女性が転職するのは20歳後半?30歳前半?職場に不満のある人は転職するに限る

女性が転職する年齢は何歳がいいのか。この年齢のタイミングはめちゃ大事ですよね。

転職は転職したい時に転職すればいいのですが、人には色んな事情が絡んでくるので悩みますよね。
「新卒で経験を3~5年積んでから?」
「30歳を超えると大企業への転職は無理?」
「40歳を超えると仕事はパートだけ?」
検索して転職関連のコラムを読んでると、色んな意見が書かれてて、何が正しいのか?まじで悩みますよねw

余談にはなりますが、「35歳を超えると電話で年齢を言っただけで断われた」と私の知り合いが言っていたのです。
求人には「55歳までOK」と記載があったから電話したのに、実際に電話するとNG(汗)

求人を募集するにあたり、管轄の役所などから指導があり、雇う気もない年齢を書いてるのでしょうが、「実際に雇う気もない年齢を書くな!」と知り合いは怒り狂ってました。

その人は10社ほど電話したそうで、まあ電話代と時間の無駄で怒るのも当然ですよね。
ほんとその辺は求人サイトや求人情報誌はダメですよね。

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

女性が転職する場合、28歳がいい年齢

なぜこの年齢の時期に転職するのがいいのか?
これからそれを考察しますね。

28歳とは言っても、高卒、専門学校卒、大卒など人により、社会人経験年数に違いはあります。
なので28歳とは言いましたが、25~29歳の二十代後半が、転職にはいい時期ではないでしょうか。

新卒で入社して、20才前半の時期は、
「この会社でいいのか」
「この職種でいいのか」
「転職するか」
等など色んな悩みを抱えていると思われます。男女関係なく悩みますよね。

例えば、
「人と話すのが好きなので、営業職に就いたけど、実際人にモノをサービスを売るのは大変なので、営業以外の職種に転職したい」
「学生時代のバイトは気楽だったけど、正社員の厳しさは半端なく日々ヘトヘトなので、もうちょっと楽な仕事ないかな」
等など、色んな問題がありますよね。

実社会は厳しい側面もあるので、高卒や専門学校卒で大卒の方より早く働き始めた方は1回や2回は転職経験があるかもしれません。
そんなに簡単に満足のゆく会社や職種は見付からんですよね。

高卒にしろ、大卒にしろ、28歳前後だと、社会人としての経験はかなり蓄積されております

新卒1年の人材は、まだ学生気分が抜けなくて甘い考えの人が多いですが、社会人を最低3~5年やってると、そんな甘い考えも消え去ってるはずです。

それに接客だろうが営業だろうが事務だろうが、職種は何でもいいので、長年経験値を積んでることで、その分野のプチエキスパートになってるはずです。
転職するにおいて、これは自分のアピールポイントや自分の武器になります。

仮に、「違う職種を体験したい」「スキルアップしたい」と考えた場合でも、社会人としての常識は備わってるので、未経験であっても転職はし易いです。

なんせ企業側は、新卒の人材とは違って莫大な教育コストをかける必要はありません
研修費用などでも相当教育コストがかかってますよ。転職組には無駄な教育コストは要らんですもんね。

実際、「経験者は優遇」「経験者は即採用」などと謳ってる求人は多いですよね。
高給をくれる歩合の営業パーソンなんて、営業スキルがある人にはウハウハですよね。月収100万円あれば嬉しいですよ。

面接も、
「どんなことができるのか」
「これからどんな事をやってくれるのか」
など、より実践的な質問ばかりなはずなので、転職が決まるのは早いです。

新卒の時の面接は「あなたの夢は?」みたいなロマンチックな内容だったはずですw
転職組にはそんなアホ臭く意味のない(?)質問はしませんよね。

結婚や妊娠はリスクだよ

会社側にとって一番怖いことは、女性には結婚や妊娠があることです。

女性差別(マタニティハラスメント)などではありませんが、会社側が社員に期待することは、会社のために頑張って会社に利益を出してくれることなんです。

それがです…結婚して専業主婦になるから離職する、妊娠したので離職します…これじゃあ、会社としては今までその人材にかけた教育コストや期待はなんだったのか?と泣きたくなるはずです。逆の立場であえばわかりますよね。

しかし最近は晩婚化も進んでいるので、28歳前後で雇っても最低でも5年前後は会社のために頑張ってくれるだろう。そして復職してくれるとの思惑はあります。
雇ったけど、すぐ辞めたじゃあ辛いです。

年収アップやキャリアアップを考えてる場合

やはり30歳前までがベストですよね。

30歳を超えてもたくさんの転職先はありますが、企業は若い人材がほしいのは事実です。

あまり年齢が高くなるとプライドが高くなったりしてる人も多いし、これじゃあ困ります。
若い人は考え方やプライドなどに柔軟性があるので、やはりキャリアアップを目指したりするには30歳前までがいいですよね。

将来はお金持ちと結婚して専業主婦になるんだと考えてる人は別ですが、今のご時世は専業主婦じゃあ厳しいです。

もし結婚後も働くことを考えるのであれば

時給700円や800円でコンビニや飲食店で働くよりも、正社員時代にキャリアアップしててですね。そのキャリアを活かした仕事の方が時給も高いので効率がいいです。

例えば1日1万円稼ぐのに、時給700円だと14.2時間働く必要はありますが、時給1500円だとその半分の6.6時間で稼げるんです。

なので、高時給をくれるスキルをもっておくと便利です。

私の嫁の友人はミシンを使うのが得意で、その技術を活かしてモノを作ってメルカリで売って、月平均5万円前後の利益を出してるそうです。
時給700円で5万円稼ぐには大変だし、通勤時間などに時間を喰われるのでめんどうです。

しかしメルカリで商品を売る場合は子育ての合間、家事の合間にできるので、時間的な制約もなくていいですよね。
これもスキルがあったからできることなので素晴らしいことですよね。

じゃあどうすればいいか

もし転職を考える人や過去にハローワークや求人サイトを使って転職したのはいいけどもダメだった人は転職エージェント(無料)を使って転職をしてみるといいです。

もう転職エージェントに登録して転職代理人の話を聞けば、こうすれば自分の理想とする職場や企業で働けるんだと思うようになるはずです。私は何回も言ってますが、餅屋は餅屋ではありませんが、転職は転職のプロに任せるのが一番です。

あなたは希望することを転職代理人に伝え、あとは転職代理人の指示の従え、内定から入社までしっかりとめんどうを見てくれます。それも無料なので、そのありがたさは半端ありません。

アホなダメダメ企業は転職エージェントが精査して外してるので、ブラック企業に一直線なんて失敗はほぼ間違いなくありません。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら