激務の仕事と恋愛…どっちを大切にする。仕事でデートできない人の対処法

これは私自身も経験あるんだけど、カレシなりカノジョが過酷で激務な職場にいると、もしデートをしようと思ってもですね…
仕事が忙しいから
休日はゆっくり休みたいんだ

こんな事を理由にデートをしてくれなくなりますよね。

ほんとこれが原因で破局になるカップル(夫婦も)は多いのではないでしょうか。

これが「時間のすれ違い」による破局ってヤツですね。

時間にすれ違いがあっても、電話やラインなどで連絡を取り合ってるうちは幸せではありますが、そのうち疎遠になる。
遠距離恋愛マニア以外は間違いなく破局します。

あとですね…どっちかが学生だった場合、学生は基本時間がたくさんあるし、社会人の厳しさを知りません。
なので多忙な仕事を理由にしてもわかってくれないケースはあります。

学生は時間があるので、暇とか、寂しいとかでむしょうに異性と会いたいと思っても、正社員は厳しい中で仕事をしてるのだし、相手に理不尽なわがままと言われるとイライラしてブチ切れるケースもあるのではないでしょうか。

私も必達ノルマが達成できずに苦しんでいた時、彼女が「寂しいから会って…」などと電話やLINEなどで執拗に連絡してくるわけです。

彼女のその気持ちもわからなくはありませんが、まあ相手が学生やフリーターだと苦しんでる人の気持ちはわかりませんよね。

結婚するにおいても高収入で亭主元気で留守がいいタイプもいれば、貧乏は困りますが、家族愛重視な人もいます。
今回は後者のほうの対策を語りますよね…

【関連記事】
>>薄給激務のブラック企業で長年働く意味はありません。ただの社畜

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

仕事と私のどっちが大切なのか?

もうこの会話は今現在も日本で論議されてると思いますが、「仕事と私のどっちが大切なのか?」ですね。

一昔前であれば、これは女性が男性に対して言うことだったんです。
しかし今は女子であってもガチで高年収を目指してる頑張ってる人は多いです。

看護師さんなんかは昔からそんな感じですよね。激務の典型。

これは余談になりますが、私の友人は英会話教師と交際してました。

この仕事は仕事帰りの会社員や学生などを相手にしてる以上、仕事が終わるのは9時10時。
仕事が終わった後も自宅で翌日の準備をしたりで多忙なので、すれ違いが多くて、最終的に彼女の方から別れ話を切り出されたそうです。

男女関係なく仕事が楽しい場合はデートどころではありませんよね…

私の結論なんですが、激務を基本とする日本企業に勤務する以上、仕事と恋人との良好な関係はちょっと難しいと思います。

どちらかがフリーターや派遣社員、学生などで時間の融通の利く仕事であれば、お互いの時間を調整するなりしてデートは可能ですが、どちらもガチの正社員の場合だとなかなか難しい部分はあります。

異性と知り合うキッカケはコンパや出会い系など色々あるわけです。
カレシやカノジョになかなか会えなくて寂しい思いをしてる人は、ほかの異性に走る可能性も大です。これは既婚者も同じではないでしょうか。

旦那が多忙で会う時間がなかったり夫婦の営みが皆無だったりすると、奥さんは出会い系で知り合った若い男性に走るケースは多々ありますよね。

まあカップルの場合だと同棲するのが一番簡単なのですが…それができない人も多いですよね。

じゃあ破局したくなければどうするか?

それはですね…激務激務の会社を離職するしかありません。

私が言うことじゃありませんが、
離職がダメなら異性と別れるか
異性に時間の融通の利く仕事に転職してもらうか
選択肢はこれだけですね。

どちらかが時間に都合が付けば、会えることは会えるし…

私の駄文を読まれて「異性のために転職なんかできるか!?アホ!」と激昂される方がいるかもしれませんが、私は本当にその人を愛するなら転職なんてすればいいと思うんですよ。

これは余談にはなりますが、転勤などが嫌で転職する人はいますもんね。
(⇒転勤が嫌な人は会社を取るか?転職するか?

転勤は転勤で仕方がない部分ではありますが、単身赴任を長年するのはバカ臭いですよね。
大事な子供を放置するのは嫌ですよね…私も嫌です。

それに転職は失敗すればステップダウン転職になり「あらら…」と悲惨な結果になりますが、私が進言するまでもなく、転職を成功させればいいんです。

いい条件の転職先なんか20代、30代半ばまでであれば、なんぼでもあります

仕事時間は10%減って年収は10%アップとか…

「世の中、そんなに甘くはない!」と思ってる人、それはそれで間違いではありませんが、転職を求人サイトやハローワーク経由でやるからダメなんです。ダメじゃない場合もありますが汗

転職するなら、転職案内人のプロがいるんです。それが転職エージェント!

転職エージェントの担当者に自分の希望する条件を言えば、担当者はあなたの条件に合った会社を紹介してくれます。

もう正直「デートができんので…」と担当者に話せばいいんです。

間違っても企業の人事部の人に、そんなアホな理由は話してはダメですよ。書類審査を突破しても面接で落ちる可能性も大なんですwww

やはり異性や家族は本当に大切です。

年収やキャリアも本当に大事だと思いますが、愛のために仕事を捨てる勇気があっても、私は悪くないと思います。
ただ、貧乏じゃあ困るので、ある程度の収入は必要ですが…

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら