在職中に次の職場を探すのはタブー?自分の人生と会社、どっちが大切なの?

欧米じゃ転職は当たり前の話ではありますが、日本だと「転職=根性がない」と思われちゃいますよね。
「転職するのか…最近の若者は根性ないな…」みたいな感じで年輩社員にはバカにされますw

私にしてみれば「うるせー」と思うだけです。転職すればスキルアップも給料アップも可能だし、私はメリットだらけだと思う。

その問題はともかくとして、在職中に次の仕事を探す行動をしてもいいのいか?です。

たいがいの人は離職後に、次の仕事を探す傾向にあります。私も最初の転職の時はそうでした。

それに、次の職場を探すには時間を要しますよね。それも通常は平日の貴重な時間を使います
今いる会社がブラック企業じゃなくとも、仕事のある時は多忙だし、脳も体も疲れてます。
そんな状況下での職探しも大変ですよね。

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

自分の自由に転職活動はすればいい

もしあなたが「今の会社にこれ以上在籍するのは無理~。転職して違った人生を歩むんだ」と考えてる人は、在職中に次の職場を探すのが賢いです。

私の駄文を読まれてる方の中には、「それは会社に対する裏切り行為じゃないか」と苦言する方もいるかもしれません。

しかし会社なんか不況になれば派遣社員だけでなくて社員も簡単にリストラするご時世ですし、本当に自分の人生(仕事)を大事に思っているのであれば、何も遠慮することなく、在職中に次の職探しをすればいいんです。
こんな行為は違法でもグレーでもなく、普通ですよ、普通。

仕事は簡単に見付かるもんじゃない?

だってですよ。離職してから仕事を探し始めるをするじゃないですか。
それで簡単に仕事が見付かればいいですが、1ヶ月で仕事が決まる人もいれば1年経ても、2年経っても仕事の決まらない人はいます

家族がいる人は当然のことながら、未婚であっても、長くても失業保険が給付されてる間に仕事決めないとヤバいですよね。
失業保険も働いてた時の半分ほどしかくれませんから、失業保険給付中も失業保険の給付が終わった後も預金を切り崩して生活することになるのは間違いありません。

「我家は預金額は1000万円以上はあるんだぜ」
「親は資産家で困ればお金をくれる、又は貸してくれる」

そんな方々はゆっくりのんびり仕事を探せばいいですが、普通の人はすぐにでも仕事を決めて、給料をちょうだいしないことには、家計はまじまじでヤバいことになります。

友人は突如リストラされて悲惨だった

余談にはなりますが、私の友人は預金額50万円ほどしかないのにリストラになりました。

子供二人にかかるお金や住宅ローン、自動車ローンなどでバンバンお金が出て行くので、一時は神経症気味になってました。

友人は若いので、次の仕事自体はたくさんあるのですが、給料面でなかなか折り合いが付かず、自分なりにまあまあ納得のゆく会社で働き始めるまで「3、4ヶ月間はかかったよ…」と嘆いてました。

年収は10%ほどダウンしたことも嘆いてました。
しかし、長期的に考えれば、以前の会社よりはいいそうなので、40歳、50歳になった時のことを考えると、転職して正解だったかもしれません。

年収1000万円ある人が10%下がっても、まあ許せますが、年収400万円しかない人が10%も下がると死活問題ですよね。

初めて転職する人へのアドバイス

一回転職した方であれば、2回目の転職のコツはわかってると思いますが、初めての人は「何をどうすればいいのいか」本当に悩みますよね。

それなり大手や中企業に勤務している若手の人材であれば、間違いなく上役連中や同僚には「それはやめた方がいい」と言われます。

まあぶっちゃけ転職はしない方が楽ですもん。それなりの規模のある企業であれば、定年まで安泰です(窓際族やリストラされる可能性もありますがw)

それに部下が辞めると、上司の評価が下がるので…これも引きとめる原因ですよね(汗)
部下がジャンジャン辞めちゃうと、人事部は「○○課長には人を管理する能力はないじゃないか。減給か降格か」なんてことになります。

それとは逆にベンチャー企業などは中途採用や離職(転職)は日常茶飯事なので、
離職希望者:「今月で辞めます」
人事:「じゃあ頑張って」
で終わったりもしますw

私の友人は一時ベンチャー企業にいましたが、人の出入りは半端ないと言ってました。
当然その友人もそこは辞めて、別のベンチャー企業で頑張ってます。給料アップして喜んでました。

ブラック企業は辞職するのも大変か

一時報道でも話題になってましたが、ブラック企業だと、本人が辞職願を出してるのに、
「お前が辞めるのなら、別の人間を連れて来い」
「やめるのはいいが、あと半年頑張れ」
「途中で仕事を投げ出すことは絶対に許さん」
「給料は払わんぞ」
等などと無茶な要求をしてきますよね。

実際、私が水商売のボーイをやってる時、中途半端にやめたことを理由に給料は払ってくれませんでした。
今なら、私も知恵や知識はあるし、役所に文句言いますよ(怒)

各企業により辞職時に対応は違いますが、辞める辞めないは所詮は本人の意思なんだし、辞めたい人は辞めればいいんです
会社は社員をうまく利用してるだけで、その時の状況では簡単にクビにするもんね。

転職活動は基本平日やる

たいがいの会社の面接は平日です。
「飲食や販売、介護などは面接やってくれるじゃないか」と言われるかもしれませんが、サービス業は一般人の休日がお金儲けの日なので相手にしてくれません。

それにこの類の業界は薄給激務なので、私はやる価値はないと思います(業界の人、すいません)

飲食店など、将来的に自分で自営をやりたい場合は修行のためと割り切ってやれますが、それ以外の理由では頑張る価値はありません。

私の考えは、どの会社も有休休暇があるので、その有休休暇をガンガン消費すればいいんです!

どうせその会社は辞めるんだし、その有休休暇を利用して転職活動をすればいいです。
辞める以上は、その会社やその会社の人間には嫌われてもいいですし…

有休理由の理由は「ちょっと職探しのために…」はヤバいですので、適当になんか理由は考えた方がいいです。病気とか母が倒れたとか資格を取りに行くとか…

しかし、あまり有休を使うと、ブラック企業の場合はハラスメント(嫌がらせ)があるかもしれんが、そんな事は無視ですね。

これは一番重要なことになるかもしれませんが、転職は転職のプロである転職エージェントを頼ることです。

間違っても転職エージェント以外を利用しても、ろくな結果にはなりません。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら