ハローワークを使って転職をする場合、優良なホワイト企業はちゃんとある?職安のメリットは?

今や転職する際の一般的な方法は、
役所のハローワーク
民間の転職エージェント
に大別されます。

両方とも求職者が利用するにはお金は要らんので、たいがいの人は転職エージェントに2、3社登録して職探しをする人が多いです。ハローワークを使う人は少ないねー。

しかしハローワークにはハローワークならではメリットがあるので、転職時はハローワークに頼ってる人もいるのは間違いありません。

ハローワークで扱ってる求人の大半はクソなブラック企業ばっかりだよ…と揶揄する人もいます。
まあこの事自体間違いではありませんが、それだと誰もハローワークを利用しませんよね?

なのでハローワークを使ってホワイト企業やグレー企業への転職に成功して満足してる人もいます。

【関連記事】
>>仕事が限界で悩んでる人。その仕事が嫌なら次の仕事を探せばいいだけよ

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

ハローワークで転職するメリット

私が考える一番のメリットは地元に強いですね。

当然、転職エージェントも地元には強いですが、やっぱり全国展開でガツンと勝負してる転職エージェントと、○○市、○○市近郊に根を張って頑張ってるハローワークは、地元の中小零細企業には強いです。

求人サイトや求人情報も同じような感じでしょうか。

私はローカルで頑張ってる零細企業への再就職を希望してる人にはいいと進言します。

よく零細企業は「クソブラックばかりじゃねーか!」と怒ってる人はいるかもしれませんが、そんな事はなくて、零細企業や同族経営の会社であっても、まともな会社はあります。
(⇒同族経営の会社はブラック企業が多いの?二代目バカ社長は勘弁してくれw

そうじゃないとサービス残業マニアの社畜変態以外は、誰も中小零細企業では働きませんw

ただやっぱりハローワークの事前の求人情報だけで、小さな会社に入るのは怖いです。

実際に働き始めて「こんなはずじゃなかった…」と嘆いてる人も多いはずです。

もしダメだった場合は転職すればいいのですが、あまり転職ばかりしてると、次の職場が決まり難くなりますよねw
何回も何回も転職してる人を人事の人間が採用するとは考え難いですよね…

職業訓練も受けれるんですよね

この職業訓練のメリットは失業保険をもらいながら、無料で再就職のために役に立つ資格などを取得することが可能なんです。

未経験者歓迎と求人情報には書いてますが、書いてるだけで実際には採用してくれない企業は多いです。

しかしながら実戦経験は無くても、資格があれば採用してくれる可能性は格段にアップするので、もし無料の資格取得に興味のある人はハローワークに尋ねてみるといいです。

求職者支援制度公共職業訓練がありますので、最寄りのハローワークに尋ねてみるといいです。
やっぱり無料はデカイです!

ハローワークと言えば正社員の応募ばっかりだろ?

そうと思ってる人は多いですが、実際には正社員だけではなくて、
・契約社員
・パート
などの求人もあります。

私の考えは正社員での職探しをする場合は失敗も許されないことから転職エージェントを利用した方が絶対にいいと思うんです。
しかし契約社員やパートだと失敗しても別に痛くはありません。

働く以上我慢は必要になりますが、嫌なら辞めればいいですし、この派遣やパートの仕事を探されてる人は女子…それも主婦の方が多いはずです。
とりあえず生活できるお金は旦那さんが稼いでくれてるわけだし…

それに独身の方であっても、「数年以内には結婚するんだよ」と考えてる女子であればパート(フリーター)だと、ちょっと世間体やその他の問題で困りますが、まあ契約社員(派遣社員)であれば、福利厚生などもそれなりにしっかりしてるし、別にいいのではないでしょうか。

ただ注意点はあり、ハローワークで扱ってる契約社員は幾ら頑張っても契約社員止まり。

要は派遣社員から始めて、その会社が気に入れば、その後正社員にステップアップしたいと考えてる人は多いはずです。
そんな考えがある人は事前にハローワークの職員に相談しておいた方が堅実です。

これは東京や東京近郊限定にはなりますが「ハタラクティブ」は、そんな感じのシステムを採用してます。
まずは派遣で入社して、その会社が気にいれば正社員に登用してくれる企業ばかりを選別してくれてます

ハタラクティブは巷で問題になってる「そのうち正社員になれる詐欺」はありません。
いやーほんと人材派遣会社も大小あるので零細のことは、人材を騙してるとこありますよね。

派遣社員を辞められて正社員になられると、その人材派遣会社にはお金が入りませんもん(汗)
人材派遣会社は、所詮は中抜きビジネスなので…

まあ話は長くなりましたが、私は別にハローワークで職探しをすることは悪くはないと考えますが、やっぱり民間の優秀な人材のいる転職エージェントも並行して使った方が間違いありません。

前述してますが、正社員で入社すると、やはり色んな点で辞職し難いじゃないですか。
転職エージェントだと求人企業の善し悪しもしっかりと精査されてますし、この点は雲泥の差です。要は失敗をする確率は格段に減る。

人間関係の部分は大企業だろうが中小企業だろうが、転職エージェントだろうがハローワークだろうが、正直博打な部分はあります。

しかしそれ以外の部分では転職エージェントの方が上だと思うので間違いなく転職エージェントは使った方がいいですね。
転職失敗すると痛いですよ。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら