20歳代中に年収1000万円を稼ぐ方法はある?外資系企業なら意外と簡単に貰える

どんな職種であっても20歳代で年収1000万をちょうだいすることは難しいです。
ぶっちゃけ30歳代でも年収1000万円の人は少ないですよね。

例えばではありますがそれなりの大学卒業して、それなりの企業に入社した場合、一番いい時の年収で700~800万円あればウハウハ状態ではないでしょうか。そんな給料相場を考えると20歳代で年収1000万円は半端ない実力ですよね。

自営業者や投資家なら、年収1000万ならたくさんいます
昔の私の知り合いは20歳代で年収数億円ありました(実話)。家賃200万円の財閥系賃貸マンションに住んだりなんかして…。びっくりしますよね。

自営業者や投資家は簡単に失敗して借金まみれになって人生終わりになる反面、成功すれば年齢や学歴関係なく大金を掴めるので、もしやる気のある人はガンガンやってみるといいですね。私には無理ですが(汗)

数年前、サイバーエージェントなどのIT企業で新卒でいきなり年収1000万円オーバーなんてTVで特集やってました。
確かその人は年収1500万円だったかな?職種はプログラマー?大学も超一流や一流じゃなかったと記憶してます。

【関連記事】
>>20歳代で年収600万円は可能か?もし薄給なら今の会社は辞職すべき?

>>転職2回目の20代が問題なく転職を成功させる。脱ブラック企業

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

がちで20代で1000万円をもらうには?

それなりに実力ある人がサラリーマン、しかも20歳代で年収1000万円をちょうだいするのは無理なんか?と思ってる人は相当数いるはずです。
一番簡単な方法は与沢翼さんの弟子になるw…そうじゃなくて外資系企業に転職することなんです。

日系企業のいい点でもあり悪い点は年功序列制度なんですよね。
しかし外資系企業の場合は年功序列のようなあほらしい制度はなくて、基本は成果で年収は決まります。

日本でもイケイケの営業会社は成果報酬で、二十歳やそこらの若者が年収2000万や3000万円をもらったりしてますもんね。すごいです。私の知り合いの人は30歳前で年収3000万円ほどありました。中高生向けの学習教材の営業マンでした。

ただ外資系ですので、最低限の英語力は必要になるし、入社するためにはそれなりの経験や技術、能力は必要になる。
入社した後もちゃんとノルマをクリアしていかないと厳しい状況に追い込まれます。プロスポーツ選手みたいな感じですね。

ただ、成果をがっつり出せば、そのリターンは半端ありません。デカイです、デカイ。
20歳代で年収1000万、30歳代で1500万。この数字も十分に狙えます。

一般的に外資系企業は金融系、保険系、コンサル系が多いイメージ

実際に転職活動を始めてる人は知ってるはずですが、実際にはそんなことなくて、人材系、機械系、化粧品、科学系等など色んな業種があるので「俺は金融や保険で仕事をしたことがないので外資系の転職は無理無理」なんて思ってる人は安心してください。
今現在働いてる経験やスキルを活かせます。

DeNAの創業者である南場智子さんは、あのマッキンゼー出身(ハーバード大学大学院修了!)です。年収は数千万だったかな?
彼女の著書である「不格好経営―チームDeNAの挑戦」に書いてた記憶があります。

まあこんな超エリートの方は置いといて、一般人(?)でも入れそうな外資系企業はたくさんありますので探してみるといいです。
私がネット検索してると有名な外資系企業一覧があったので気になる人は見てみるといいです。

参考サイト日本の外資系企業の一覧-wiki

これ見るとわかりますが知らん企業たくさんありますね。この一覧はほんと一部なので、もっともっとあります。

英語力は転職時に不利に働くのか?

外資系企業に転職することを考えてる人の中には「俺様は外資系に転職すれば年収1000万円なんか楽勝だぜ。でも英語力が最悪なんだよねー」と頭を抱えてる人もいるはずです。

この点はめちゃめちゃ心配する必要はありません。

あなたは日本にある外資系企業で働くので、英語しか話せない米国人相手に営業をするわけではありません。当然、社内での英語は必須になるかもしれませんが別に流暢である必要はないんです。

だって他にもインド人やドイツ人、中国人などもいてですよ。その人達が「ご立派な英語を話してるか?」と言われれば「NO」ですよね。単語を並べただけのような人もいるしw
 
相手の言ってることがわかり、相手に自分の意思を伝えることができればいいです。場合によってはまったく英語なんて使う必要のない会社もあるし。
英語が苦手な人であっても高額な年収をくれる外資系企業はたくさんあります。心配する必要はありません。

実際入社する時にはTOEICも重要になります

TOEICはですね…まあ600~700点は必要ですが、このレベルであればちょっと勉強すれば普通にクリアしますし、これだけの点数を取れる能力のある人は英語力はそれなりにあるので、英会話レベルは十分ではないでしょうか。

外資系なので英語力は大事です。
しかしながら一番重要な点は仕事能力ですよね。企業は仕事で成果を出してくれることを望んでます。
それに技術系の仕事だと、そんなに英語力は必要ないですよ。

外資系企業の労働環境は地獄?

なんかイメージ的に外資系企業はハードワーク、成果がでなければ即クビって感じはします。
確かにそんな企業はあるでしょうが、それは日系企業でも同じです。

実際、外資系に転職した人の話を聞くと、実際はそんなに日系企業と大差はありません。

大きな違いは
・ダメダメな年功序列
・成果を出しても給料に反映されない
・仕事仲間は友達ではない(この辺は冷静)
などありますが基本は同じだそうです。

肝心な英語力も私の友人は普通以下だか、「まったく仕事には問題ない」と言ってました

外資系企業に転職するには秘策はあるか

ここまで私の駄文を読んで、実力主義の外資系でガンガン大金を稼いでやるぜと思っても「どうやって転職しればいいの?」と悩みますよね。そんな時こそ転職エージェントの出番です。

その辺のハローワークじゃあ外資系への転職なんて無理でしょw

転職エージェントであれば、かなりの数の外資系企業の求人があります。外資系は年収が高額ですし成果報酬で成り立ってる転職エージェントの担当者はやる気満々状態のはずです。

転職エージェントの求人は厳選した外資系企業の求人がわんさかあります。とりあえず登録してみて求人案件を見てみるのも悪くはありません。

とかく転職エージェントは終始無料ですし、今やってる仕事の合間に転職活動するのもいいですよね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら