会社に行くのが辛い。仕事が辛いのは神経症の前兆なの?うつ病になる前に対策する

仕事がつらい…
会社に行くのがつらい…

こんな悩みは私だけではなくて100人の会社員がいれば、ほぼ間違いなく全員ではないでしょうか(大汗)

自営業者やエリート街道のサラリーマンの方はともかく、大半の人の会社の存在はお金を稼ぐための道具でしかありません。

宝くじに高額当選したら即退職してタイかフィリピンあたりで自由を満喫しますよね。最近だとベトナムも良いらしいですね。
通貨価値が違うのでこの差は利用して人生を謳歌することも悪くはありません(まあ夢で終わりますがw)。

私の言いたいことは仕事は嫌で当然なんです(キッパリw)

【関連記事】
>>自己暗示で自分に自信付ける。ネガティブ思考や自己嫌悪は人生虚しいだけ

>>上司に嫌われてる、上司と馬が合わない場合、神経症になる前に対策をせよ

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

とりあえず家を出て職場には向かいますが

仕事へ行くことが途中で嫌になり
・漫画喫茶で時間を潰す(あるあるw)
・途中で家に引き返す
こんな行動を取ってる人はいませんか。

中には職場に行って、とりあえず仕事はする。でも仕事が辛くて辛くて仕事が終わった後は
・居酒屋でベロンベロンになるまで酒を飲む
・悲しくなって家で一人で泣いてる
こんな人もいると思います。

別にうつ病などの神経症ではなくても、職場に行って仕事を楽しむなんて人は少数派ですので、私にも同じ様な経験はありますが、上記のような感じは危険信号ですよね。

無断欠勤はヤバいので、私の場合はそれはしませんでしたが、とりあえず職場には連絡を入れてその辺でサボったり、仕事が終わった後は狭いワンルームのアパートでグデングデンになるまで飲んだりしてました。

そして翌日は適当な理由で職場に電話して会社を休むみたいな…やる気のある人からすればダメダメですね。

会社が辛い、仕事に行くのが辛いのは皆同じなんです。この事自体は心配する必要はありません。

私の彼女はうつ病の手前だった?

私はうつ病や自律神経失調症などの病気ではありませんでした。しかし当時交際をしていた彼女はちょっとうつ病の手前でヤバい感じでした。

彼女は仕事のことが絡むと泣くんです。
・仕事中に泣いてしまったり
・仕事が終わると飲み屋で泣きまくり
・家でも泣きまくり
ここまで色んな局面で泣きまくると、もう心療内科に行くレベルです。

ネット上には無料で診断可能なうつ病チェックや自律神経失調症チェックなどがあり、実際に彼女は診断をしてみたのです。その結果はちょっとヤバいレベルでした。

参考サイト:うつの症状を自己チェック
https://www.cocoro-h.jp/depression/

うつ病や自律神経失調症などの神経症になると色んな点で厄介です。

映画にもなったまんが「ツレがうつになりまして。」を読んだことがあります。旦那がうつ病になり、その旦那を奥さんが介抱するのですが本当に大変ですよ。
この類の話はまんがや映画の非現実的な話ではなくてリアル社会にもたくさんいます。

ノルマノルマで上司から日々叱責される営業の人などは多い

激務の営業マンで、学費のかかる子供いる・住宅ローン・自動車ローンを抱えてる人は、お金のことばかりが脳裏をぐるぐる回り「あ、、、あーーー」って感じで気持ちが崩壊してゆく気持ちはわからなくはありません。
一歩間違えば自決する人もいますので怖いです。

その愚行を踏みとどまり「人生なんてなんとかなるや」って感じで人生をエンジョイすれば最悪の結果にはならずに済むのですが、人間は思い詰めちゃうと、その他の選択肢が見えなくなるんです。

そんな人の奥さんに限って旦那には非協力的で専業主婦だったりする。私は別に専業主婦が悪いとは言いません。旦那がガチで困っているにも関わらずお金を稼がない専業主婦はいかがなものかと思います。

仮に子供が赤ちゃんや幼児であればまだ仕方はありません。しかし子供が小学生にもなればがんがん仕事できるだろ!と思います。

あの電通事件だって会社を辞職して次の職場に転職していれば最悪の結果にはならずに済んだはずです。確か彼女は東大卒のエリート女子だったはずです。

当時、彼女はインターネット広告を担当する部署に所属していた。試用期間後に正社員になると、10月以降1カ月の時間外労働が労基署認定分だけでも約105時間に。
過労死ラインとされる80時間を大きく上回った。母親の幸美さんは今月の記者会見で、「労災認定されても娘は戻ってこない」と訴えた。

引用元:https://news.livedoor.com/

もう悲惨な事件でしかありません。

彼女なんて一般人に比べると格段に優秀なのだからリクルートエージェント やDODAなどの転職エージェントなどを使って、いい職場に転職して違った仕事道を進めば良かっただけなのに…本当に残念な話です。

タバコや酒を禁止する前にブラック企業をもっと規制した方がいいのではないでしょうか。

実際当時交際してた私の彼女は、このままその会社に勤務してるとヤバい感じだったので転職しました。転職時には今やたいがいの人が利用してる転職エージェント経由です。

仕事自体はみんな嫌ですw

しかし親が資産家であったり宝くじに高額当選しない限りは生活費のために仕事をせざるしかありません。ましてやニートだと自分も親も困る。仕事が嫌なら仕事なんて転職すればいいんです。
次のステップに行けばうつ状態は改善されるかもしれません。まずは動く!これは大事なことですね。

がちがちの正社員が嫌なら派遣社員で働くのもいいかもしれませんね。リクルートスタッフィングだと派遣社員の求人数も半端ありません。

女性の方だと結婚をしたあとは仕事をするにしてもパートでOKって人が大半なはずなので、めんどうで責任感がっつりの正社員より派遣社員の方がいいかもしれませんね。

だんだんと心が荒んでくると

・自分はダメな落魄れた人間だ
・俺は必要のない人間だ
・仕事は失敗ばかり
こんな感じで自分を責めるようになります。

私の元カノは、まさにこんな感じの一歩手前でした。こんな事を言ってましたが、そこまで頻度は高くなくてがちんこで自分を蔑んでませんでした(ギリギリの状態で転職に成功して元気になりました)
別に自分が悪いわけじゃないのに、自分のマイナス部分を探して、その部分を責めちゃうんですよね。神経症患者はこんな人ばかりです。

もし自分の周りにこんな人がいればそれは要注意です。もしその人とそれなりに仲が良ければ心療内科を受診することを勧めるた方が賢明ですね。

あとはしっかりと話を聞いてあげる。励まさないことも大事なんです。
あまり励ますと、それがプレッシャーになり精神的に苦しめることになるので「うん。うん。そうだね」って感じで話を聞いてあげるのが一番ですね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら