妊娠すると退職すると思われてる女性が企業の第一線の営業ウーマンになれる?

ここ最近は女性で営業をやってる人多いですよね。
車を見に行っても女性の営業さんが担当になることはあります。十年前とかじゃ考えられませんでした。

営業ウーマンは男性とは違った長所があります。なんかガツガツしてなくて物腰は柔らかい、女性ならでは気遣いもイケてます。

それに営業ウーマン(♀)の割合が多ければ営業マン(♂)ばかりの会社に比べて違ったお客を獲得できます。なんせ女性ならでは考え方を持ってるので独自のアプローチをしてくれます。
私自身も営業ウーマンと会社でも個人でも話したことがあるのですが、その考え方は男性とは違ってなかなか面白いです。

【関連記事】
>>人材派遣営業の営業職の年収はいいのか?仕事は薄給激務なのか

>>Webディレクターは高年収で1000万円。未経験、資格不要で転職OK

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

一見メリットある女性営業ではあるが

しかし未だにある経営陣の考えは、
・結婚したら辞める
・妊娠したら辞める

なので、会社側はあまり女性には期待してない。ゆくゆくは辞める人間に投資するのはアホ臭いと考えてるのは事実です。
私が逆の立場であれば、この考え方は私もわからなくはありませんし、女性の方もある程度は理解してくれるはずです。

仮にです。大学卒業して雇用する。そして3年後には結婚して辞職。又は5年後には妊娠して辞職。
そう考えると会社側としては重要な役割をする営業職に女性を起用するのは、ちょっと躊躇しますよね。

せっかく雇ってそれなりに使えるまで教育したにも関わらず、辞めるって…w
学生アルバイトも同じ様な感じであり、使える人材になるころに辞めちゃいますよね。

この傾向は社員数の少ない中小企業には大打撃です。事務職などの裏方であればまだしても営業は会社の生命線なんです。
その営業が辞めるとなると大変です。

しかし大企業であれば、その人の穴を埋めれる人材は複数いるので、その人が辞めたとこで痛くも痒くもありません(たぶん)。
それに資金に余裕のある大企業なら育児休暇もあります。当然優秀な人材は子育てが一段落すれば復職して会社に貢献してくれますし。

それにこの類の福利厚生をしっかりしとかないと、またマスコミや週刊誌がうるさい点もあります。

女性が安心して営業職を真っ当したい場合は

じゃあなんとしてでも営業ウーマンとして頑張りたい人や今現在営業ウーマンとして成果を出してる人がいます。そんな人が今の会社の給料などに不満を感じて転職する場合はどうすればいいのでしょうか。

やはり成果を出してる人間は次の会社に転職して年収アップやスキルアップを考えますよね。なんせ同じ仕事をするならお金になる方がいいです(私もw)

・学校を出たらどうしてもやりたい仕事があるんだ!
・転職して年収100万アップする!
そんな野望を持ってる人は男性だけではなくて女性の方でも多いですよね。

私が冒頭で語りましたが、会社側にしてみれば女性はなんかかんやですぐにやめる人材(お局様も辛い)なので、基本的なスタンスとしては地味な事務職などで働かされる傾向が多いです。差別と言えば差別ではありますが、この点はまあ仕方のない問題だと思います。

例えばです。大手企業だと福利厚生などが充実してて育児休暇などはあります。
しかしその育児休暇の悪用じゃないですが、育児休暇を利用するだけ利用して復職するんじゃなくて、そのまま退職する

「企業側はやられたよ…」と失笑するしかありません。なんせその間給料は払ってたんだしw
そんな事をするのは一部の女性だけですが、やはり会社側としては、女性に偏見を持ってしまうのは事実ですよね。

なので野望のある女性が頑張れる会社を見付けるには、会社選びが最重要項目になります。
そんな会社選びを個人でするのは本当に大変なことはなんとなくわかりますよね。
求人誌や求人サイトじゃ簡単な概要しかわからずに面接する。不要な質問をすれば面接に不利に働くので聞きたいことも聞けませんよね。

そんな惨状を解決してくれるのが転職エージェントの存在

要は転職の案内人(代理人)が、あなたと企業の間に入り、色んな情報をくれて、もしあなたにとっていい企業が見付かれば、自分じゃあ面接などで聞けない有益な情報もくれます。
・女性でも管理職になれるのか
・女性でも第一線の営業職に就けるのか
・妊娠・子育て中の休日や休みは?
・復帰後もちゃんと重要な仕事に就けるか
等など転職代理人に尋ねればちゃんとした回答をくれます。

なので、一般的な転職の流れで転職をするよりも、くそ会社に入社してしまい「失敗した」と嘆く確率はゼロとは言いませんが格段に低くなります。

今の職場や会社じゃ満足できずに、もっともっと自分の能力を買ってくれて給料アップやスキルアップを目指せる転職先を探してる人にも転職エージェントは必須な存在です。

転職エージェントは無料で利用できるんだし、今や転職エージェントを利用しないと損とまで言われてます。

中にはこの2社に登録をしてよりお金をくれる、待遇のいい職場を探してる人もいます。

男尊女卑のくそ会社があることは事実です。しかし男女を均等に扱ってくれる企業があるのもこれまた事実。
やる気まんまんの女性は転職エージェントを利用していい転職先を決めてみませんか?

もしやる気があれば私ならさっさと転職エージェントを上手に使って女性でも遣り甲斐のある会社に転職しますよ。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら