40代の女性は正社員への転職や再就職はできるのか

この記事で読めることは40代ではあるが、自分の希望する会社の正社員で働くためにはどうすればいいか?
この戦略を書いてます。
主には子育てなどで一旦社会人を降りた人向けの記事です。

子育てはめちゃ大変ですよね

我家にも子供が3人おりますので、家庭を守る主婦は大変であることは十分承知してます。

そんな主婦も子供全員が高校を卒業すると、正直そんなにやることはありませんよね。
(グータラ主婦の意味ではありません)

成人した男女の相手は「ウザい」と思われるだけです。

成人ニートを持つ親は別の意味で大変ですが…汗
我が子がネオニートならいいですが、ただのニート(無職の引きこもり)だと本当に大変です。

ニートは一般的に収入が無くダラダラしていることが多い反面ネオニートは自炊できるだけの最低限の収入を得ているためニート

引用元:https://dic.nicovideo.jp/

子供が幼児や学生のうちは時間がありませんから、不利な条件であるパートをやらざると得ません。
パートなんか、安く使える社畜扱いで悲惨ですよ。

雇用保険は加入してくれんし…

雇用保険未加入ですと、
失業保険
・教育訓練給付
育児給付
介護給付
などはありません。

雇用保険に加入しないのはデメリットだけです。

パートでも雇用保険は一応加入できますが、週20時間以上働かないと加入は無理なんですよね

会社は無駄なお金を払いたくありませんから、間違いなくシフトを調整されて週20時間以上は働かせてくれませんよね(汗)
1日3~4時間で週3~4日なんて感じにシフトを組まれますよね。

なので、本当の意味で子育ての終わった人は、あほらしいパートは辞めて正社員になる人はいますよね。

正社員になれば、あらゆる点でパートより条件はよくなりますもんね。

ただし「無責任感」や「時間の融通」はなくなりますが…

未婚だったり、既婚だが子供がいない人で、今は派遣社員やフリーターをやってるが「このままじゃあダメだ」と感じてる人は「正社員になるか」と考えてる人もいるはずです。

しかし正社員への足かせとなってるのは「私は40代のオバサンだし…汗」ではないでしょうか。

40代の正社員になるのは厳しいか

仮にです…20代や35歳前半までの若い人で、即戦力となるそれなりのスキルがあれば多少のブランクがあっても正社員として採用されますが、
スキルはない!
ブランクは長い!
40代!w

この条件では人事部の人もクビを傾げますよね。

あなたが逆の立場の人間であれば、やはり若い人を採用しますよね(汗)

ただ、そんな40代であっても、ちゃんと正社員の座を勝ち取ってる人はわんさかいますので、今回はその辺の攻略方法を語ります。

職種や職業に拘るのはナンセンス

仮の話にはなりますが、昔は事務員をやっていたので、正社員になる時も「応募は事務員で勝負をしてやるみたいな」。

こんなあほ臭い頑固な考えは、正社員への道を狭くしてます←重要

仕事(職種や職業)ってなんぼでもあるんですよね。
意外かもしれませんが…とうぜん未経験でもOK

短時間労働の楽な仕事で年収1000万円みたいな甘い話はありませんが、ちゃんとフルタイムで働けば年収300万円スタートをくれる会社なんて、なんぼでもあります。

「正社員でいい仕事がないんです…」と不平不満を言ってる人の多くは「贅沢病なんです…」。

年収200万~300万円ほどの年収帯の正社員なら、私は問題なくあると思いますし、今現在、正社員への転職や再就職を模索中の人も、自分でその事はわかってるはずですね。
理想が高いんだよね…とw

失敗を恐れず、ドンドン応募してチャレンジすること

若くていい大学を卒業して、それなりにスキルのある女性であっても、5社10社と応募してもNGを喰らうケースは多々あります。

なので、スキルも経験もない40代の女性は「100社は応募してやるぜ!」みたいな意気込みで正社員雇用してくれる会社探さないと、マイナスオーラを背負って、最終的にはノイローゼになるかもしれません(汗)

自分を信じると自信が付いて人生はプラスに転換する。自分を信じる方法

実際、就職活動に失敗しまくり神経症になる人もたくさんいます。
大学受験でもそうですもんね。
2浪3浪しておかしくなる人いるもん。

面接に緊張する方の対策

新卒時の面接では「志望動機」がメインの話になりますが、30代以降の面接(書類審査も)は職務経歴書…要は自分に何ができるのか?
この点を焦点に面接しますよね。

企業側は即戦力は無理だとしても、年輩社員には半年や1年以内にはそれなりに成果を出して欲しいと考えてる。
やはり過去の経歴やスキルなどはガンガン聞かれます。

仮に企業側に自己PR可能な経歴やスキルがあっても、10年も15年も面接してないと緊張します。
若い人でも緊張する。

20代の若い人の場合は不採用であっても、次、次、次みたいな感じで転職活動にチャレンジできますが、女性も男性も40代50代になると、なかなかいい正社員採用の枠はそんなにありません。

「失敗すると困る…」となり、本来は快活に話せる自分だとしても、面接ではダメダメになるパターンは多いですよね。

こんな失敗を回避するためには模擬面接をすることです。

・模擬面接???
・旦那や子供、友人とやるの???
と思われるのは早計で模擬面接は転職エージェントの専門の担当者がやってくれます。

専門の人が面接だけではなく、内定をもらうまでのマナーうんうんを全て教えてくれるので転職エージェントは使わんと損ですね。
転職エージェントに関しては後述しますね。

私が言えることは、
・職種の視野を広げること
・書類審査、面接に落ちまくってもタフな精神力を保つこと
これですね。この2点は重要です。

35歳女子の転職は簡単なの?寿退社しても専業主婦になるのは生活費の問題で難しいよね

再就職するうえで本当に大切になるのは転職マナー

40代で再就職を考えてる人の大半は15年とか20年ぶりの就職活動ではないでしょうか。

パートや派遣社員での就職活動は経験してるかもしれませんが、弱小や零細企業であっても、正社員とパートや派遣社員では就職マナーは一ランクも2ランクも上です。舐めてかかると失敗します。

就職活動のマナーは書籍やネットである程度はわかりますし、まあ最初はこれらで基本的なことを掴むのもいいと思います。

仮に若い女性の方と面接で被っても、その若い人のマナーがダメダメで、あなたのマナーが上であれば、あなたが正社員として採用されることもありますよね。

仕事はスキルだけではなくて人間性も大事です。
本当に人間性はめちゃ大事です。

当日面接をドタキャンするのはNG。面接に行くのが嫌と思った人

なんせ離職や転職理由の上位に来るのは悪質な人間関係だもんね。

私も一回意地悪なダメ上司が原因で一度離職してます。
もうこの上司ののダメさ加減にはまじで辟易しました。

職場の嫌な人間関係に限界を感じ、ストレスのある人
ダメでうざい嫌われ上司を持った時の対処方法はある?

40代で本気でそれなりにまともな会社に正社員として潜り込むことを考えた場合、私は転職エージェントを使わないと難しいと思います
それか大手の転職サイトですね。

希望する条件の会社で働ける可能性は高い

転職エージェントを使えばあなたが希望する条件や過去のスキルなどを考慮して求人案件を見付けてくれます。

それでその中からいい会社があれば、転職エージェントの担当者と一丸となり、正社員になるべく頑張ることになります。

その時に、転職のプロ中のプロが、履歴書の書き方、職務経歴書、転職マナーなどの全て伝授してくれます。それも無料で!

転職エージェントの売上は企業側から出てるので、求職者はお金要らんのよねー。
使わんと損でしょw

何回も言いますが、至極普通の40代女子が正社員の座を勝ち取るのは困難です。

しかし、動かないことには何も始まりません。
なので転職エージェントの担当者と一緒に頑張ってはどうでしょうか。

派遣やバイトだと搾取されるだけです汗

派遣社員で働くことに長所はあるか

就職活動に疲れたら

もし複数社に挑戦して全滅した場合は転職活動を休んでみることも大事ですよね。

連戦連敗の状態だと、どんなに気丈な女性であっても意気消沈しますよね。

・旦那がリストラされて無職
・離婚して無収入

こんな状況の人は、自分に鞭打って就職活動を休んでる場合ではありませんがw

しかし、とりあえず旦那が仕事をしてて、何とか生活ができる人は休憩も必要ですね。

贅沢な条件の職場では無ければ、私は40代でも50代でも正社員になれると思うし、実際年輩者でも正社員になれてるでしょ。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…