意地悪でネチネチ怒る上司で悩んで神経症になりそうな人はどうする?

「同じ事を何回も言わすな!この役立たず!」
「お前だけじゃないか!まだ仕事やってるの!無駄な残業代金を払わせるな!」
「お前の失敗で、また胃薬が…」

正社員やアルバイト関係なく、働いて給料をもらうことは大変ではあります。それにプラスして、上司がイマイチだった場合は、こんな叱責は日常茶飯事ですよね。

たまに怒られるのでれば、まだいいですが、毎日それも1日数回も怒られると、もう自己嫌悪状態になります。

「なんで俺はこんなにダメなんだ…」って。

男(女子もw)なら酒飲んで憂さ晴らしをします(居酒屋でもそんな人ばっかりw)が、女子社員の場合は本当に悩んで自己嫌悪を陥り、泣いてる人は多いはずです。
私もできる人間じゃないので、悩む気持ちはわかります(汗)

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

部下の失敗じゃないのに怒る上司

・ミスばかり
・仕事が鈍い
それが理由で怒られるのなら、まあ仕方ない部分はあります。

しかし自分がそんなにダメじゃないのに、八つ当たり的に自分の怒りを部下にぶつけてくる上司はいます

そんな理不尽な上司に限って、自分の上役には米つきバッタ系の人が大半なんですよね…困ります。

八つ当たりも困りますが、嫌味でネチネチした人、大声、暴言で怒るパワハラ系の人、ため息の連発の人など…仮に自分に非があっても嫌になりますよね。

ただ、中にはこんな怒り方をしても、めちゃ愛情のある上司もいるので、そんな人は例外ですが。

失敗の恐怖に怯える自分

例えば、バイト未経験の新入社員の場合、会社の上司や先輩は、両親や学校の先生以上に厳しい怒り方をするので、ビビる人はいますよね。私も怖かった記憶はあります。

ブチキレ系の上司が日々怒ってばかりいると、ベテラン社員でもあっても「あーあ」って気分になる。
ましてや新入社員や若い社員だと、上司の日々の言動にビクビクして、「あ、また失敗すると怒られる」と思いながら仕事をしてると、また失敗の繰り返しになります。いわゆる悪循環ですね(汗)

まあ世間的には「怒られるうちが華」とは言いますし、私もそのこと自体は否定しませんが、意味不明に怒ってる上司だと、もう呆れるほかはありません。

あまりにひどい場合は神経症になる人もいますもんね。「あのA課長に怒られるのが嫌だ」と私の友人は欠勤はしてましたね。酷い人だと無断欠勤してる人もいます。

偽善者上司に騙されるな

怒ってる上司の口癖に、「俺はお前の将来のことを考えて…」と言う人はいます。

確かに部下のためでもありますので、このこと自体は間違ってません。
昔ながらの頑固一徹な上司や体育会系上司はまだ許せます。

しかし、中には部下を苛めて喜んでる人もいます。自分の中に鬱積してるストレスや怒りを部下にぶつけるタイプですね。

家庭内であったゴタゴタの怒りを部下にぶつけてる人もいました(実話)
みんな言ってましたが、機嫌が悪く怒りまくってる時は「昨晩は奥さんにどやされたんだな」ってw

怒られるのは本当に自分の責任なのか

新入社員や若い社員の中には、私が上司に怒られるのは「自分が悪いんだ…自分が…」と自分自身を責める人がいますが、それは全て自分が悪いのでしょうか。

自分自身にもそりゃ責任はあります。しかし、
・怒られたことによりビクビクして仕事をして失敗を連発する
・会社を休んだりする
・飲み会の数が半端なく増えて消費者金融の借金が増えたりw
・離職者が多い
自分や同僚がそんな惨状になるのは、上司の怒り方に問題があるんです。

家であれ、学校であれ、会社であれ、悪いことやミスをすれば怒られることは仕方ありません。
しかし前述したようなことがあるのであれば間違いなく上司が悪いです。

端的に言えば、人間関係最悪の職場です。

会社をやめる原因の多くは、劣悪な人間関係がトップクラスにランクインされてます

意外かもしれませんが、薄給激務であるブラック企業で働いてもいても、人間関係が良好な場合は楽しんで働いてる人が多いのも事実です。

仕事疲れは寝れば回復しますが、ゴタゴタした人間関係の悩みを抱えてる職場だと、精神が疲れまくってるので、寝れなくて睡眠薬に頼ったり、最悪うつ病になるだけですもんね。

私の友人営業マンは上司からノルマを迫られまくました。それは仕方ありません。営業マンは成果出してなんぼなんで。
ただ、上司の指示の出し方が尋常ではなくて、自律神経失調症になり、まともに働けなくなり、最終的にはニートになりました

入社した時は「上場企業の関連会社に入れた」と歓喜してたのに、その結末は悲惨でございます。
こんな事態になっては本末転倒です。

人間関係に深刻に悩んだら転職すればいいと思うな

ちょっと怒られたぐらいで離職するのは「根性なし」「我慢が足りない」かもしれません。
自分なりに頑張って、今の職場の人間関係で仕事をしていくことは、これ以上無理だと感じた場合は、私は離職(転職)すればいいと進言します。

会社に行く目的は各自違うかもしれませんが、たぶん99.9%の人は生活費や交際費を稼ぐためでしょ。
それなら今の満足ゆかない職場環境とは違った職場(会社)なんて幾らでもあります。

20代で年収1000万円ある人が次の職場でも年収1000万円を探すことはちょっと難しいかもしれません。
しかし、一般的な年収、一般的な休日の会社なんてなんぼでもあります。当然今現在問題となってる嫌な上司もいない会社もw

もしあなたが嫁さん、子供、住宅ローンにマイカーローンを抱えて雁字搦めになってる30歳代後半の人なら、私は安易に転職は勧めません。
しかし20歳代なんて子供がいても、ガンガン転職すればいいんです。

このまま納得のいかない会社で定年まで勤めあげるより、多少なりとも勇気はいりますが、転職すれば今とは違ったいい人生が待ってるはずです。

転職も闇雲に戦略なくするのではなくて、転職の達人たちが集まった転職エージェント(無料)を使って次の職場を探すのです。
転職エージェントが扱ってる求人には基本ブラック企業や人間関係が終わって問題ある企業は審査落ちしてます!

転職希望者は、もう転職エージェントの担当者に正直に言えばいいです。今の会社の上司とやっていく自信がないと…
そうすればあなたの希望にあった求人を探しだしてくれます。

転職エージェントは求人を出してる企業と頻繁にあってるので、その会社の人間関係の状況なども把握してます。

それに人間関係だけの問題じゃなくて給料や休日の問題を今以上に懇願したり、若いうちに未体験の業種に挑戦してみるのも転職のメリットです。

転職エージェントではあなたがどんな職種に向いてるか?も診断してくれます。
意外や意外、自分にはこんな才能があったのか?と別職種に転職して成功してる人はたくさんいます。

薄給の工場で主任をやってた人間が歩合の営業パーソンになり年収1000万円とか…そんな成功話はザラですよ。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら