職場の嫌な人間関係に限界を感じ、ストレスのある人

「職場 ストレス 限界」
「職場 人間関係 限界」
こんなワードで検索してくる人は相当心が病んでますよね。

以前の職場では私も悩んでました(現在は解決済)

学校もそうですが、会社も色んな人がいます。
やたらと性格のいい人もいれば、本当に意地悪な人もいますよね。

いい人ばかりであれば会社に行くのは楽しくて、チームでの仕事も順調に運びます。

しかし、嫌味な上司、意地悪な同僚ばっかりだと全てが嫌になりますよね。

同僚が嫌なヤツなのも困りますが、上司が嫌なヤツだと、本当に号泣するしかありませんね。

私は以前、ブチキレ系の上司の元で働いてた経験があるのですが、もう私はうつ病になる寸前でした。

週末や休日はやたらと体調は元気ですが、仕事になると頭痛がしたりめまいがしたりするw
仕事に行きたくない病ですよね(汗)

しかし休日の前日や仕事がない日は精神的にも肉体的にも元気ですよね。

今現在もこんな症状に悩んでる人はいますよね。
それはうつ病、自律神経失調症、胃潰瘍へのカウントダウンです(汗)

人間関係の限界によるストレス以外だと、神経症になるパターンは少ないと思うんですよね。

例えばサビ残や厳しい肉体労働、低賃金…こんな悩みだと仲のいい上司や同僚と居酒屋対談をすれば、なんとなく気は晴れるw

ただ、重責な案件をやらされたり、毎月のノルマが半端ない人もストレスを抱え、神経症になるパターンは多いですよね。

自律神経失調症の人は転職しろ!ダメな会社に長くしても病状を悪化するだけ

私はこのままでは精神は崩壊すると思って、人事部の人間に部署異動を懇願したのです。
しかし、その願いは受理されませんでしたから、私は嫌になって転職しました。

その結果、今の職場の人はいい人ばかりで神経症になる気配はまったくありません。

人間関係に限界を感じて、私の精神や肉体はストレスまみれででした。

私と同じように人間関係に悩んで、職場生活で悲惨な思いをしてる人は読んでください。

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

会社を辞める理由の大半

私がネットで調べた限りでも会社を辞める理由の大半は男女とも職場の人間関係によるストレスの限界が上位を占めてる感じです。
ちなみに男性は3番、女子は2番となってました。

女子の場合は男性と違って陰湿なので人間関係は大事ですよね。

看護師なんかは女子ばっかりじゃないですか。
まあ一歩間違えば陰湿な職場ですよね。

嫌な人間関係は職場の人間関係だけではなくて、外部との接触がある人は取引先であったり、関連会社の人であったり、人間関係は本当にやっかいです(汗)

陰湿で嫌な職場の人間関係

私は以前、嫌な上司にも辟易しましたが、嫌な同僚にも辟易してました。

上司の反目(敵対)すると、後々やっかいですが、同僚はしょせんは同僚。

今回は嫌で陰湿な同僚はどう対処するか考えますね。

よくあるパターンは、嫌な同僚がいると「何なんだ、この人!」みたいな感じの態度をしてしまいますよね。

最初は態度だけだったのが段々とエスカレートして、同僚を職場で平然と悪口を言ったりして…

男性だと最悪殴り合いの喧嘩になったりする。

喧嘩して仲良くなれば御の字ですが、学生じゃありませんし喧嘩したぐらいじゃ仲良くなれません。
もっと険悪な関係になり、その職場での人生はボロボロになります。

今度はあなた自身も周囲の人間から奇異の目で見られますよね。
「喧嘩する野郎なんだ…」みたいな。

職場にはややこしい人間は不要ですし、ややこしい人間がいた場合、通常その人間との関係は持ちたくありませんよね。

嫌な人間の良い点だけにフォーカス

嫌なことではありますが、ダメな人も全ての面がダメではなくていい部分もあるわけです。

その人のいい部分を探し出して上手に付き合うのが一番ではないでしょうか。
そして心の中で「この嫌な野郎…」と日々思えばいいんです。

逆にいい部分を探しだせば、案外「何で、俺はあいつの事をあんたに嫌っていたのか…」なんてことになるかもしれません。

人間は、人なりモノなり、それが嫌になると徹底して粗探しをするようになります。

一旦冷静になり、嫌で陰湿な人間のいい部分を探す。

これは良好な人間関係を構築するうえで本当に大事なことなんです。

案外自分の問題があることも

自分自身に問題があって、嫌で陰湿な同僚は嫌がらせをしてる場合もありますよね。

その同僚は、
「あなただけに嫌がらせや悪口を言ってくるのか?」
「それともほかの人にも陰湿な行為をしてるのか?」
それは重要ですよね。

もしあなただけに陰湿な行為をしてるのであれば、あなたをイジメやすいとか、あなたにも何らかの原因があることは考えらえます。

人間関係に疲れた人は

・薄給激務の会社である
・サービス残業まみれのブラックな会社にいる

こんな人は転職エージェントを使えば事前にわかりますが、さすがの転職エージェントも職場単位での人間関係まではわからんですよね。

社員数十人の零細企業であれば事前の調査でざっくりした人間関係は把握可能かもしれませんが、社員が50人や100人以上の規模になると、もう人間関係の善し悪しなんてわからんですw
この点はギャンブルに近い形になります。

しかし、どうしても今の腐った人間関係に我慢できない場合は部署異動や転職しか道は残されてません。

実際、私も転職エージェントを使って転職して今は人間関係も良好で、同業他社に転職したことで過去の経験値も買われ年収もアップしたし、今はウハウハ状態です。

もし本当にこ以上人間関係が嫌でうつ病になりそうな人は転職エージェントを使って転職してみればいいです。

30代半ばぐらいまでであれば、私みたいに年収アップのステップアップ転職も満更ではありません。
ただ年収アップを考えてる場合だと同業じゃないと難しい部分はありますが…

職場の人間関係に限界を感じて、もうストレスまみれなんだよ…と悩んでる人はさっさと転職あるのみですよね。

人間関係のストレスに限界を感じた時の対処

「○○さんはちょっと一言多いよね…」みたいな人いますよね。
いい意味ではなくて悪い意味でw

こんな人に限り、本来仕事上言うべきことを言わないみたいな…
当事者意識のない人は多いですよね…

例えば、さっさと言ってくれてれば別に問題にはならなかったはずなのに、その人が意地悪くして言わなかったことにより、後に問題が発生するパターンはありますよね。

当事者が失敗をすると、人の揚げ足を取って喜んで、その失敗を上司に報告する人。
職場はチーム単位で動いてます。

自分もそのチームにいるのなら、普通は皆で頑張って案件を最後までやり成功させたいはずです。
しかし中には揚げ足取り&マイナス評価は上司に即報告みたいな人いますよね。

人の揚げ足を取って何が楽しいのか?私にはまったくわかりません。

こんな人がいた場合の私の考え方(対策)は、こんな感じで人の邪魔ばかりする人間は人間と思わずに豚や常識の違う外人と思うと気が楽になりますよ。

同じ考えや同じ常識を持った日本人と思うので立腹しますが、人間以外の動物や日本人以外の外人と思えば、案外気持ちは楽になります。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら