コンビニ業界は高年収だけどブラックなの?しかし小売業で年収1000万円をくれる?

この記事で読めることは若くして年収1000万円のコンビニ業界に転職する方法。
現在コンビニ業界にいるが、もうブラック環境が嫌で、今のブラック環境を改善したい…と思ってる方に参考になります。

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

コンビニの快進撃は半端ありません

私が一番好きなコンビニはセブンイレブンですね。
なんやかんやで私は週5回以上は利用してますね。便利ですね。

利益が出てるコンビニ業界なので、薄給が基本の小売業界ではありますが、コンビニ業界では30歳前後で年収500万円が平均年収なんです。

ほかの小売業の年収が「なんじゃこりゃ」ってレベルなので30歳で年収500万円は羨ましい存在ではないでしょうか。

有名な小売業の平均年収

やはりコンビニ業界は突出してます。

セブン&アイ・ホールディングス 717万円
・しまむら 580万円
・ゲオホールディングス 500万円
・吉野家 654万円
・ゼンショー(すき家) 562万円
・サイゼリヤ 561万円
・王将フードサービス 478万円」

この資料を見ると「飲食店は案外悪くないな…」と思われる方がいるかもしれませんが、たいがいの飲食店は薄給激務が基本ですね。
店舗スタッフの給料は悲惨なもんです。

それなりの規模のある店長で頑張っても月収30万円ない人が大多数です。
この給料は手取りではなくて総支給額です…汗

手取り13~15万円、年収200~300万円の正社員は転職した方がいいよ!

・手に職を付ける
・マネジメントを学ぶ

こんな気持ちで飲食店に従事するのはいいですが、お金のために飲食店に勤務するのは愚策ですね。

コンビニ業界はブラック企業?

コンビニ業界は給料がいいだけあり、ブラック企業な一面もある…これは事実なんですよね。

現場レベルに従事してますと、店舗は年中無休で24時間営業だし…汗

コンビニのバイトは飲食店のバイト同様で過酷なんだよね。ブラックが嫌な人はコンビニはやめろ

店長経験を経て、OFC(店舗経営相談員・オペレーション・フィールド・カウンセラー)になれば過酷な労働環境から抜け出せれるかもしれません。

店長より上のポストになるのは、副店長⇒店長を実績を積んでからになるので年数もかかる。肉体的にも大変です。

新卒でコンビニで入社した場合、半年間は楽なんですが

最初は長時間労働もなければ休日もちゃんとあるので「意外と楽じゃんか」と思ってしまいますが、半年後から地獄ですw

最初は「バイトレベル+α的な存在で仕事を覚えればいいや」って感じだったのが、副店長になると急に激務になります。

バイトの中にはいい加減な人もいるので無断欠勤をしたり、突然辞めたりする。
「この人材の穴埋めを誰がするのか?」と言えば社員がするんです。あなたです、あなた(汗)

本来は休日だったのに、バイトが無断欠勤したおかげで、あなたが働くハメになる
もうアホ臭くて自暴自棄になりますよ。

またこれはサービス業の宿命ではありますが土日祝日も仕事仕事。
GWも盆も年末年始も関係ありません。

この事実を知ったうえで、コンビニ業界に入社してるので、非があるのはあなた自身ですが、家族ができるといい加減アホらしくなりますw

私も以前、飲食店で正社員をしてましたが、仕事の長時間拘束や休日の関係で家族と会える時間が少なくて嫌な気持ちになりました。
(興味あるのは子供達だけで嫁は要らんですがw)

ブラックな労働条件にプラスして店長や副店長は、上役からの重圧(ノルマ)もあるので精神的にも悲惨な状態です。

なので心身が限界点に達して、それなりに給料をもらってるのにコンビニ業界に辟易して転職する人は多いです。
転勤も本当に多いし。

私の知り合いは三流大学卒業後に新卒で某大手コンビニに就職したのですが、激務激務に耐えられず転職してます。

彼は激務が嫌でコンビニ業界をやめたのに、今度はこれまた激務のパン屋に転職しましたw

彼の考えは独立を視野に入れてのことでしたが、パン屋なんてコンビニ以上の重労働。
修行中に腰を痛めて働けなくなりました(汗)

悲惨ですよね…新卒で入社したコンビニは激務な労働で離職して、自営業の道も腰痛により挫折…

それ以降の彼の消息は不明です…

自爆営業なんてのもある

この自爆営業はコンビニ業界だけではなくて、他業種もありますが汗

郵便職員も年賀状の販売がノルマに達しなければ、自爆営業で年賀状を買うとか…
年賀状は買取屋やヤフオク転売で何とかなるので、そんなに実害はないでしょうが大変ですよね。

コンビニの場合はケーキや恵方巻、おせちなどでしょうか。
年賀状と違って転売はできませんから、もし自爆営業をした場合は号泣するしか道はありません。

この行為も現場から離れれば無くなるそうなので、自分の出世と引き換えに自爆営業を頑張ってる人はいます。

自爆営業は違法なんです

それを違法と知りながら、暗黙の了解でやらせる企業は腐ってますよね。

もし自爆営業をやらされて、「もう我慢の限界だわ」と嘆いてる人は離職覚悟で、
・労基署にチクる
・未払い給料の請求
・弁護士に相談して民事裁判
…こんな方法もあります。

ただ、この方法をやると、今の会社にはいられなくなるので、ほんと転職覚悟ね。

コンビニ業界は上役になれば年収1000万円も可!?

悲惨なのは現場までであり、店長⇒店舗経営相談員(OFC)⇒地区マネージャーと出世街道を歩めれば責任感などは更にアップして、これはこれで大変ではありますが、年収1000万円ほどの給料は貰えます。

新卒で入社して10年頑張れば、企業幹部としての地位や人様に自慢できる給料は嬉しい限りです。

なので寿司屋と同じで下積み時代は大変かもしれませんが、下積み時代をクリアすれば普通のサラリーマン以上の待遇に恵まれているので、私の考えはコンビニ業界で働くことは悪くはありません

それに今後もコンビニ業界は安定してると思うんですよね。
コンビニが無いと生活できない人も多々います。

酒、タバコ、雑誌、ATM、税金の支払い、弁当、パン等など、人によっては1日2回以上行ってる人もいるのではないでしょうか。

「もしそんなコンビニ業界に転職して成功してやるぜ!」と野心のある人はコンビニで頑張ってみるのも悪くはありません。

コンビニ正社員への道はどうする?

ただ、コンビニってバイトの求人はひんぱんに出てますが、正社員への募集はとなりますよね。

その場合は無料で利用できる転職のエキスパート「転職エージェント」を使えばいいんです。

もう今回は「コンビニ業界に入って上を目指したい!」と明確な目標があるので、転職エージェントの担当者もそんなに苦労はしないと思います。

これとは逆にコンビニ業界に疲れて、異業種に転職したい方も転職エージェントを使うといいですね。

転職エージェントを使うのはいいのですが、具体的な目標のない人多いですよね…
給料や休日、転勤の有無は拘る人多いけどw

転職エージェントの登録後は、そこの担当者としっかり意見交換して転職先を決めるわけですよね、
なので、自分が転職する目的をしっかりと考えておく必要はあります。

当然、休日や転勤、福利厚生の問題も大事ですが…
私も単身赴任なんか嫌だもんw

コンビニ業界は成果を出せる人には、それなりの高待遇で答えてくれるので、やる気のある人は是非でですね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら