20代で年収600万円をくれない会社は、さっさと転職を考えた方がいい

この記事で読めることは、30代中に年収1000万円をもらうための方法を書いてます。

社畜でいる意味は収入なのだ

今後負け組の悲惨な人生を歩まないために重要はことは、20代のうちに年収600万円はないとダメですね。

年収600万円はともかくとして20代で年収400万円もくれない企業は「即転職だろ!」と私は思うんですよね。

二十代で年収400万円くれる仕事は何だ?20代の内に年収400万円くれない会社は転職だろ?
勤続10年で年収400万円しかくれないのはブラック企業だろ。激務な会社は転職せよ

社員には激務を強いるが、年収400万円以下の収入は悲惨です。

私は何回も言ってますが、社畜人生はしょせんはお金です。

中には「仕事が好きだから薄給でもいいんだよ…」なんてお人好しがいます。

こんな考え方を持ってる人がいるので、経営人はサビ残や休日出勤を強要したりして調子の乗るんですよね。

仕事に興味があって楽しんでやるのはいいことですが、やはり給料は成果に対してちゃんともらう必要はあります。

薄給激務のブラック企業は敵

若い時もお金はかかりますが、40代、50代になった時には、子供の学費などを筆頭に尋常では生活費がかかります。

・住宅ローン
・自動車ローン
・部下へのおごり
・食費
・保険
…等々もう考えるだけで頭を痛くなりますよね(汗)

もし自分が40歳までに年収1000万円前後が欲しいのであれば、20代中に最低でも年収500~600万円はもらっておかないと厳しいです。

日本企業の大半の給料は勤続年数を重要視しますもんね。
もちろん実績(成果)も大事ですが、しょせんは勤続年数ですね。

結婚も有利に働くよね

20代で年収600万円ある人は将来性も女子に判断されるので婚活では有利になります。

男子は女子を容姿で判断するように、女子は男子を収入や地位で判断します(これが現実ですね)

職業は公務員、医師、薬剤師、消防士、IT系、商社マン、広告代理店…この辺が女子の憧れの対象ですね。

年収1000万円はお金持ちなのか

よく「年収1000万円あればお金持ちだよね」との話がありますが、私はそうでもないと思うんですよ。
貧乏人の私からすればリッチですがw

もし手取りで年収1000万円あれば、月割にすると月収は約83万円となるので、それはそれでウハウハではあります。
私は素直にお金持ちだと思うんですよね。

しかし、たいがいの人の年収1000万円は総支給額ですよね。
手取り額は約750万ほどなので、月収は62万円になります。

今現在、総額年収600万円で仕事をしてる人からすれば、年収1000万円はウハウハかもしれませんが、私の中ではそんなに贅沢のできる給料ではないと思うんです。

年収700万円はお金持ちなの?手取り額は案外少ないよね

実際これだけの高給をくれる会社は東京や大阪などの都市部にあります。

都会は賃貸相場やマンション、一軒家の購入などにかかるお金は尋常じゃないほど高いです。
同じような条件だと地方都市の1.5~2倍、3倍はします。

地方都市だと一家四人8万円の家賃だったが、東京に引っ越しして家賃20万円になった…こんな話はよくあります。
二倍以上の家賃を払っても広さは狭くなりますw

年間120万円以上も差が出るんですよね。
アホ臭いですよね。

もし会社でそれなりの実力を発揮してるのに20代で年収600万、30代中に年収1000万円が見えない人は、そんな会社はやめた方がいいです。
要は転職ですよね。

野心のある方は転職、転職ですよ。

転職市場は即戦力で能力のある人材が欲しい

新卒で経験値の低い人材を雇い入れ、それなりに使える人材になるには莫大な教育コストがかかりますが、経験値の高い社員だとそのコストは削減できるのです。

新卒だと実践に使えないだけではなくて、学生気分の抜けてないのんびりとした当事者意識のない人材も多いですね。
この点の意識改革をするのも会社の教育担当は大変なことになります。

仕事で当事者意識のない人に当事者意識を持たせる方法

新卒の人材の場合は、せっかくお金と人材などを投入して鍛えたのに「一身上の都合で辞めます」と言われた日には会社は大損害になります(汗)

高給をくれる会社は大企業なので、大企業にとっては、はした金かもしれませんが無駄な出費であることは間違いありません。

新卒で入社した会社が自分の理想とは違ったなんてパターンは多いですよね。
特に十代で入社する高卒の新卒ね。

新卒の離職率のデータは約35%ほど。三人に一人が辞める計算です。

新卒入社。しかしその会社はブラックなクソ企業だったら入社3ヶ月でも退職すればいいか

高収入を実現するための転職

今の会社に3年、5年といても、会社の年収に期待できない場合は転職することです(キッパリ)

ただ、何の戦略を持たずに転職をしても、逆にダメな会社に転職することになり薄給激務になることも考えられます。

転職してちゃんと給料アップを実現するためには同業に転職することです←重要

企業側は即戦力となる人材を求めているので高給をくれるのです。

それが未経験分野に転職したとしたら、あなたは社会人としての経験はありますが、新卒の社員と比べると社会人としての常識はちゃんとしてるでしょう。
しかし、仕事に関しては、ほぼ素人同然の扱いになりますので教育コストはかかります。

会社側にしてみれば、ただの高給取りのお荷物社員になりますよね。

今も今後もしっかりと利益の上がってる会社を選択することですね。

今は良くても10年後とかはヤバい斜陽産業に転職した場合、
・十年後の年収は下がる
・閑職に左遷
・リストラされる可能性もw

最近は世の中の流れが早いので、「今後何十年も大丈夫だろ?」と予想していたような企業でも簡単にヤバくなるので怖いですが。
シャープ、タカタ、東芝などもそんな感じですよね。

ベンチャー企業なんていい

ベンチャーとは言っても会社を立ち上げて5年とかの若い会社ではなくて10期以上、増収増益で好調な会社です。
10期以降となればベンチャーとは言い難いです…

新卒も転職も、大手や中堅の企業で働きたがる傾向にありますよね。
なんやかんやで安定してるし。

そんな人が多いので、ベンチャー企業は若い会社は優秀な人材の確保に困ってます

会社側は多少無理をしてでも、優秀な人材を確保して高給を払い、会社のために貢献してもらいたいと考えてます。

儲かってる若い会社のいいとこは成果をガツンと出せば、お金もガツンとくれる点ですよね。

イケイケの会社に上手に転職して、ちゃんと成果を出すことができれば、年収1000万円なんて貧乏くさい金額じゃなくて1500万円や2000万円はくれる可能性も否定はできません。

世間では高給を目指した転職は「ガンガン利益を出してるIT系がいい」なんてことが言われてます。
IT系以外でも高給な業界はなんぼでもありますが、やはりIT系の利益率の良さは半端ありませんから、会社が好調で、あなたが実績を出せば高給はくれますね。

最近はお金目的で外資系企業に的を絞って転職する人もいます

外資系企業は日本独特の年功序列みたいな制度は、ほぼ無縁ですので成果を出した人間には高給を約束してくれます。

日本で高給をもらうためには、仕事の実力は当然重要にはなりますが、上役のご機嫌取りをしたり、政治力も重要になるのでめんどうですよね。あほらしいです。

仕事をするうえで人間関係が重要なことは間違いありませんが、なんか面倒過ぎますw

もし本気で年収アップを考えた転職を考えているなら、職安などを頼ったり、弱小求人サイトで独自に応募しても間違いなく失敗します。

転職エージェントを利用するのが一番

何としてでも転職を成功させたいのであれば、転職の水先案内人である転職エージェントを頼らないと損です。
変な言い方にはなりますが、転職エージェントはどうせ無料で使えるんだしw

転職エージェントに登録をしたら、あとは担当者にしっかりと今後のことを相談して、いい求人案件を見付けてもらえばいいんです
その後は二人三脚で内定に向けて頑張るだけ…

お金がなければいい彼女はできませんし、奥さんは愛想を尽かして別の男に走る可能性もあります。
漢の価値はしょせんはお金!

転職して20代で年収600万、30代で年収1000万円を目指すべきですね。

参考までに平均年収ランキングを引用します

引用元:https://toyokeizai.net/

1位 M&ACP 2,253万円(平均年齢30.5歳
2位 GCA 2,153万円(平均年齢37.1歳)
3位 キーエンス 1,756万円(平均年齢35.3歳
4位 日商業開発 1,741万円(平均年齢44.7歳)
5位 ストライク 1,616万円(平均年齢34.9歳
6位 ファナック 1,571万円(平均年齢42.9歳)
7位 野村HD 1,515万円(平均年齢42.3歳)
8位 朝日放送1,498万円(平均年齢42.9歳)
9位 TBSHD 1,490万円(平均年齢51.6歳)
10位 三菱商事 1,445万円(平均年齢42.6歳)

これらの企業は一流も一流ですので中途採用の枠はないと思われますが、大手転職エージェント、大手転職サイトなどを駆使すれば30代中に年収1000万円もくれる企業もあるはずですね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら