27歳、28歳の女性が転職を成功させるために注意すること

女性も30歳近くになると高卒で仕事をしてる人は10年、大卒だと5年前後…早いもんです。

素敵な彼氏がおり、「私は結婚して寿退社するんだよ…」って人はウハウハかもしれません。
しかし、男日照りで結婚どころか、「私は彼氏すらいなんだよ…」と号泣してる人もいるはずですw

たぶんそんな人が大半ですよね。
人生は甘くはありません。

まずは結婚が無理な人は専業主婦となり優雅な生活は送れませんので、将来の仕事のあり方を考える必要はありますね。

それに結婚をしても、今のご時世は専業主婦やパート主婦で家計を成り立たせるのは無理があるんですよね。
なので、結婚後育児が落ち着くと、再度正社員として頑張る人は多いですよね。

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

転職の動機は色々ある

仮にです…今勤務してる会社がですね。
遣り甲斐を感じられて職場の人にも恵まれてたとしても、人生は長いようで短いので、

・未経験の分野で自分を試してみたい
・同業であっても今以上にキャリアアップできる会社がいい

…まあ各人色んな悩みがあると思います。

逆にもう仕事をすることがめんどうになり、「給料は下がってもいいので楽な仕事に転職して婚活や趣味に没頭するか…」みたいな考え方もあると思います。

所詮は人生なんてお金ではありますが、仕事仕事仕事ばかりの人生も嫌ですよね。

ドSの仕事ヲタには困る

私の友人(♂)はワーカホリック(仕事中毒)で重責な案件を任されて1日最低12時間以上は仕事をしてないとダメな人もいます。

趣味は早出や残業、休日出勤。しかも無給ですよw 
サービス残業LOVEみたいな…

こんな仕事中毒の人間はあなたの周りにも一人はいるでしょ?

この人が無給で勝手に頑張るのは自由ですが、サービス労働を強要するダメな上司がいますよね

仕事中毒の人が自分の上役だと、子分にもサービス労働をやらされる。

その上司の元だと職場人生は体育会系のノリになるので辟易する人もいるはずです。
こんな感じの体育会系のノリが好物の人はいいですが、私はこんなノリの会社は嫌です。疲れます。

体育会系の企業風土に馴染めない人は転職して次だろ!病気になる前に

以前、私は訪問販売の営業マンをやっていた時期があります。
高額ふとん売ってましたw 
詐欺商品じゃないですよ。

その時の上役は半端ないワーカホリックで1日15時間労働は当然w 

ご飯は三食とも吉野家でした。
それも入店から会計までに与えられる時間は15分ほどwww

もう尋常ではありませんでした。
めちゃでしたよ、めちゃ(笑)

ただ、この上司は本当に人間味ある人は人望は半端ありませんでした。

要は嫌な仕事を強要されるような職場や会社に在籍している人は転職すればいいと思う。
仕事中毒の人間と一緒に仕事をしててもメリットはありません

もし30歳前の27~29歳ぐらいで転職を考えてる人

もう転職するのは「遅い!遅い!遅すぎる!」なんて考えてる人はいるかもしれませんが、私はまったく問題ないと断言します。

私がネット上で転職時期に関する年齢調査を調べますと女性の転職時期は30歳ぐらいなので、別段問題ありません。

さすがに40歳ぐらいになると、何らかの形でスキルがないとステップアップ転職や現状維持の転職はやっかいではありますが、世間一般の常識で考えると30歳前の女性なんて、まだまだ転職し放題です。若いです。

スキルやキャリアの重要性

これは会社の考え方によってまちまちななのですが、社会人として経験値を積んでる女性(男性も)のほうが高く評価してくれます。
同業他社に転職する場合は尚更ですね。

転職の場合、企業は即戦力となる人材を確保したいわけだし…

給料、休日、福利厚生の待遇改善を目論んでる人は同業他社にさっさと転職をすればいいですね。

また、まったく畑違いの会社に転職したとしても、社会人生活を数年間経験してると、0から教える必要のある新卒社員と比べて、即戦力となるので楽ですよね。

教育コストも削減できるし、気楽な学生気分も抜けてますw

なので、考え方によっては雇用する側にとって社会人経験を積んだ人材は魅力あるんです。

「変な知識があって、逆に要らんわ」って会社もありますがw

転職の仕方を間違うとワーキングプア

この問題は30歳前の女子だけの問題ではありませんが、自分のキャリアを成長させれる職種に転職した方がいいです。

誰もができる単調なパソコンでの入力作業なんてやってると転職するたびに貧乏になり最終的には年収200~300万円になる可能性は大ですね。

若い時の転職なら企業側も将来性を期待して、ある程度の年収は出せます。

しかし、35歳や40歳、45歳で、何のスキルもキャリアも実績のない人材を雇用する意味は「薄給で使える」からだけなんです。

もしキャリアやスキルがあれば、婚期を逃して生涯仕事をすることになっても問題はありません。

27歳で転職した人が、どんな職種に就いたのか?

「事務・アシスタント」が一番多くて、次に「営業系」、次に「企画・管理系」が多いようです。

営業系や企画・管理系は年収もそれなりに良くて年収400万円ほど。
転職時に年収400万円あれば人生はウハウハですよね。

ただ、転職先の企業により、どこまで伸びるかはわかりませんが。

もしあまり年収が伸びないようであれば、スキルを付けてキャリアアップして転職すればいいだけです。

営業系だとプレゼンテーション、ヒアリング、情報収集などのスキルを身につけられるし、成果主義の企業だと自分の実力次第で高給取りになれるのは嬉しいですね。

業種にも寄りますが30歳で年収1000万円突破な人もいますよね。

妊娠・出産・育児はやっかいな問題?

そんな魅力ある人材である30歳前の女子ではありますが、雇用する側が懸念する点は結婚なんですよね…
結婚はともかくとして妊娠や出産、子育ては企業にとっては足枷(あしかせ)になります。

やはり女性である以上出産や育児は素晴らしいことであり、まあこの事自体はしかたがないことだと思んですよね。

しかし、自分が逆の立場であればわかると思いますが、子供のために2年も3年も職場に穴を開けられると困ります。

仮に1年ほどで復帰して、子供を保育園に預ける。
しかし子供は急に熱を出したり、何らかの病気になったりして月に数回は職場に迷惑をかけることになる…汗

急に休んだりした場合は、職場の同僚に迷惑がかかります…「○○さんは、また子供が原因で休みか…」みたいな。
こんな事が頻繁にあった場合、一歩間違うと村八分ですね。

日本社会は村八分好きですしw
ダメですね。終わってます。

もしあなたが未経験分野に挑戦したいのであれば若い方がいいことは間違いありませんから、ウダウダ悩んでる人は自分自身のためにもさっさと転職した方がいいですね。
ただまあ27歳や28歳は若いと言えば若いので、まあそんなに急ぐ必要はありませんが(どっちなんだw)

30歳前(27~29歳)が転職するにおいて重要視すること

今まで自分がどんな仕事してどんなスキルがあるか
もしあなたが希望する会社に就職した場合どんなことができるか
この点は尋常じゃないほど重要です。

学生気分の抜けない新卒の就職活動であればまだしも、あなたは30歳前の大人なんです。
最低でも5~10年は社会人と経験した大人なんです。

転職するにあたり、これは常識化してますが、転職活動は転職エージェントを使ってやるわけです。

自分が今後将来的にどうするのか?

この点はしっかりと転職エージェントの担当者と相談する必要はあります。

せっかく内定をもらったり、働き始めたはいいですが、いい男が出来てですね…

「私は結婚して専業主婦になるんだー」では転職エージェントと会社には「なんなんだ?このアホは?」みたいな感じになります。
しっかり人生設計を考えて次の就職先を決めましょうね。

私は営業系か将来的に役に立つ手に職系ですね。

手に職系はwebデザイナー、シューズデザイナー、ネイリスト、webライター、エクステリアCADオペレータ等など。
web系の仕事は自宅で、そんなに時間に縛られずできるのはメリットですね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら