保育士の仕事の遣り甲斐はある?思った以上にブラックでドロドロ?

私の知人女性は尋常じゃないほど子供好きだったので、仕事は迷わず保育士を選びました。

実際に保育士になってみると、もう典型的なブラック職場環境で悩んでました。世の中、理想と現実のギャップはデカイですねw

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

離職率の高い保育士

子供の世話は大変ではありますが、子供がかわいいのは間違いありませんよね(一部虐待などをするアホはおりますが)。
しかし実際に蓋を開けてみると、「こんな仕事は私には無理~」とばかりに、保育士の離職率は半端ありません。

この離職率の問題は
・結婚した
・妊娠した
・旦那が転勤になった
などの理由じゃなくて薄給激務のバリバリブラック環境が原因なんです。円満退社じゃないですよね。

外野から見てると、国家資格も取得して楽しそうな仕事な感じなんですが、現実は甘くはありませんね。

看護師さんも同じような感じで、離職率は高いです。しかし看護師さんは長年頑張っていれば女性では考えられないような高給になるので我慢して働いてる人も多いです。年収500万円とか600万円になるもんね。

その点、保育士は年収300万円前後。ガッツリ仕事をして年収300万円は辛いです。

保育士が嫌なら保育士を辞めるしかない

例えばです。それなりに規模のある会社であれば営業がダメでも事務がある。なので、部署異動で嫌な職種やカス上司から逃げれる可能性もあります。
しかし、保育士の場合はずっと保育士のまま。保育所に部署異動はありません。

保育士が嫌なら、転職するしか逃げ道はありません

職場は保育園なので職場こじんまりしてて、女性がメインの職場なので、なんとなく人間関係の悲惨さはわかりますよね。ドロドロしてる。

どの職場もくそってわけじゃありませんが、意地悪な先輩がいて、その先輩の意地悪攻撃のおかげで職場全体がドロドロしてて…。もう想像するだけでノイローゼになりそうです。

自分がイジメの対象になってなくて、その職場の陰湿な人間関係に我慢できるのであれば、まだ続ける価値はありますが、自分がイジメの対象になってる場合は悲惨でしかなくて、私がその立場なら辞めますね。

保護者の件もめんどうですね

最近はあまり聞かなくなりましたが、以前はモンスターペアレントなんて言葉がありました。

モンスターペアレント、またはモンスターペアレンツとは、学校などに対して自己中心的かつ理不尽な要求をする親を意味する。元小学校教諭の向山洋一が命名したと称する。

引用元:wiki

あほ親の要求は本当に大変で、もうほんと自己中心的です。全ての責任は保育士にあるって感じで罵声の嵐なんですよね。
当然こんな親は一部のアホだけですが、一方的に責任を押し付けられて、頑張って仕事をやってる人間の罵る行為はダメですよね。

説明すれば冷静に対応してわかってくれるアホ親であれば、まだ我慢できますが、大半のアホ親はダメですよね。
そんなアホ親に子供が教育されていると思うと、なんか子供がかわいそうでなりません。なんせ子供は両親を選べないんです。

責任感は半端ありません

人様の大事な大事な子供を預かることになるので、その責任は半端ありません。

子供同士の喧嘩などでちょっとした怪我などであれば、まだ許されますが、もし後遺症が残るような怪我になれば、子供本人やその両親になんと謝罪をすればいいのか?悔やんでも悔やみきれません。
なので、仕事中にゆっくりぼ~とすることなんて夢ですよね。

その緊張が緊張を呼び、ストレスまみれになって、うつ病や自律神経失調症などの神経症になってる保育士は多いです。
看護師や学校の先生もそうです。とにかくストレスがかかる仕事は大変です。

私の友人はトラック運転手をやってます。荷物の積み下ろしはめんどうなようですが、人間関係は気楽だし、「トラック運転手はいい仕事だよ」と言ってました。トラック運転手と言えば薄給激務の代表職種のような気がしてました。
しかし考え方によっては複雑でくそな人間関係がないので楽かもしれませんね。

呆れた長時間労働

あとの悩みはもうお決まりの長時間労働ですね。
ただでさえ労働時間が長いのに、残業があったりして1日10時間オーバーの激務をこなしてる人もいます。
休憩らしき休憩もあまりない人もいます。

これで給料がそれなりに良ければ、まだ許せますが手取り15万円前後の人が多くて、この給料だと一人暮らしをする場合は悲惨を極めます。

家賃&水道光熱費などに7万円払ったら、残金7万円汗。まじでどうやって生活するんだ?と心配になります。最低20万円は無いと人間らしい生活は無理ですよ。

嫌なら倒れる前に辞めればいい

今の職場が好きな人は、そのまま保育士を続ければいいです。当然ですね。
しかし心身ともに疲れてる人は辞めればいいんです。国家資格を取得して頑張っていた人材なので、間違いなく他でも役に立つことは間違いありません。

「仕事するのがめんどう」なんて理由で転職に次ぐ転職は呆れるしかありませんが、ちゃんとした正当な理由があれば次の職場に行けばいいんです。
それに人生は短いんだし、保育士だけではなくて生保でセールスウーマンをしてみたり、事務職してみたり、社長秘書をしてみたり…いろんな仕事を経験してみるのも人生の選択肢のひとつですね。

もし本当に転職して、今よりもまともな仕事に就きたい場合は間違いなく転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは終始無料で利用できて、自分の希望する職場(会社)で働けるように転職のプロ(転職代理人)が懸命にめんどうをみてくれます。

何年も10年も就職先を探してなければ面接の受け方、効果的な職務経歴書などの常識的なことも忘れちゃってるはずですし。
これら全ての点において転職代理人が徹底して、転職希望者をサポートしてくれます。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら