ホストやキャバクラのボーイ等、水商売の男が昼間の仕事をする場合はどうする?

この記事に辿り付いた人は、今現在、夜の仕事をやっている。
「しかし、このままずっと夜の仕事をやることは無理だしな」と頭を抱えてる方ですよね。

夜の仕事にはホスト、キャバクラやクラブ、風○店などのボーイがあります。

この中じゃあホストが一番きつそうですよね(汗)

酒はガンガン飲むことになるし、売上が立たないと自分の給料には反映されない。

「ホスト=個人事業主」

テレビのホスト特集やホストのマンガを読むと、本当に大変な仕事だと痛感します。

その点ボーイはボーイで大変だけども、とりあえず真面目に出勤してれば薄給ですがお金はくれます。

そんな私も十代の頃、スナックでボーイをやってました。
女の子に奴隷扱いを受けて大変でしたよ(今となってはいい勉強でした)

女子の態度はめちゃ押柄で辟易しますよw

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

どうやって昼職に転職するか

水商売だけしか経験のない人や長く水商売やってる人が、「昼間の仕事に転職しよう!」と思っても転職のやり方がわからずに困ってる人は案外多いと思います。

学歴や過去に経験したキャリアの問題もあるので「俺なんかがまともな会社で働けるはずないじゃないか」と悲観的に考えてる人もいるはずです。

しかし、ここで昼職への転職を諦めてしまうと、ずっと水商売の世界に入り浸りになってしまうので一念発起して、昼職への転職活動するに限ります。

キャバクラのボーイやホストの方の職歴は残念ながらアピールポイントにはなりません。
元フリーターと同じ感じでしょうか。

私はスナックのボーイ経験があったのでわかりますが、水商売経験者はマイナス評価です(本当です)

この事自体は仕方ありません。別に気にしても意味はありません。爆笑して終わりにしましょうw 
過去に拘っても前には進めませんよね。

自分を信じると自信が付いて人生はプラスに転換する

背水の陣で望めば問題ありません

水商売の人は元フリーターって感で、気持ちを新たに昼職の仕事を探すスタンスですね。

当然のことながら自慢できる学歴のないフリーターの人でも、そこそこいい仕事について、そこそこいい給料をもらってるので、厳しい水商売の世界で頑張ってきた人なら昼職への転職は、そんなに悩むことではありません。

27歳でフリーターとニートしか経験のない俺が年収400万円の会社に新卒入社

40歳で水商売の経験しかない人が、「まともな昼職」に転職するのは正直難しいと思いますが、昼職への転職は若さと元気さえあれば、間違いなく成功すると思うんですよね。気持ちの問題です、気持ち。

最悪ガテン系の仕事ならなんぼでもあるし。
生涯ボーイなどの夜仕事をするのはしんどい。

それに夜勤メインの人は早死する傾向もある…なんてことがあるそうです。

夜勤労働者と寿命の関係性を示す最も有名なデータといえば、フランスのヴィスナール教授が政府の依頼で行った研究です。

約2万人の交替勤務者の寿命を調査した結果、一般労働者に比べて10年以上も寿命が短かった、というものです。

引用元:https://yakin-lifehack.com/health/yakin-jumyou/

実際私の友人の中にも5年、10年と水商売をやっていたけど、まあまあ夜勤のない週休2日ある中堅の工場に転向した人はいます。

最低限のリクルートマナーは必要

水商売の人のかっこは一般の人と乖離してますw
・髪型だったり
・金髪や茶髪だったり
・ピアスだったり
これは仕方ありませんね。

夜の世界では常識だったことでも昼の世界ではダブーなことはたくさんありますよね。

訪問販売の営業マンがツンツン頭で金髪だったりマクドナルドの店員がピアスをしてたりするとビビりますよねw

じゃあ「ベンチャー企業などは自由なファッションじゃないか」と反論されそうです。
確かにそうです。自由でした。

ただ入社後の話はともかく、面接を受ける段階では先方に好かれる好ましい格好をしてる必要はあります。
金髪やピアスはNGです。

めんどうかもしれませんが最低限の就活マナーは遵守する必要はありますね。

仮にですよ。本当にあなたがその企業にとって役立つ人材であっても見た目や就活マナーがダメダメでは面接官もビビります。面接には落ちます。
なので最低限のことはマスターして転職の望む必要はあります。

就活マナーは書籍でもありますがネット検索すれば就活マナーはありますので、わざわざ本に投資する必要はありません。
スマホで調べればOKです。丁寧に解説してくれてるサイトがたくさんあります。

高望をしなければ求人はいくらでもある

運送業、飲食店、営業職、インターネット関連などは常時人材不足状態でバンバン求人を出してます。
経験や学歴、年齢は不問が多いです。

企業は中途採用者には即戦力を求めているから経験者は優遇される傾向にありますが、案外学歴は問題視されません。
別に中卒や高校中退でも問題はありませんよ。

確かに優秀な人材は高学歴であることは事実です。

しかし「高学歴=仕事で成果を出せる」はまた別次元の問題ですよね。

私の友人の中にはガツガツ稼いでる自営業者もおります。

その人達には自慢できるような学歴はありません。
中卒だったり高校中退だったりw 

仮に大卒でもあっても自分の名前さえ書ければ入学から卒業まで自動みたいな低偏差値の人もw

学歴コンプレックスのある人であっても、いい昼間の仕事に就ける可能性は十分あります。
別に大企業や大企業関連の企業に拘る必要はありません。

イケイケの会社であれば若くて元気がバキバキにあれば採用されますよ。

まずは脱水商売ですね

水商売のままだと、

・勤務時間しんどい
・給料は薄給
・人間関係も悪い

こんな感じではないでしょうか。

正直そんなままの状態では素敵な彼女がいても結婚を断われます。

結婚するにはちゃんと昼間働いて、家族を養えるだけの安定した給料、そしてちゃんとした休日がないと彼女も了解しませんよね。
安定した生活基盤を築けない男性と結婚する人はダメ女だけです(まじ)

「じゃ自動車や製鉄の工場で働いてる人は夜勤があるじゃなか」と文句を言われそうですが、それは別次元の問題です。

それに結婚となると先方の両親に挨拶に行くことになる。
その時、職業や給料などをあれこれ詮索されるはずです。

それを考えるとボーイやホストのままじゃあ悲惨な結末が待ってますよね。

本当にこのまま水商売のままではヤバいと感じてる人

本当に悩んでる人は大手転職エージェントを利用すれば、私はいい仕事が見付かると進言します。

ハローワークや求人雑誌などの自己流の転職に不安のある方は是非利用してみるといいです。

ネット上にも散々悪評がありますが、ハローワークや無料配布の求人情報誌などで仕事を探して失敗してるケースは多い。
それは求職してる企業をしっかりと精査せずに紹介しているからです。

その点大手の転職エージェントや大手の転職サイトだと、企業の善し悪しをちゃんと精査してるのでブラック企業に再就職した…なんて悲惨な話は皆無ですね。

びっくりするような数の求人数があるし、自分にやる気があって転職エージェントを頼れば必ずや仕事は見付かるはずです。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら