契約社員のクビ(雇い止め)。派遣切りを甘く考えていると乞食になる

契約社員はバイトの人間に比べると雇用は安定しているかもしれませんが、しょせんは正社員とは違った契約社員ですので会社が不景気になれば簡単にクビになります。
リーマンショック時の派遣切りは、かなり問題になってましたもんね。

仮にあなたが契約社員として尋常じゃないほど頑張っていたとしても、契約社員の扱いは悲惨なものです。
本当に虫けらのようにクビになります。

私の知り合いの女子は契約期間満了前に契約解除されてます。
預金もありませんし、次の職探しに困ってました。

クビになった女子は若ければ、とりあえずの仕事は見付かるのですが、彼女は既に35歳。
この年齢になると正社員は当然のことながら、契約社員の仕事は簡単には見付かりません。

バイトはありますが毎月の生活費を稼ぐだけのお金を稼げるだけのバイトを探すのは難しいです。
掛け持ちでバイトをして月に5万10万稼いでも生活は無理ですよね。

「契約期間まで2年はあるし、預金なんて無くても問題ないよ…」と安気な気持ちでいると、突然のクビで精神は崩壊することもあります。
35歳の彼女がいい例です(汗)

【関連記事】
>>自律神経失調症の人は転職しろ!ダメな会社に長くしても病状を悪化するだけ

>>派遣から正社員へ。なれる人は極わずか。私なら最初から正社員で入社する

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

契約社員は簡単にクビになる

今は激動のご時世で企業は1年1年が勝負な感じです。
仮に今年の業績を良かったとしても、翌年は莫大な赤字を抱えることになるかもしれません。

一過性の赤字であれば、そんなに問題はないかもしれませんが、長期的な赤字が予想される場合は企業の戦略変更や人件費を抑制するために人材をリストラしますよね。

正社員は簡単に解雇できませんので、まずは有期雇用労働者がリストラの餌食になります
有期雇用労働者とは派遣社員や契約社員のことですね。

正社員を大それた理由もなく解雇すると不当解雇で問題になる

20代後半以降の人は嫁、子供と扶養家族もいるので、もしクビにするとこの点の問題も大変です。路頭に迷う人が増える。

大企業が正社員を大量解雇するとマスコミがバンバンと騒ぐので企業のイメージも下がり、その影響で、その企業の商品やサービスを使う人が減るので売上も下がります。その点も影響大です。

契約社員をクビにする場合だと、そんなに騒がれませんよね。

しかし、そんな契約社員も簡単にクビにはできません

人材派遣会社と企業側の契約の問題もあるし、契約社員にも生活があります。

リーマンショックの時は特別でしょうが、マツダや日産などの自動車工場に従事していた契約社員はクビにされて橋の下で生活していましたもんね。

基本クビになりやすい契約社員ではありますが、そんな契約社員でもそんなに簡単に解雇できるわけではありません。

契約社員は3ヶ月、半年や1年などの期間限定の社員です。長い場合だと2年、3年のパターンもありますが、契約社員の契約期間はそんなに長くはありません。

会社側が本当に経営状態がヤバいと感じた場合は解雇されることもありますが、基本はクビと言うよりは契約が更新されない感じですね。

悲しい話にはなりますが、契約社員の存在意義は「雇用の調整弁」なんですよね。

企業の景気が良ければバンバンと契約社員を雇用しますが、業績が悪化すれば契約は更新されなくて「さようなら」になります。

雇い止めは違法なのか

雇い止めとは…期間の定めのある雇用契約において、雇用期間が満了したときに使用者が契約を更新せずに、労働者を辞めさせること。

引用元:https://kotobank.jp/

いくら契約社員とは言っても、その人の生活はあります。
ガンガン預金できるだけの給料をもらっているのであれば、契約が更新されなくても預金を食いつぶして、その間に職は探せます。

しかし事務や工場などで働いてる契約社員は薄給も薄給。
年収200~300万円のワーキングプア層なんです。

こんな薄給だと極貧生活をしても月に1万円預金できれば嬉しいレベルですよね。

私の言いたいことは、契約社員(やバイト)は雇用の調整弁であることはしかたありません。

企業側も不景気な時は過剰な人材を解雇して、経営をスリム化したい…その気持ちはわかります。
過剰な人材を抱えることで企業の業績が圧迫すると、それはそれで本末転倒になります。

仮に契約を更新しないとしても、ゴミのように捨てられると契約社員の人生は悲惨になりますので、役所(厚生労働省)も一定の基準を設けてます。
・更新期間をしっかり伝える
・更新をされない理由の明確化
・本当に短い契約期間はNG
・もし雇い止めをする場合、30日前までに伝える
しかしこれには条件があり、1年以上同じ派遣先で働いているor3回以上契約が更新されている場合なんですよね。

…こんな感じなら、「雇い止めに異議あり!」と反論は可能なんですよね。

しかし弱小の零細企業の場合はともかくとして、それなりの企業なら、その点の問題は熟知してるはずですのでクビにされて泣くだけですよね。

契約社員は自分の将来を考える

契約社員やアルバイトは安く使える利便性の高い人材なだけです…この重要な点を忘れてる人は多いです。

契約社員で企業に派遣されて、その生活が半年も1年も継続すると、自分はその会社の正社員と勘違いして、「私はこのままで安泰…」と錯覚を起こす人もいます。

事実、この記事を読まれてる方の一部もそんな感じになってませんかw

後の結婚がスタンバイしている女子の方なら精神的にも肉体的に負担の少ない契約社員でいることは問題ないかもしれません。

しかしスキルアップもしない年収もアップしない雇用も不安定な契約社員でのんびりと過ごしているのでは大問題です。

その解決策は現実に直面して1日でも早く正社員になることです。

人材派遣会社のハタラクティブは契約社員で頑張っていると最低半年間ほどで正社員に登用される派遣先企業を紹介してくれる。

もしこのまま頑張っても正社員になれないのなら契約社員で生活費を稼ぎながら安定した正社員の仕事を探すことに注力しないと人生は破綻します。

契約社員やバイトは「とりあえずの仕事」ですので1日でも早く正社員へのランクアップをした方が堅実ですね。

正社員も企業に搾取されておりますが、契約社員やバイトは企業側にもっとうまい具合に利用されているだけです。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら