20歳代はガンガン転職して、自分の条件にあった企業を見付ければいい

いい会社に入社したつもりが、
・実際は微妙だったり
・ダメだったり
…と転職を考えてる20歳代の人は多いはずです。会社や職場も一発目で当たりを引くのは難しいですよね。

職場がダメダメだった場合は人事に部署異動をお願いしたり、数年間頑張れば部署が異動になったりして、何とか危機は回避できるかもしれません。しかし会社自体がもうダメダメだった場合は悲惨です。

満足ゆく会社なんて、そうそうあるわけじゃないですし、たぶん9割以上の人が転職を考えてるのではないでしょうか(私の勝手な推測w)

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

若さには価値がある。おっさんは悲惨よ

20歳代は40歳代や50歳代の人に比べて若い。なので年輩者よりは「若さ」は武器になり、それが有利に働きます。

しかしながら、
・自分はどんな仕事がいいのかわからない
・職種を変わるのは不安
・昔、就活に苦労したので、転職はもっと大変?
・給料は下がる?
こんな事を言い出したらキリがありませんが、不安要素はたくさんありますよね。

転職するにあたり、不安や失敗を恐れていては、もう前に進むことはできず、満足できてない今のダメ会社で長々と社畜生活を送ることになります。私は20歳代なんてガンガン失敗すればいいと思うんですよ。

辞職して、次の転職先を探すことは、生活費の面で大変だけど、別に仕事をしながら転職先を探せば、そんなに問題にはなりませんよね。

逆にこのままズルズルと社畜をやってると、30代、40代になり「若さ」といった売りが無くなるし、転職に向けて動くことも億劫になります。それに子供がいると不安が不安を呼んで転職の気持ちも悶えます。

第二新卒の存在とは?

20歳代は20歳代でも21歳と29歳とでは違うし、入社して1年の人と9年の人ではまったく違います。
20歳代で一番旬な時期は入社して3~4年した人材です。高卒なら21、22歳、大卒なら25、26歳。もう年齢的にもバリバリですよね。

石の上にも3年ではありませんが、とりあえず新卒で入社して3年、4年と頑張れば、会社ではまだまだ若輩者ではあります。しかし色んな点で経験を積んでるので、それなりに使える人材になってるはずですよね。

自分自身でもわかってるはずですが、入社前の自分と今の自分は社会人としてまったく違ってるはずです!!!

求人側としてはとりあえず前の会社が社会人として通用するそこそこのレベルに育てあげてくれてるので、人材教育費にかかる経費を大幅削減できますよね。とりあえず義務教育は終わらせたって感じでしょうか。

ですが逆の立場で考えると、新卒の人材に教育コストをかけた前の会社は悲惨ですよね(汗)。この人材はこれから役に立つだろうと期待していた矢先に辞められると悲惨ですよね。

最近は第二新卒といって、新卒で入社して3~4年経験を積んだ人材の獲得合戦なので転職するにはバリバリのいい時期なんです。

転職することは不安要素がたくさんあり、躊躇する気持ちはわかりますが、20代でしかも社会人経験3、4年の人は売り手市場なので、私がその立場であれば間違いなく転職します。

この転職は次なる自分へのチャレンジなので、未経験、未分野でも問題はありません。まだまだ若く幾らでもチャンスはあります。
実際、私の知り合いは営業職として入社しましたが、それがどうも肌に合わずに転職して、今は事務職として頑張ってます。転職は成功したと言ってます。

新卒ですぐ辞職した人の転職は?

6年、7年と経験が長いのはいいですが、1年や二年の短期間でやめてる人はちょっと問題あります。

短期で辞める理由は色々あるとは思いますが、ちょっと我慢が足りないですねw
ブラックなダメダメ企業だろうが、もうちょっと我慢しないとダメですね。

ただ当然のことながら短期間で辞職した人にも転職の門戸はいくらでもあり、第二新卒者に比べると、そんなに有利ではありませんが、「若さ」や「前向きなヤル気」「前職は不得手な分野だった」などと今後の頑張り具合をアピールすれば、なんぼでも求人はあります。

しかし、「仕事が楽じゃなかった」や「仕事をするのがめんどう」などのあほ臭い理由は間違っても言わんことですw

とりあえず短期離職者の場合は自分自身のやる気や今後の抱負などをいかに書類と面接でPRできるかですね。

転職するにあたり重要なことは一貫性ですよね

前回と今回で言ってることが違ってる人はいます。

これは転職活動だけではなくて、上司や同僚の行動もそうです。
私が昔配属されたクソ上司Aは朝令暮改で言ってることがコロコロ変わって大変でした。もう部下達はてんやわんや。今となっては笑い話ですが、こんな人は嫌ですね。

それと同じで面接時も同じで、「私は以前の会社で営業でした。しかしどうも私には営業職は苦手だったので、今回御社では裏方の工場作業員になりたんです…」と言っていたにも関わらず、次は「現場作業は苦手なんで…事務方がいいな」なんて話をすれば、もう人事の人は「なんだコイツは?ヤル気あるのか!」となります。

大切な事は、
・なぜ前の会社を辞めたのか?
・なぜ今の会社で働きたいのか?
これを一貫性を持って明確に話をしないことには、どの企業に行っても内定はくれません。このままのダメダメ状態で内定をくれるのは、これまたダメダメのブラック企業だけですw

当然人事は面接だけじゃなく履歴書や職務経歴書などでも判断します。
この書き方一つにしても大切でですよね。

この一連の流れを今の仕事をしながら転職先を探して、職務経歴書はどうする?面接の受け方はどうする?など四苦八苦してれば、転職先を見付けるのは一苦労です。わかりますよね?

転職屋の存在とは?

そんな転職の手助けをしてくれるのが、転職のプロである転職代理人なんです。世間では転職エージェントなんて言われてます。それに無料で利用できるんです。

ブラック企業を適当に見付けて就職するのであればその辺の求人誌や求人サイトなどを使えばいいですが、そんなとこに就職しても、時間の問題で、また辞めるだけです。

自分の働きたい職種や残業や休日などの問題を的確に伝えておけば転職代理人が、あなたの理想とする企業を紹介してくれて、内定をもらうまで色んな指示を的確に出してくれます。

その便利な転職エージェントは大から小まであり、今後自分が失敗しないためにも大手、それも上場してる企業が運営してる転職エージェントがいいです。

各転職エージェントで転職までのアプローチは違いますしね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら