新卒で入社。しかし配属部署が希望と違った場合の対処方法は?

新卒で入社。なんか気分はハレバレしていいですよね。気持ちいいです。
ただそんないい気分も配属される部署によっては地獄になったりしますよね。

会社側はあなたの希望に合わせてくれますが、全員が全員希望の部署に配属されるわけではありません。全員が幸せになれるのはアメリカ映画だけっすw

「私は人見知りなので事務職希望だったが、なぜか営業部に配属されてしまった…」なんて事は稀にあります。

【関連記事】
>>20歳代中に年収1000万円を稼ぐ方法はある?外資系企業なら意外と簡単に貰える

>>上司の残業や飲みに付き合わされるのは嫌だ。早く帰社して自由を楽しめない人

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

もう配属された以上は我慢して頑張るしかないのか

通常配属されてしまうと最低でも2年以上はその部署で頑張るしかありません。それだと悲惨です(泣)

なので、何が何でもこの部署じゃ嫌だって人は転職か部署異動するしかありません。

ただせっかく入社した会社です。事務職希望だった人が営業職に配属された場合、もう苦痛で苦痛で神経症(ノイローゼ)になるかもしれません。

しかしながら人生は何事も経験です。今後の人生で役に立つことも十分考えられますし、親の体裁の問題ある。
私個人は「とりあえず1、2年は頑張ったほうがいいぜ!」と思います。

もし自分の希望とは違った部署に配属された場合、簡単に諦めるんじゃなくて、一回人事部に尋ねてみることですね。

しょせんは人間がやることです。間違いだったりする可能性もまったく「0」ではありません(こんな大事なことは「間違うな」と言いたい)

しかしながらこんな間違いはレアなので、基本的には会社側の都合による一方的な配置ですね。中にはコネ入社野郎のために自分が悲惨な人生になってるかもしれません。

この時自分はどんな道を歩めばいいか?選択肢は3つあるんです。
・今の部署では嫌なので、何とか配置替えを懇願する
・我慢して夜な夜な居酒屋に通うw
・転職する
残念ではありますが選択肢はこれだけです。

部署異動を懇願してみる

諦めることは簡単ですが、人間動かないと話にはなりません。異議申し立てをしてみるのもいいです。

普通に考えますと入社したばかりの社員が、会社の決めた人事に文句を言うなんて考えられないかもしれません。しかし、ちゃんと自分なりの意思や考えを提示すれば、部署変更の可能性もあります。

面接時に「私はなんとしてでも営業部に配属されマンションを売りまくりたい!」と面接官に訴えて内定をもらったにも関わらず、人員の都合だか会社の方針だかで経理部などに配属される悲しいです(例えです)

なので喧嘩腰ではダメですが、ちゃんと自分なりの考えを人事を話してみることもありです。遠慮してると損になる場合もあります。

新入社員のいいとこは、まだ世間知らず。要は怖いもんなしの状態ですよね。この強さをうまく利用しないと損ですよ。

当然異議申し立てにもデメリットはある

人事部やその他の人に「なんなんだ、こいつは?」と思われます。間違いありません。

人事の人は「あなたを苦しめてやろう!」と思い、希望部署への配置をやめたわけじゃありません。しょせん、人事の人も上からの命令で配置を決めてるんです。意地悪じゃありません。

なので、もしあなたが人事に口出しをしたら人事の人も頭を抱えることになりますよね。これはこれで厄介なんですよね。

私の考えは周囲の空気を読みながら人事に懇願をすることですね。あまりガンガン行くと敵視されることになるかもしれません。

余談にはなりますが、かわいい子供がいる時期に遠方への単身赴任を強要される人こそ、私はこの部署問題の何倍もかわいそうでなりません。いくら生活のためとは言っても、かわいい赤ちゃんの時期に飛ばされるのは悲惨です。

人によっては人事は逆恨みされるのではないでしょうか。なんか人事もかわいそうですよね。

我慢して配属された部署で頑張ってみる

異議を申し立てない場合は、もう現実を受け止めて配属された部署で頑張るしかありません。

黙認することのメリットは、他の分野のことも学べるし、何より今回自分は理不尽な扱いを受けたので、人事部の連中に貸しを作れます(ちょっと偉そうか?)

部署の異動は数年毎にあります。これで人事に貸しを作っておけば次回は希望の部署に配置される可能性もあります。その頃には会社に数年間在籍してるので、人事部も含めた色んな人と仲良くなってるだろうし、次回は自分の要望を叶えてくれるかもしれません。

この場合は自分のやりたくないことを淡々とやることになるので、ストレスは貯まるし酒の量は増えるし、大変です

しかし理不尽なことを受け入れることが会社員(社畜)なので、もう耐えるしかありませんね。

最終的な選択は転職ですね

私が新卒で入社した時、満足いかない部署に配属されたり、上司や同僚がアホだったりして転職を考えてる人がいたり転職した人もいました。
配置された部署がくそで悩むのも辛いですが、職場の人間関係が辛くて仕事が嫌々になるのも悲惨ですよね。

もしくそ部署&人間関係最悪であれば、私はさっさと転職をした方がいいと断言します。

こんな人は世間にたくさんおります。新卒で就職をしてから3年以内に離職する人は第二新卒と言われて、それなりに求人需要はあります。
企業側も若くて威勢のある人材は欲しいですもんね。

それに企業側も第二新卒陣の気持ちはわかってくれております。「新卒で入社はしてみたが、実際とは違ったくそ会社だった」なんてことはよくあるので…。

転職するメリットは?

営業なら営業、広報なら広報、事務なら事務って感じで、間違いなくその部署に配属されることになるので、この点の失敗はほぼ皆無です。

そんな転職をリスクなく確実に実行するには転職エージェントを使うことです。
ハローワークや求人情報誌で転職することも悪い選択ではありませんが、やはり転職エージェント経由に比べるとかなり質を落ちます。

転職エージェントだと、代理人(エージェント)があなたの要望をしっかり聞いてくれて、その条件に合った求人を用意してくれるので、あなたはその中から「これだ!」と思う企業にアプローチすればいいんです。

転職エージェントは面接の仕方や履歴書の書き方など、あなたを理想の企業に入社してもらうためにあらゆる手立てをしてくれます。
まあ本当に至れり尽くせりで、あなたが転職エージェントに払うお金は一切必要ありません
転職エージェントは企業側からお金をもらってますので。

その転職エージェントは色々ありますが、私は大手を選択してれば間違いはないと進言します。

役所企業のいハローワークと違って転職エージェントは土日もしっかり相談できるので、平日が多忙で転職相談できない人にはいいですね。
もし転職するなら転職エージェントは必須な存在ですね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら