バイト生活は楽しいけど将来は不安しかありません。30代でフリーターは負け組

バイト生活は楽で楽しい

正社員でしんどい思いをして社畜生活をしなくても責任感のないアルバイトでも独身であれば生活は可能ですよね。

バイトのメリットは気楽です

一人暮らしをしながら気楽なバイト生活だと人生は楽しいです。
会社にも両親にも干渉されないのは幸せですよね。

27歳、28歳ぐらいまでであればバイト先はなんぼでもある状況ですし、時給やシフト、人間関係に不満のある人は今のバイト先はさっさと辞めて次のバイト先に行けばいいだけです。

実際バイト先を転々としてる人はいますよね…1~2ヶ月間単位でバイト先を転々としてる人(笑)

また、短期間でバイト先を転々とする人もいれば、何年も同じバイト先で頑張り、その店舗の先輩正社員並にレベルアップする人もいます。

自分の能力が正社員並になると職場の人から「すごいよね…」と言われてチヤホヤされるので、「バイト生活は気楽だし、このままのバイト人でいいや」となる人もいます。
(しかし重責な案件はやらせてくれませんが)

・バイトは基本残業はありません。
・異性や同性とデートする
・家でゲームする
・将来のキャリアアップに備えて勉強する

仕事時間は基本自分の希望時間が優先されるので長時間の残業に悩む正社員の人に比べると1日1日は自分の自由に過ごせます。
このメリットはバイトの醍醐味ですね。
自由は本当に最高です。

20代前半は正社員よりバイトの方がいいのか

飲食や土木は人手不足を解消するためにバイトの時給は悪くはありません。
時給800~1000円は普通ですね。

仮に時給1000円で1日8時間働くと日給8000円にもなります。
仕事の日々は嫌ですので月に20日間仕事をした場合は16万円になります。

税金や保険料が差し引かれるので手取り額は少なくなりますが、実家、友人や異性のアパートに寄生してる人は月15万円もあれば自由は謳歌できますね。

20代前半は正社員であっても薄給です

月に40時間も50時間も残業をして休日は月3、4回。嫌になりますよね。

奴隷の如くブラック企業で社畜として頑張っても月の手取りは17~18万円(汗)
時給換算するとバイトの時給の方がいいですよね

こんな感じで悲惨な社畜生活を送ってる人が大半です。

50時間の残業ですと1日2~3時も残業をすることになります。
通勤や帰宅時間を考えると仕事のための拘束時間は尋常ではありません。

1日12時間も15時間も会社のために頑張ってると精神的にも肉体的に疲弊しますよね。

正社員の悲惨や労働や給料の事情を知ると、現在バイト生活でそれなりに有意義な生活を送っている人は「このままバイトのままでいいや」と短絡的に考えますが、この考えは危険ですね。

・バイトは使い捨ての人材
・給料はアップしません
・ボーナスはありません
・福利厚生や保険はありません

今だけを考えるとバイト人生の生活は幸せかもしれません。
しかし、10年後、20年後と長期間で自分の年収や福利厚生などの待遇を考えると、後々はバイト人生を後悔することになります。

バイトの欠点は自分の貴重な時間を切り売りしてる

時間の切り売りの件は正社員も派遣社員も同じような感じかもしれませんが、バイトの場合は一番悲惨です。

派遣社員はバイトよりマシで「正社員>派遣社員>バイト」な感じでしょうか。

派遣社員は別名「契約社員」ですので契約が更新されないと人生に焦りを感じますよね。
派遣社員もバイトと同じで適当に使える会社には便利な人材です。
要らなくなると解雇される…

時給は上がっても100円も上がれば嬉しい感じですよね。

仕事内容は誰もがやれる簡単な仕事がメインになるので今後役に立つスキルを得ることは困難です。
しょせんは雑用係なんですよね。

その点正社員は仕事は過酷で労働時間は長くて本当にしんどいです。
実際「正社員はしんどい」と嘆いてる人ばかりです。

しかし、しんどさはありますが、仕事の能力はアップするし、給料も年々アップします
10年正社員と10年バイトをしてた人の差は半端ありません。
スキル、コネクション、年収等など。

高校や大学を卒業した数年間はバイト(フリーター)でも問題はありません。

就職活動に失敗したり、自分のやりたいことが何か分からないですね。
大学生ならまだしも18歳の高校生に自分の生涯やりたいことを探させるのは酷です。

実際、「第二新卒」との言葉があります。
入社したのはいいけど数ヶ月や数年で離職した人向けの活動も盛んです。

バイト生活を5年も10年も継続する行為は愚行

バイトは簡単に解雇されますし、若くて同業種なら即採用されてお金に困ることはないかもしれませんが、30歳前の人材をバイトで雇用してくれる職場はガタンと減ります。年輩者は要りませんよね。

30歳で初めて就職活動しても自分にやる気があれば仕事は見付かりますが、学校を出た後5年も10年も気軽なフリーター生活をしていたらスキルらしいスキルはありませんので、なかなかいい会社に就職するのは苦戦するとはずです。

ブラックな営業会社は常時求人を募集してますので簡単に職は見付かりますが離職は半端なく早いと思います。
早い人だと半日なんてことも。

その点、嫌でも重責な案件を任されて5年10年と頑張っていた人はその間にスキルアップしてるでしょうし、自主退職やリストラで次の転職先を見付ける場合、簡単にいい会社は決まるケースは多いです。

バイトには将来性は皆無

男性だと結婚したら嫁や子供を養う必要はあります。
「子供は作らずに共稼ぎで頑張るんだ」と考えてる人にはいいですが、そんな人は稀ですよね。

女性は結婚するし、「このままバイト生活でも問題ないや」と計画するのはいいですが、もし結婚できなかった場合のリスクを考えると人生の末路は悲惨ですね。
「40代の独身のオバサンがコンビニで時給700円のバイト生活」

想像するだけでも負け組オーラ全開です(汗)

結婚問題以外だと自分が病気や怪我で長期療養が必要だったり、両親の介護が必要でまとまったお金を必要としても薄給のバイトだとお金を捻出できません。

中には「消費者金融や銀行カードローンでお金を借りればいいや」と安易な気持ちでいる人はいるかもしれませんが、「今月の生活費がピンチで…2万、3万とキャッシングする」のとは別次元の問題です。

数十万単位のお金はキャッシングだと審査に可決しませんしお金の工面を困難です。
だいたいバイト生活の人が月々キャッシングで借りたお金を返済する余裕なんてないはずですよね。

バイトは時間を切り売りしてるだけなので正社員と違って仕事を休むとお金にはなりません
骨折などで1ヶ月間休んだ場合の給料は0円になります。

しかし正社員の場合ですと福利厚生があるので1ヶ月間休んでも生活できるぐらいの給料はくれます。

20代の吸収力がある年齢に自分に負荷をかけてしっかりと責任ある仕事をやってキャリアを積んでおかないと後々の人生は破綻します。

・旅行に行く
・異性と遊ぶ
・能天気にダラダラと暮らす

本当に若い時のバイト生活は楽しいですが冷静に考えるまでもなく将来性はありません。

両親は呆れる

フリーターはニート(無職)ではありませんので、両親もニートに比べるとバイト生活の子供を許せるかもしれません。

しかし25歳や30歳にもなったいい大人が目的もなくバイト生活をしているのは悲惨は呆れます。
留学するのでバイトでお金を貯めてるなどの明確な理由があれば許されますが。

厳しい親父の家庭だと、もう日々喧嘩になります。

まとめ

バイト生活(フリーター)がダメではありませんが、自分の人生を長期的に考えると5年も10年も自分の人生から逃げてバイトや派遣社員なのは人生を損するだけですね。
もし「このままではヤバい」と少しでも危機感を持ってる人は将来性ある企業の正社員なる方が得策ですね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら