30代で年収200万の私は転職して年収400万円に給料アップした

転職する時に、大概の方が相談するのはハローワークですよね。

私が32歳で転職する時も、当然ハローワークに相談をしたのですが、そこでは、
今の年齢や過去の経歴では、転職はできないですよ」と言われました。

まあ厳密のい言えば、ブラック企業でのクソ仕事はなんぼでもあるのですがw

世間では30代半ば以降になると、ステップアップ転職は難しくなると言われてますが、この時はそれを痛感しました。
しかし結果として、私はステップアップ転職には成功してます。その経緯は後述します。

【関連記事】
>>クラブホステスやキャバ嬢から昼間の仕事に転職するには?水商売→昼職

>>30代後半で転職するのは厳しい。転職に失敗しないコツ

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

私は高校を卒業した後、とりあえず営業会社に就職したのですが

私自身は営業の仕事は向いてませんでした。

高卒なんて、バイトもしたことなく、いきなり正社員になるわけでしょ。
そりゃ失敗して転職する人は多いですよね。

「私は人を話すのが好きだから営業職で頑張る」と言う人がおり、これが志望動機になるのは間違いありませんが、営業職の本質は、自社の商品やサービスを先方様に購入してもらわなければなりません。

身近な話だ新車販売の営業や訪問販売などがありますよね。
「その商品やサービスの商談をまとめることが、どれほど大変であるか?」
それはなんとなくわかりますよね。

営業マンには思った以上の成果が出せず、上司に先輩に怒られまくり、うつ病や自律神経失調症になる人は多いですよね。

仕事には得て増えてがある。鬱病や自律神経失調症になる前に転職

私の言いたいことは、店舗の販売スタッフなどと営業職は、また別の次元で考えなければなりません。

そんな私は夢を持って、新卒で営業職をやり始めましたが、その結果は散々で、うつ病気味になった私は1年ほどで退職しました。

退職した後、フリーター生活をしてましたが

「親がうるさい」
「世間体が悪い」
「休むとお金にならん」
なども問題はありますし、アルバイトをやっていても将来性はまったくありません。福利厚生もダメです。

まあアルバイト自体が安く使える道具的な人材なのでしかたありませんが。

20代で無職やフリーターのままではダメ人間w 早く正社員になるコツ

なので私は1年間ほどフリーターで現実逃避をした後、求人情報誌で見付けた会社に就職しました。
職種はガテン系の製造業。

この会社はブラック企業ではありませんが、薄給も薄給なんです。

それなりの楽な仕事なので薄給はしかたないと言えばしかたありませんが、30歳で手取り給は20万円あるかないかw
年2回ボーナスの支給額もクソであり、手取りで10万円前後でした。

能天気な同僚達は、この程度の低賃金で満足してましたが、普通に考えれば勤続10年で年収300万円ほどの会社なんてダメでしかありません。

このままこの会社で頑張って、それなりの年収になるのであれば、私は我慢して今の会社に残りますが、年収の上限は400万円前後。これでは話にはなりません。

私の友人達の大半は年収400万円前後にはなってますし、将来的に彼らの年収は600万円前後になります。

まあ年収600万円でも貧乏人ではありますが、私の薄給な給料よりはまともだと思いますw

年収200万円の差が20年続けば4000万円ですよね。

実際、税金などの絡みがありますから、手取り額だと下がりますが、それでも痛いですよね。

「じゃあなんで、お前はそんなダメ会社に長年いるんだ?」

そう突っ込まれるかもしれませんが、その理由は簡単で、社長を筆頭に社長夫人がめちゃいい人ばかりだからなんです。

一人ジャイアン風情のアホがいましたが、意地悪な強欲バカはどこの職場にもいるのでしかたありません。我慢するしかありませんw

まあ居心地のいい会社だったんですよね。

私と同じ理由で薄給激務ではありますが、ぬくぬくと、その会社にいる人はいますよね。

しかし本気で自分の将来を考えるなら、それなりの給料をくれる会社に転職する必要はあります

私がこんな薄給でもやってこれたのは、未婚で実家暮らしだったからです。世間体最悪のクソ男ですよw

転職をしようと思った一番の要因は、結婚を前提にしてる彼女がいたからなんです。

もし彼女と結婚することになれば、年収300万円や年収400万円での生活は困難です。
彼女にも頑張って仕事をしてもらう必要はあります。

やはり男である以上、奥さんをフルタイムで働かせるには罪悪感を感じますしw
ただ、彼女は看護師をやってますから、もし私が彼女と結婚したら逆玉ですね。

私は在職しながら、職探しを始めました

離職して職探しをするのが一般的かもしれませんが、私は年齢が年齢だし、これと言ったスキルもありませんから、もし簡単に仕事が見付からなかった時のリスクを考慮しました。

実家暮らしで一応失業保険は出るんだけど、支給されるのは3ヶ月後とか。私には預金は10万円ほどしかありませんでしたから、「転職活動は在職中にやる」しかありませんでした。

転職活動当初は職安や求人サイトを利用してやってましたが、自分の理想とする給料をくれる仕事は、なかなかありませんでした。

年収250万円前後のブラック仕事であれば、なんぼでもあるのですが、年収400万円スタートで、最終的には年収600万円以上になる仕事は、ほぼ皆無でした。

だいたい面接時に給料の事ばっかり聞けれんし…
それが原因で面接に落ちると本末転倒ですよねw

転職エージェントの存在

「このままじゃあヤバいな」と思ってネットで転職活動に関する情報を探していたときに知ったのがでした。
最初転職エージェントを知った時は、「これは悪質な人材派遣に間違い!」と思っていましたw

しかし実際は違って、転職エージェントは上場してるような大手企業がやっており、無料で転職相談に乗ってくれるんです。

無料のカラクリは求人企業から報酬をもらってるからなんです。安心してください。後から高額な成功報酬の請求は来ませんからw

転職希望者は、転職エージェントに登録して、後日転職エージェントの担当者(=代理人=エージェント)に会って、自分の希望する条件を担当者に伝えれば、担当者があなたの条件にあった求人企業を探してくれます。

入社したい企業が決まれば、後は担当者に的確な指示をもらいながら履歴書や職務経歴書を書いたり、面接の突破方法を教えてもらったりして、いわゆる手とり足とり状態で内定まで導いてくれます。

転職活動は、ネットで調べたり本を読んだりしただけでは、何をどうすればいいのか?はわかりませんよね。
やはり転職活動の道のプロを参謀に付けると、転職活動の進み具合はまったく違います。

私は転職エージェントのおかげで格段に年収アップした職場に転職することに成功しました。
職種はルート営業です。

この成功は間違っても、自分一人でやっていては無理だったので、「私にはいい転職先を探すのは無理なんだ」といじけてる人は転職エージェントに相談してみるに限ります。

と言いますか、転職エージェントは無料なんだし、相談しないと逆に損ですね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら