当日面接をドタキャンするのはNG。面接に行くのが嫌と思った人

【この記事で読めること】
・面接をドタキャンすると問題になる?
・転職エージェント経由の面接をスッポカスと大問題
・面接に行きたくない場合の対処方法




面接のドタキャンは体験したことあるでしょ

私はバイトも含めて過去に10回ほどは面接を体験したでしょうか。
なので、面接の「めんどうさ」や「だるさ」はよくわかりますw

私自身、バイト、正社員、転職エージェントの面接をすっぽかしやドタキャンした経験のあるダメ男ですw

当日に面接がめんどうになり、面接アポをすっぽかす。
いい大人がこんな愚行をするのはNGではありますね。

アルバイトならまだ許せる部分はありますが、正社員や転職エージェント経由の面接を放置した場合は、もう呆れるほかありません。
(私がドタキャンしたのはバイトだけですw 大変そうだったし、時給700円と薄給だったので面接行くのが面倒になりました)

「なんとなーく面接に行きたくない」と感じて、面接はドタキャン&すっぽかし(汗)
ダメですよ、ダメ。普通は。

キャンセルはまだ許せます。
一応先方に連絡するじゃないですか…「インフルエンザで高熱が出て動けませんみたいな…」←嘘w

まあ面接のドタキャンは一回ぐらいは体験した方は多いのではないでしょうか。

みんな同じような感じw

私は居酒屋のバイトの面接に行くのが面倒になり、すっぽかしを食らわしました(汗)

すっぽかしは無断欠勤と同じで、先方に何の連絡もしないので、本当に失礼な迷惑行為ですよね。
なんかすごく失礼なことをしてしまい、後から罪悪感を感じました。店側から2回着信入ってましたし(汗)

こんなアホな事をするとですね。
その店で飲み食いは無理になるし、なんとなーくその店の前も通り難いですよね。

転職エージェント経由のドタキャンは絶対にダメ

自分で求人サイトなどを見て面接に挑む場合、被害は企業側だけになります。

しかし、転職エージェント経由での企業面接をドタキャンした場合は企業と転職エージェントの両方が被害を喰らうことになります。

やっかいなことは転職エージェントの担当者は企業側に出向いて謝罪をすることになります。

転職エージェントA経由で企業Bへの面接すっぱかしが増えると、企業Bは転職エージェントAとの契約を切ることもあります。
この愚行は転職エージェントに損害を与えることになるんですよね。

一部の転職エージェントでは繋がりがありますので、もしあなたが転職エージェントAでむちゃばかりしてると、他の転職エージェントへの登録が不可になることもあります。要注意ですね。

この件は転職エージェントだけではなくてハローワーク、求人サイト経由なども同じ感じですね。

面接に行きたくない原因

たぶん面接を受ける人全員がそうだと思うのですが、正直緊張しますよね。

バイトや契約社員の場合は「ダメなら次があるや」って感じで、ある程度は気楽な感じで面接に挑めますが、それでも緊張はします。
正社員や転職エージェントの場合はもっと緊張します。

家族がいてですよね。
いい歳した年輩者で背水の陣の場合は尚更ですよね。

失敗すると家族が路頭に迷うことになる。

40歳代の男性が未経験分野に転職するのは簡単なの?

この緊張が不安を呼んで、面接に行くことが嫌になりドタキャンやすっぽかしをするケースがあります。

その会社で働くことがどっちでもよくなったり…w

「あんなクソ会社で働いてもしかたねーや」と感じて面接をドタキャンする気分はわかります。

私がバイトの面接をドタキャンしたのも「ガテン系が嫌、時給が嫌、代替のバイトなんて何でもあるや!」と感じたからです。

なんやかんや働ける会社はなんぼでもある状況です。
バイトや肉体労働、営業会社の正社員の仕事なんて、なんぼでもある。

面接恐怖症

人によっては何回も何回も面接に落ちて面接恐怖症になってるとか(汗)

これって40代や50代のリストラ組の多い傾向ではないでしょうか。

新卒組でなかなか面接を突破できない人も面接恐怖症になり「今日は面接行きたくない…」なんてこと(汗)
30社受けても内定をもらえないなんてノイローゼになりますよね。

だいたい求人の募集要項には「年齢不問」とデカデカと記載しときながら、どんなに優秀な人材であっても実際は30代半ばまでしか雇用を検討してなかったりする。

このパターンは一番ダメダメなケースなので、「最初から35歳以上はダメ!と書いとけよ」と思います。

求職者も企業側も時間を無駄にするだけなので、何のメリットもありません。
まじで意味不明な法律はさっさと撤廃してほしいです。

どんな事情があれ面接には絶対に行くべき

面接をドタキャンしても、自分に人生にプラスに働くことはありません。

もしその面接をちゃんと受けておけば人生は開けたかもしれませんし、仮に面接で嫌なことがあったとしても、それはいい人生経験だとプラス発想に転換して、次の面接時の教訓として活かせれます。

人生ガンガン失敗しないと成功に結び付かないのも事実です。

人生絶望した時の考え方

それにドタキャンして自宅にいても心が暗くなるだけだし、体も重くなる。
モチベーションをアップさせるためにはですね…やっぱり動くことですね。

体を動かさないと、心は「面倒だ」「だるい」などと弱気になり、ろくな結末になりません。

自己暗示で自分に自信付ける。ネガティブ思考や自己嫌悪は人生虚しいだけ

ニートになる人なんかも面接のドタキャンの連続で、本当に面接を受ける気がなくなり、ニートに落魄れた人も多いと思うな。

自分を信じると自信が付いて人生はプラスに転換する。自分を信じる方法

ただ、どうしても、面接に行くのが嫌な場合は当日ドタキャンするのではなく、ちゃんと正当な理由を先方に伝えて辞退することです。

・他の企業に内定をもらった
・そこで働く気はしない
・給料が安いw

もうどうせその会社で働く気はないんだし、失礼なく正直に理由を言えばいいんです。
先方もそれで納得するはずです。

まあ間違っても高校生バイトのバイト面接じゃないんだし、18歳以上のいい大人が面接をドタキャンするのは、ただのダメですよ。
私も面接をドタキャンする気持ちはわかりますが、やはりダメですよね。

キャンセルする時のマナー

どんな事情であれ、病気や不幸があったわけでもないのに約束してた面接に無断で行かないのは大問題ですよね。
何回も同じ事をすいません。私も経験してますので…

面接に行きたくない場合は間違ってもメールなどで連絡するのではなくて電話ですることです。

担当者、担当者不在の時は代理人に伝言を残すことになるのですが、精神誠意謝ることですね。

バイトの場合だと、「面接を掛け持ちしてて、先の職場に採用されました…」みたいな。

こんな話はひんぱんにあるし、先方も怒るけど、「まあ仕方ないか…」と納得してくれるはずです。