同族経営の会社はブラック企業が多いの?二代目バカ社長は勘弁してくれw

誰もブラック企業では働きたくはありませんよね。
「Yes」と回答した人は変人ですよw

会社がブラック企業であるかどうかを判断する方法は色々ありますが、同族経営の会社はブラック企業の傾向が強いと言われてます。

同族経営(家族経営、同族会社)とは社長や幹部を身内が占拠してる会社のことです。

日本企業の約90%零細や弱小企業と言われてるので、日本企業の大半は同族経営でしょうか。

社員数が数人、十数人規模の会社では仕方ありませんが、それなりの規模があるのに社長を筆頭に幹部も身内で固めてる会社はダメですよ。

同族会社で二代目バカ社長が実権を握ってる会社の社員は悲惨ですよね…
そんな会社にいる人は日々転職したいと感じてるはずです。地獄ですよ。

同族会社は会社を私物化してると言えますね。

ここでは同族会社(同族経営)のデメリットや現状の難題を打破した人向けに記事を書いてます。

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

無能な2代目バカ社長の惨劇

零細企業や弱小企業の創業社長であれば無一文から事業を初めて、現在の基盤を築いたので、人間的には尊敬できる人は多いです。
(労働環境はブラックで低賃金ですがw)

しかし創業社長とは裏腹に、「二代目社長=バカ社長・アホ社長・ボンボン社長…」等などと、殆どの二代目社長の評価は低いです。

同族会社の場合、社員の中から代表を決めるのは困難なので、社長の息子が代表になる流れはしかたありません。

戦略も戦術も責任感もない能無し人間がトップに立つことは下(社員やバイト)にはいい迷惑でしかありません。まじで。

独裁政権の恐怖

こんな人間が社長になったら、独裁政権になりますよね。
北朝鮮のような感じw

自分の考え方や性格の合わない人間は、即解雇

友人はバカ息子に代表権が異動してすぐ転職しましたよ。

年収はダウンするが、「あの二代目バカ社長と働くよりマシ!」と断言してましたw

・会社の金で高級車乗る
・会社の金でキャバクラ
・無能なのに威張る
…列挙すればキリはありませんが、こんな感じの人は多いよね。

私が以前働いていた会社

社員数は100人規模もあるのに同族経営でした。営業会社ね。

重要なポストには能無しであっても身内なら配置する典型的な同族経営(汗)

別に私は、身内を自分の会社に入社させること自体に文句はありません。
(マクドナルドの藤田田氏やホンダの本田宗一郎さんなどのスーパー経営者は身内の入社は認めてなかったはずです)

しかし能無しの人材が「身内特権」で上役になれるのは大問題です。

本当に能力があれば身内特権での飛び級も許せますが、ダメな人材はダメなんですよね。

適材適所は本当に重要ですので、能力のない人材は平社員のままでいいです。
「平社員で入社をして、社の人間に認められてから順々に出世しろ!」と断言したいです。

一番最悪なのは能力のないバカ息子が社長になることです。
零細の同族経営だと「あるある」話ですよねw

そんな会社には期待はできない

二代目バカ社長が権限を握ってるし、将来は期待できないと感じて、約2年半で私は離職しました
まー理不尽を感じました。

私の転職のキッカケは後述します。

無能な人材の指示は的確ではありません

自分は能力がなくて実績を出すことができないのに、人には無理なノルマや案件を押しつけて、目標を達成させるのはダメですよね。

無理強いをする二代目バカ社長のせいで精神的にも肉体的にも限界を感じて病気になる人は多い。

私は同族経営の会社の全てがダメとは言いません。
しかし、勤務してた私や友人の会社、ネット上の愚痴などを見ると、やはり同族経営はダメ企業が多いような気がします。

以前私が同族経営の零細飲食店にいた時は二代目バカ息子が実権を握ってました(営業会社の前)

彼は社長ではありませんでしたが、彼の元で働く従業員たちは、日々バカ息子の文句で盛り上がってましたw

当然、私も彼の文句は散々言ってましたよ…

身勝手な人間が多いんだよね

創業者社長がワンマンなのは仕方ありません。
二代目社長や身内特権で役職についてる人もワンマンが多いです。

二代目はボンボン系が大半なので、苦労や人間の苦しみを知りませんよね。

「俺の言ってる事は正しい。必ずノルマを達成せよ」こんな感じですよね。
常に上から目線(泣)

お前らは俺の社畜なんだし、金もやってるし、俺様の言うこと聞いて当然だろみたいな…

会議やミーティングなどでもイケイケの人であれば、普通に反論意見は出せます。
(当然、解雇は覚悟してる)

しかし、相手がバカ息子や身内系上司の場合は、発言も横柄で私のような一般社員が反論する余地はありません
これぞまさしく社畜ですよね。

方針や指示が正しければ、我慢して社畜状態で誰もが従いましたが、ダメダメ人間のダメダメな命令が1年も2年も続くと、いい加減アホ臭くなりますよ。
なので辞職する人も多い会社でした。

私も離職しましたがw

年輩者は辞めたくてもやめれない

40代、50代の人が、まだ30歳前後の身内上司に扱使われるので、中には神経症になる人もいたりしました。

慢性的なストレスになると神経症になる

30代の人であれば、それなりの企業への再就職は可能なので、ブチ切れて辞める人もいました。

しかし50歳代の人は子供にお金のかかる時期だし、なかなかいい再就職がないので日々忍耐でした。

給料日後にお金に余裕があり、定時で終わった時などは、よく居酒屋で愚痴を聞かされました。

その気持ちは私にもよくわかり、年輩社員の愚痴を「うんうん」と聞いてました。
(どうせ私はタダ酒だしw)

しかし年輩の人も本当に、「今の現状を抜け出して、今よりいい転職先を見付けて新規一転頑張ろう!」との意気込みがあれば、自分の頑張り次第で何とかなるはずなんですよね。
しかし勇気がない人ばっかりなんですよね。

40代、50代の中年男性が転職で失敗する理由は何?

酒飲んで裏で愚痴を言っても、自分の人生や未来は変わりません。
虚しくなるだけよね…w

私が転職した一番のキッカケは

社長が会長になり、誰もが認めてない社長のバカ息子が二代目社長になったことです。
(同族企業ではよくあるパターンです)

改悪の事例なのですが、営業部の人は歩合給がメインで、頑張る人はバンバンと成果を上げて、それなりに満足のゆく給料だったのです。
しかし現社長体制になってからは、基本給をちょっと上げて、歩合給を削減しました。

社長の子供って基本はお金持ち

貧乏人の気持ちはわかりません。

この結果、営業部は社会主義国家のようになり、成果を出しても出さなくても給料は同じ
なので「もう仕事は適当でいいや」と、今まで成果を出して頑張っていた人間がやる気を無くして離職したりして、会社の重要な役割である営業部が死に体になりました。

辞める人材は能力のある人なので、より良い待遇(給料や福利厚生)の転職先を見付けて成功したりしてました。

中には以前の年収の倍近くになった人もいるそうで、羨ましい限りですよね。

営業はどこへ行ってもやることは同じ。
商品やサービスを売ればいいので、この営業スキルがあれば転職もイージーだし楽ですよね。

悲惨な社畜から抜け出す

「この営業さん達がどうやって再就職先を探したか?」と言えば無料の転職エージェントを使ったんですよね。

スキルがある人ない人も、学歴がある人もない人も転職エージェントを使えば、自分の理想とする会社を探すことが可能なんです。

今回は同族企業に対する文句なので、再就職する場合は同族企業は絶対に嫌なわけですよね。
特に能力のない息子が社長の会社なんて、もうNGwww

しかしそんな裏情報はハローワークや求人サイト経由ではわかりませんが、転職エージェント経由だと転職代理人は会社の内部事情にめちゃ詳しいので、「この会社は◎◎なので、やめた方がいい」と教えてくれます。

なので転職エージェント経由で転職した人が再度ブラック企業に転職する確率はすごく低いです。

そんな私も営業さん達の転職成功事例を見習って転職エージェントを使って再度事務方に転職しました。

転職して給料も待遇も微々たるものですが、年収アップしたのもラッキーだし、何より上層部に無能な身内がいないのは一番です。
もう同族経営の会社で働くのは金輪際嫌です。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら