている人がほとんどでしょう。

特に女性側はスバリと断ることが怖くてできなかったり、申し込みが殺到してしまったりして対応しきれずにFOする人が多くなる傾向があります。

ならば『質の良い婚活サービス』の利用に切り替えるのが一番の解決策です。もうFOされるのはまっぴらごめんだ!という気持ちを胸に、新たな婚活をスタートさせればきっと誠実で素敵な運命の女性に出会えますよ♪

タイトルとURLをコピーしました