タダ働きした残業代金は取り返せるの?サービス残業に悩んで会社に復讐したい人

私がびっくりしたのはサービス残業が違法であることを知らない人が多いことです。

以前私の友人は、サービス残業はモラルの問題でダメなだけかと思ってた…と言ってましたが、実は法律で決まってるんです。
みんな平気で法律を破ってるんですよねw 困った企業と役所ですw

検索して私が情報を収集した限りだと、労働基準法の管轄をしてる厚生労働省自体が激務であり、サービス残業をしまくってるとか(大汗)
霞が関で働く役人はエリートの集まりで競争は激しく激務ですもんね

本来であれば、サービス残業を指摘する立場である人間が、サービス残業をしまくってるので、サービス残業は放置されてるのかもしれません(笑)

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

残業代金の請求は弁護士にお願いすればいいの?

弁護士にお願いすれば、未払いである残業代金は取り戻せます。これは間違いありません。
実際、この類の話題はニュースになってますよね。

しかしこのケースは集団訴訟ですよね。数千万、数億円単位。

弁護士を使ったことがある人であれば知ってるはずですが、弁護士費用はめちゃ高いです。
私も以前、ちょっと相談しただけで数万円を請求されました。びっくりします。

だから一個人が、弁護士費用にプラスして、裁判にかかる時間や労力を考えると、差引するとちょいプラスで、場合によっては赤字になるんじゃないでしょうか。

それに裁判となると、自分が働いてる会社と喧嘩することになるので、もしその会社で今後も働く場合は居辛くなり、間違いなくその会社での出世は望めませんよね。

弁護士は、お金さえ払えば何でもやってくれるので、「どうしてもクソ会社に復讐してやるんだ!」と訴訟を起こすのはいいですが、正直一個人でやるのはアホ臭いだけです。
私なら我慢して社畜のままでいますw

タダ働きさせられたお金を返してもらえる方法はあるのか?

本当にそんな方法はあるのか?
薄給激務でイライラしてる人の参考になれば幸いです。

サービス残業が違法であることは冒頭で言いました。

しかし、本来サービス残業を取り締まる側の人間(労働基準監督署や厚生労働省)がサービス残業をやってるんだし(推測)、まあ現状としては野放し状態なんです。

正直違法ではあるがグレーゾーン。パチンコの換金などと同じでグレーゾーンなんです。
だからアホな企業は、そのグレーゾーンを巧妙に利用して、社員をタダ働きさせてます。

実際、裁判をやるのも大変だと、前述しましたので、集団での裁判はともかくとして、個人でやるのは無駄死になるだけです。

企業によっては、まじで裁判に持ち込めば、それなりに反省の色を見せてくれて示談してくれる企業もありますが、こんな事は期待しないほうがいいです。

「示談=負け」と負けを認めたことになるので、一人でも例外を出すと、次々とアホ企業は社員にお金を払う必要に迫られます。
なので、その例外を出さないためにも、徹底的に裁判で争うことになると考えた方がいいです。

企業VS個人では資金力は完敗です

もし裁判で勝っても取れるお金は微々たるもんだし、負けるともっと悲惨になる。困った問題です。

実際に裁判をやったことがない人であっても、ドラマや映画などで、その流れの大方は知ってるはずです。
裁判をするためには、まずは証拠ですよ、証拠。
その証拠をきっちりを集めるのが大変ですよね。タイムカードのコピーを取ったり…もうめんどうな事を山積されます。

またこれは重要なことですが、残業代金の返還請求も時効があり二年間までなんですよね。

「俺は10年以上、毎日2時間残業して、休日も返上してタダ働きしたのに…」と嘆いても、8年間分は闇を葬られます。号泣するしかありません。

勝訴しても払ってくれない企業もある

私がネットで調査してて一番びっくりしたことは、私は勝訴すれば100%残業代金は払ってくれると思ってました。
しかし仮に勝訴しても零細や中小企業の場合は、本来払う必要がある残業代金を払ってくれないケースがあります。

それに零細などの場合は、社長が法人の資産を個人に移動させて、法人を倒産させるなんて裏技もあるそうです。

関係ありませんが養育費などの問題も同じですよね。払わない人はなんと多いことか(汗)

ここまでの難題を抱えながら、100~200万円の残業代金を取り返すことはアホ臭いですよね。
この中から弁護士にかかったお金も払う必要があるし、何よりその会社には間違いなくいられません。私なら居座る根性はありません。

じゃあ大手企業なら残業代金は払ってくれる?

大手だと中小企業以上に払ってくれません。大手は甘いと思うと地獄をみます。

そりゃ大企業の資金は半端なくありますし、法務もしっかりしてるので、個人が裁判を試みた場合は逆に潰されますよ。

だって、大手飲食チェーンや介護関連なんてめちゃなはずです。薄給激務なんて通り越して過労死寸前です。過労死と言えば、大手広告代理店の電通では激務がたたって自殺者も出てるし…

東大を卒業して電通に入社した高橋まつりさんは、入社後にインターネット広告を担当するデジタル・アカウント部に配属されましたが、月の残業時間が105時間を超え、昨年12月のクリスマスの日に会社の寮から投身自殺してしまいます。

引用元:https://ironna.jp/

大手企業では表沙汰にならないだけで、たくさんの自殺者は出てるそうです。
週刊誌などにすっぱ抜かれる前に上手にもみ消してるんでしょうね。

仕事のし過ぎで自殺者がでるくらいなので、うつ病などの精神が病んでる人の数は半端ないと思います。

日本って裕福な国ではあるかもしれませんが、幸せを感じてる人は少ないとのデータがありますが、この点の問題が関与してるのかもしれませんね(汗)

私の結論は、冗談抜きで、会社に強要された残業の代金はあんまり取り返せないと思った方がいいです。
なので、もタダ働きばかりさせられる企業にいて悩んでる人は、本来払われるはずだった残業代金を取り返すことを考えるのではなくて、さっさと次の職場を探せばいいんです。

だって日本企業の大半の大小関係なく大半の会社はホワイト企業。
なのでホワイト企業を探せばいいだけの話なんです。

ただ探すにあたり、また適当に探すとブラック企業にあたる可能性が大なので、転職には転職エージェントを使うことですね。当然、無料です。

転職エージェントを使うメリットは色々ありますが、企業をちゃんと審査してるので、また残業代を払ってくれないブラック企業に入社する確率は「0」です。
正直、サービス残業は日本の企業文化なので、多少は仕方ない部分ではありますが、過度なサービス残業は社員を舐めてます。