転勤嫌いなのに転勤辞令が出たら転勤するの?転勤は拒否できるけど閑職になるのは怖い

転勤族は嫌ですね…私も嫌ですw
転勤族じゃなくても各地の支社や支店のある会社であれば、転勤になる人はいますよね。

この前私が趣味経由で知り合った人も、転勤族で、「大阪⇒茨城⇒福井⇒岡山⇒大阪と約3~5年ほどで転勤させられました…今後も転勤はあるんですよ…」と嘆いてました。

転勤が頻繁にあることは就職前に事前にわかってたことなのですが、子供ができると、誰もが転勤は嫌になりますよね。

独身であれば、各都市を楽しめていいですが、嫁さんや子供などがいると大変です。

子供も小学生の高学年になれば、「もう一緒に行くのは嫌だ!自分一人で行って」と言われます。
そうなると単身赴任が待ってるし、悲惨です。メリットは浮気の自由ぐらいでしょうかw

転勤は会社員の宿命と考えて、転勤を楽しんだり割切れたりする人はいいですが、たぶん90%以上の人は「転勤なんて嫌だ!」と思ってるのではないですか。

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

もし転勤が嫌な場合は転勤辞令は断われる

ただ、もし転勤を断わった場合、今後の会社での立場は辛くなります。

給料も上がり難くなるし、出世もし難くなることは間違いありません

それに、あなたを貶める意地悪な左遷などでは無い場合、誰かがその地に赴任しないとダメですよね。もしあなたが転勤を断わった場合、あなた以外の誰かが飛ばされることになるんです。

もしその身代わりの人が、その地に転勤したかった場合は感謝されますが、そうじゃない場合は逆恨みされることになります。嫌ですよね…

もしですよ。あなたが今の会社の満足してなくて転勤辞令が出た場合は、そんな会社はやめて転職すればいいんです。

今の会社に満足しているのであれば、「頑張って、○○支店で尽力します!」と飛べばいいですが、満足してない場合や左遷(島流し)になるぐらいなら思い切って「転職する」。そんな選択肢はあってもいいです。

特に20歳代で独身の人なんか、それをキッカケにやめればいいんです。嫌な思いをして転勤をしても精神がヨレヨレになるだけですよ。

40歳前後の人の転職は怖いのか

30歳代後半を過ぎても、転職先は複数ありますが、前職場と同じ様な条件、またはそれ以上の条件の会社に転職するとなると、ちょっと骨が折れる場合があります。

それに簡単に次の職場が見付かればいいですが、人によっては長期戦になることもありますよね。半年とか1年とか…
失業保険もありますが、そんなに大金をくれるわけではありませんし、支給期間も3ヶ月間です。

なので転職が長引く場合は、なけなしの預金が減ることは覚悟する必要はあります。
奥さんが働いており、それなりの収入がある家庭はいいですが、奥さんが専業主婦だったり、パートだったりすると、もう夫婦喧嘩の毎日でしょうか(汗)

しかしながら嫌なものは嫌ですよね

子供が思春期で、子供の教育がめちゃ大変な時期に、自分は単身赴任でのうのうとして、奥さんだけに子供の教育をさせることはダメですよね。大事な時期に奥さんだけに重荷を背負わすのはNGです。

そりゃ自分は好き好んで転勤してるわけではなく、生活費を稼ぐために転勤をするのは、私にもよくわかります。
しかし家族との大切な時間を捨ててまで、嫌々転勤するのはいかがなものかと、私は思います。

よくある話ではありますが、お金じゃ家族との愛は買えません!

転職ってそんなに難しいことじゃない

過去に転職を経験したことがある人なら、ある程度は転職する流れはわかってるとはずですが、転職が初めての人は不安だらけですよね。
しかしリスクを背負わないことには、社畜のまま、転勤族のままで会社人生は終わります
当然、家族との関係も微妙ですよね。

もし転職にめちゃリスクがあると思ってる人は、それは本来の転職のやり方を知らないんです。

・失敗してブラック企業に就職してしまった
・もっともっと転勤が増える
・ただでさえ少ない年収が10%以上下がった
・人間関係が終わってる
なんやかんやで心配ごとはたくさんあります。

若い独身者なら、「いい会社が見付かるまで転職しまくろー」みたいな感じで転職活動ができますが、家族&借金持ちで40歳前後の人はビクビクします。

しかしこんな失敗をほぼ皆無にするには、自力で転職活動をするのではなくて、転職のプロである転職エージェントの力を借りればいいんです。

転職エージェントを使って転職をすれば、ほぼ間違いなく自分の理想とする会社への転職ができるはずです。
「今以上にいい会社に転職したんです!」と転職エージェントの代理人に自己PRすれば、なんとかなるもんです。

どうしても転勤が嫌なら、転職エージェントを使って転職ですね。一番いいのが在職中に転職先を探すことですね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら