体育会系の企業風土に馴染めない人は転職して次だろ!病気になる前に

希望の職種にあり付けたのはいい。

しかし社風が自分に合わず、会社に行こうとすると、頭痛がしたり嘔吐下痢になったり、まじでノイローゼ気味になってる人はいるはずです。

まー好きな仕事であれば、自分が嫌だなーと感じる社風であっても、段々と慣れてくるのですが(汗)

この記事を読まれてる人もそんな経験はありませんか?

しかしその嫌に社風に、なんやかんやで慣れる人はいいですが、頑張っても頑張っても、この社風はダメだーって人はたくさんいますよね。

そんな悩みを持ってる人に私が送る言葉は「転職すれば?」です…

冒頭で言ってますが、嫌なことは嫌。なので、そのまま放置しておくと自律神経失調症やうつ病になったりして大変なことになりますぜ。
>>自律神経失調症になる前に転職だろ

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

体育会系の職場に嫌悪感を持ってる人は多いですよね

ぶっちゃけ私も体育会系の職場は嫌ですね…まー営業会社に多いですね。

私が体験したガチンコの体育会系の職場も営業会社でした。なんや怪しい商品を売るw

誰がどう考えてもですね…大人しい人は体育会系の職場はNGですよね。まじで長くいると頭も体も悲鳴をあげます(汗)

なんせ体育会系って根性論

この連中の好きな言葉は、
人間気合いだろ!
死ぬ気でやれ!
40℃の高熱でも来い!
親が死んでも出社だろ!

まーこんな昭和のようなやり方です。

確かにこんな考え方を、私はダメとは言いませんが、疲れる人は疲れますよね(汗)

何でも根性、根性、根性

根性は大事ですが、上司の教えややり方、論理などはそこそこに、気合いと根性で乗り切れでは、今のご時世は通用しませんよね。疲れるだけです(汗)

実際、効率化などはあまり考慮しませんから、長時間労働は慢性化してますよね。要はブラック企業なんだよね。

早出で掃除させられて、帰宅は午前様。
掃除なんか仕事とは関係ないだろ?と思いますが、クソな体育会系の会社は奉仕で掃除などをやらせるのは好きですよねw 根性&気合いw

私もアホな考えには付いていけずに退職したもんねー。

成果が正当に評価されないケースはある

私がいたのは成果主義の会社だったので、成果次第で人事は決まる傾向にありました。

しかし友人たちの話やネット上の文句を拾うとですね…
確かに成果は成果で大事ですが、上司や人事へのゴマすり人間が上役になる…もうこれは悲惨でしかありませんよね(汗)

日本社会では有名な上司との飲みニケーションやゴマすり接待ゴルフ、ゴマすりBBQなど、上司に上手にゴマをする人間が出世したりします。
私の言いたいことはわかりますよね(笑)

体育会系のクソ企業に従事してる人は友人や異性、家族などは放置状態になる。
中には離婚する人もいますよね…もう仕事ばっかりで家族を放置する旦那は要らんって感じで。

実際、私の友人は家を出るのは朝6時で帰宅は午前様。
仕事、仕事のいうつつを抜かす旦那に嫁が愛想を尽かして離婚したもんね。
家族のために旦那が頑張ってるのは理解してるはずですが、あまりにも放置されると愛は冷めますわな。

まー典型的なブラック企業ですよね。
>>毎日毎日残業を3時間も4時間もさせる会社はブラック企業

めんどうな人間関係

まー部活の延長線上みたいな感じですので、上下関係は半端なく厳しいですよね。

部活や自衛隊のノリなので疲れます
私も疲れてました。
朝礼からして、もうバキバキの体育会系。違った言い方だと極道のような感じ。疲れる疲れる。

これって一般常識のあるホワイト企業だとパワハラ扱いになりますよね。

私もゴリラみたいな顔したアホ上司にパワハラを散々されてました。

当然のことながら、パワハラ上司には暴言を吐いて退職しました。ざまあみろって感じでしたよ(笑)

部下である以上、上司に叱責されることはしかたありません。
しかし、上司の機嫌が悪いからと言って、八つ当たりで怒られたり、本来部下がする必要のない仕事を意味不明にやらされる…それも時間外の無給で。
奴隷じゃないんだし、あほらしくなります。

これは体育会系だけではありませんが、その会社やその職場の社風に馴染めない人間は村八分になりますが、体育会系の職場の場合、その村八分(仲間はずれ)は顕著だと思われます。はい。

人間関係が悪化すると、その会社には居辛くなりますよね。そうなると自動的に退職となりますよね。

まーこの問題は体育会系だけじゃなくて、もう社風に馴染めないと感じた場合は、早い段階で転職することですね。

もし転職する場合はハローワークや求人サイトに頼るんじゃなくて転職エージェントを使って職探しをすることですね。

転職エージェントであれば、その会社の内部事情には詳しくて「この会社は体育会系なので、前と同じような感じですね…」みたいな感じで情報をくれます。
事前情報をくれないと、その会社がどんな感じか?わからんもんねー。

私は体育会系の会社がダメだとは断言しませんが、やっぱりダメで、この類の会社の離職率は半端ないと思います。

ジャンジャン雇用してジャンジャン退職。この繰り返し。

まー中には変人もいて、体育会系じゃなければ…と言う人もいるので、世の中うまい具合に成り立ってます(笑)

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら