20代で無職やフリーターのままではダメ人間w 早く正社員になるコツ

この記事では
・無職やフリーターの人が早い段階で正社員になる方法
・無職のデメリット
などを書いてます。

無職になる経緯

・上司や同僚との人間関係に疲れて辞職した
・就職した会社がブラック企業で精神的にヤバくなり退職した
・新卒時の就活に失敗した

各自無職である原因は色々あると思います。

20代の若い人がさすがに無職はダメですよね。
10代も30代も40代もですが(汗)

本来なら就職活動中も日雇いバイトでもして、お金を稼ぐことが普通です。
数ヶ月間も1年も2年も無職ではダメ人間ですよね。

フリーターでもしていれば、まだ世間体は保てますが、無職(ニート)はダメ人間又はダメ人間の一歩手前です。

・預金がいっぱいある
・親がお金持ちで成人しても毎月数十万円のお小遣いをくれる
そんな人は稀ですよね。

しかし、一旦社会人になった後、親に生活費を出してもらっているのは人生虚しい感じはありますよね。

世間では20代の無職やフリーターはダメ人間

これは日本だけではなくて、どこの国でも同じはずですが「無職=ダメ人間」と断定されます。

昨今の元気なシニアは70歳でも80歳でも頑張ってるのに、20代や30代の若い人が無職生活では話になりませんよね。
政治家や企業経営者のバイタリティはすごいですよ。

映画やドラマなどでも「無職はダメだ!早く仕事を見付けろ!」と親に怒られてる場面は誰もが観たことあるはずです。

無職は世間体の問題も最悪ではありますが、一番の欠点はお金がありません。

お金が無いと、
・家賃も払えません
・食費の捻出も無理
・異性とのデートも無理
・税金や年金の滞納
…こんな感じでデメリットが大半なんですよね。

メリットは「現実逃避」ぐらいでしょうか。

ただ、「仕事は嫌でたまらない」と思う気持ちはわかります。
私も仕事は嫌です。

とりあえずフリーターをやる

無職状態では話にはなりませんので、一時的にフリーターでもやってお金を稼ぐ必要はあります。

フリーターはニート(無職)よりは百倍はもともですが、フリーターに将来性はありません

フリーターは貧乏だし福利厚生もない!フリーターのデメリットとは?

将来を見据えた場合、正社員として頑張る必要はあります。
男性だと結婚をしたら家族を養う必要があります。
(最近は女子でも生涯独身の人は多いのでフリーターや派遣社員はリスクありますね)

フリーターや派遣社員はワーキングプアの典型です。

年収200万円や年収300万円で家族を養えるはずはありません。

奥さんが資産家の令嬢や年収1000万円の高給取りであれば、別ですが、そんな甘い話はありませんよねw

戦略なしで就職活動をすると、また無職になる

一回でも就職活動をした人ならわかると思いますが、何も考えず、とりあえず無職から脱するために、
「コンビニにある無料の求人情報誌で見付けた会社の正社員になろうかね~」
…こんなダメ戦略で就活をしても間違いなく失敗はします。

・人間関係でストレスを抱えて、また無職
・尋常ではないノルマ主義で、また無職
・残業月80時間に精神も肉体も疲れて、また無職

気楽な気持ちや何の戦略も持たずに就職活動をして企業に内定をもらっても悲惨な結果が待ってるだけですよね。

仮に早く仕事は決まって「俺は正社員になったので、これから成果を出しまくり10年後には年収1000万円!」と思っていても、就職した会社が薄給激務のブラック企業だった場合、神経症や過労死寸前になり、またまた辞職することになります。

こんな事例は多いと思います。

無職又はフリーターから、急いで正社員になる行動力は大切ではあります。

しかし、戦略のない就職活動や転職活動だと、また失敗して泣きを見るだけです(何回もすいません)

就職の失敗事例

私の周りにも急ぐがあまり就職活動に失敗して、数ヶ月や数年で離職して、めんどうなことに、また就活してる人います。
数ヶ月や半年で辞職はアホらしいですよ。

正社員の場合は履歴書に職務経歴書に傷が付きますよね。

「短期で転職したら、その職歴は隠せばいいや」と思われるかもしれませんが、就職活動をする時、それなりに規模のある企業だと年金や保険の支払い履歴から過去の経歴の真贋を判断します。

大手だと履歴書に書いた嘘は簡単にバレて書類審査の段階でサクラ散るになります。

何らかの理由で短期離職があるのはしかたありませんが、数ヶ月~1年、2年でも短期離職が2回、3回となると、それなりに名前のある企業で内定を勝ち取ることは困難ですね(たぶん)

履歴書や職務経歴書に嘘を書いて転職する。経歴詐称はダメなのか

スキルアップや給料アップによる転職であれば大歓迎なのですが、意味のない転職ほど、あほらしいことはありませんよねw
そんな失敗をしてる人は、あなたの周りにもいるでしょ?

就職に失敗すると、社員を社畜扱いする呆れたブラック企業の餌食になるだけなので、転職活動の戦略は本当に必要ですよ。

以前知人と話してて「なんだコイツ?」と私が感じたことは、「就職活動=正社員になる」ことは、両親などの「世間体のためなんだよね~」と呆れた話をしてた人がいました。
両親の世間体のために正社員になる考えは終わってますよ。

その人は23歳にもなる「大人」でもあるのに、この呆れた発言に、私は失笑しましたw

正社員になることは自分自身の力で生活することなんです。それが大前提です。

正社員はしんどいですが、これは仕方ありません

この記事を読まれてる方の中には、就職して正社員になると、「仕事は大変だから嫌だよ~」と嘆く方もいるかもしれません。

・1日10時間以上の仕事
・薄給
・悲惨な人間関係
・無理難題なノルマ
などを想像すると、「無職やフリーターのままで正社員にはなりたくない!」と逃げ腰になる人もいます。
私もその気持ちはよくわかります。

しかし、逃げてばかりでは仕方ありませんし、将来のことを考えると本当に困ります。

世間の認識では大半はブラック企業との認識ですが、実際は大半の企業はホワイト又はグレー企業であります。

給料もそれなりにくれるし、仕事も自分の中で楽しみを見付ければ、おもしろくなるはずです。

私の知り合いは交通誘導員をやってます。
交通誘導員は薄給で退屈な仕事ですよね。
しかし彼のその交通誘導員を楽しんでやってます。

離婚して人生気ままなこともありますが(汗)

私が言いたいことは、仮に仕事選びで失敗をして「この仕事は私には無理だわ」と思っても、やり方や考え方次第で楽しめるんです。

生涯、交通誘導員では話にはなりませんが、そこそこの会社で正社員として頑張っていれば、責任感のある役職になり年収もアップしますよね。

私の別の知り合いに37歳の人がいます。

その人は国立大学卒なのに、卒業後、就職もせずにフリーターと無職の繰り返すをしてて、この年齢になっても年収300万円はありません。
ここから税金など引かれるので、実際の手取りはもっと少ないです(呆)

彼が大学卒業後、正社員としてそれなりに頑張っていれば、間違いなくそれなりの年収(500~600万円)はもらってるはずです。
そのまま成果を出して頑張れば40代中には年収1000万円も夢ではありません。

27歳でフリーターとニートしか経験のない俺が年収400万円の会社に新卒入社

なので気持ちはわかりますが無職の状態で逃げてちゃダメなんです。
20代の若者が無職で親のお金で生活してるのは、まじでダメ人間だと進言します。事実でしょ?

無職やフリーターの人が就職活動を成功させる

自分の中で、これだけは絶対に譲れない「条件」を決めておくことです。
・給料が高い
・休みが多い
・長時間労働は嫌
・工場のライン作業は嫌
・営業職はOK

あこれもこれもとなると、なかなか就職先は決まりませんが、「これだけは譲れないんだよ…」と思ってることは2、3点は考えといた方がいいです。

就職活動で失敗する人の大半は、何も決めずに「私は正社員になれれば、どこでもいいんだ」で決める人です。

「私は20代後半で2年間も無職なんだし、正社員であれば何でもいいわ」
「高卒後、4年間もフリーター一筋で一回も正社員で働いたことがないので、今月中に正社員になる」

このパターンは誰が考えても失敗しますよねw

自分の能力を活かすことの可能なホワイト企業又はグレー企業でないと、また無職やフリーターに舞い戻る可能性は「大」ですね。
やはりフリーターや無職は楽ですもん。

転職を本当に成功される気があるのであれば、大手の転職エージェントや転職サイトを利用することです。
無職でもフリーターでも問題はなく利用できます。

転職エージェントは民間企業ではありますが、企業側から報酬をもらってるので職安などと同じで、まったくお金は必要ありません。
あなたの希望条件にあった企業を探してくれて、就職が決まるまでしっかりと面倒をみてくれます。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら