Webディレクターは高年収で1000万円。未経験、資格不要で転職OK

今後も伸びる業界はIT業界

この業界が簡単に衰退することは考え難いですよね。

ホームページ作成、アプリ開発、、BtoBやBtoCなど、その会社(社長)のやり方次第ではガンガン伸びますよね。
社長の戦略がダメな場合は、どんなに伸びてる産業でも倒産はしますがw

なのでプログラマーやWebデザイナー、コーダー、SEなどの仕事はバンバンあります。

「今後の私の人生はWeb業界で頑張る」と思って転職を考えたとしても、

・デザインセンスはゼロw
・プログラムは呪文に見えるw
・使えるのはパワーポイントとエクセルだけw

こんな感じの人は多いです。
私もそんな感じです(汗)

Web業界だからと言って、これらのスキルが無くとも働ける職業はあり、
・Webプロデューサー
・Webディレクター
・Webプランナー
・Webマーケター
・Webアナリスト
こんな感じで色々あります。

そこで今回紹介するのがWebディレクターなんですよね。

役職的には「Webプロデューサー>Webディレクター>Webプランナー」こんな感じ。
一番重責なのはWebプロデューサーです。

Webディレクターは何をするか?

簡単に言えば、サイトやアプリなどの開発陣とクライアントの仲介役なんです。

クライアントは開発陣との話合いになるのではなくて、誰か代表的な人物と話します。

未経験や資格なしで転職OKな理由

プログラマーやデザイナーになるのは、努力も当然大切ではあります。

しかし、たいがいの人は持って生まれたセンスに学習や努力を重ねることで一人前になってます。

ぶっちゃけた話、センスのない人間は頑張っても頑張っても本業でWEBデザイナーやプログラマーにはなりません。

Webディレクターの場合だと知識は専門家レベルにならなくていい。
要はクライアントと開発陣との橋渡しができるレベルでいいので、この仕事に興味のある人であればなれます。

開発陣とは違って、部屋の暗闇で誰とも話すことなく黙々淡々とモニターと睨めっこしてるのとは違い、クライアントはもちろん、開発陣とも話しをしますので、根暗な会社人生を歩む必要はありませんw

橋渡し的な役職なので、中間管理職同様、板挟みになり、人によっては精神的な苦痛を伴う仕事かもしれませんが、今後もなくなることのない仕事です。

月曜日に会社に行くことに極度の不安を感じる人はうつ病の兆候?

元営業マンはもちろん、今後はWEB業界で給料をもらうぞと考えてる人はドンドン転職してますよね…

WEB業界とは言っても本当に広い

最近だとアフィリエイトと言って個人レベルで稼いでる人、例えばブロガーなんかはそうですよね。

法人レベルだと、スマホアプリ開発、システム開発、ネットショップの構築、SEOなど実際にやることは多岐にあります。
アプリ系やネットショップ構築などは、今後もドンドン伸びますよね。

実際、スマホでゲームをしたり、ネットショップで買い物をしたりしてる人は、以前に比べると本当に多くなりましたが、まだまだ比率的には少ないです。

開発などの仕事はあるが、その仕事のまとめ役、折衝役がいないことには話は進みません。

さすがに業界大手となると、中途採用の場合は経験者優遇であったり、金に物を言わせてヘッドハンティングしたり、新卒を入社させてじっくり教育したり…となかなか入社することは困難です。

しかしWeb業界は零細から中小企業など、その会社数は尋常ではありません。
たぶん東京や大阪、名古屋などの都会なら求人数は半端なくあるはずですね。

それに今は零細(ベンチャー)企業であるかもしれませんが、10年後15年後、その会社は大きく飛躍してる可能性もあります。

楽天やDeNA、サイバーエージェントも最近までは、まだまだベンチャーだったんですよね。

働くにあたり一番大切な部分は年収

どんなに楽しい仕事で、どんなに人間関係の素晴らしい職場であっても、給料手取り15万円では自分一人も生活はできず、本業が終わった後に、それこそブロガーになってお金を稼ぐ必要がありますw

そんなブロガーも稼いでるのは、ほんの一部ですよね。競争は激しいです。

大半の人は睡眠時間を削って日々文章を書きまくり月1万円あればいい感じですよね。
時給換算すると100円以下です…汗

文章を書くことが好きなら時給100円でも問題はありませんが、お金を稼ぐためにブロガーになるのは愚策ですね。

月10万円以上稼いでるブロガーは氷山の一角です。

Webディレクターの年収

年収は零細だろうが中企業であろうが、今現在ガンガンとノッてる会社であれば、けっこうな年収をくれるはずです。

Webディレクターの年収は、
20代 370万円
30代 470万円
40代 560万円

平均年収は450万円ほどと、そんなに大金をくれるわけではありませんが、薄給激務に泣くWeb業界の中では高給取りの職種です。

今後も重要増のポストですし、伸びてる会社で実績を出せばば年収1000万円以上も問題はないと思うんですよね。

なんせこの業界は投資に対するリターン(利益)は半端ありませんもん。

普通の製造業などで営業利益50%や70%は考えられません

だいたい工場の場合だと、激安格安の工場を建設したとしても数億円。
ちょっとデカクなれば数十億円規模は簡単です。

しかし、Web業界の場合はデカイ投資って人件費だけなんでボロ儲けなんですよね。

もし未経験でWebディレクターになった場合は年収300~400万円スタート。
その後、会社の業績善し悪しやあなた自身の成果により年収1000万円前後にもなります。

激務なのは間違いありませんが、会社員で年収1000万円をもらえれば御の字ではないでしょうか。
早い人だと5、6年で年収300万円⇒年収1000万円になります。

これだけの収入をくれる実力があるのなら、それこそ大手で雇用される確率も格段にアップしますよね。
自分に実力があれば中小から大手に転職すればいいんです。

それに私はWeb業界に対して「すごくいいなー」と感じる点は、日本の悪しき習慣である呆れた年功序列システムにそんなにとらわれてない点です。

私は「年功序列=社会悪」とは思ってませんが、業種や職種によっては、すごく足を引っ張ってる制度だと思うんです。

できる社員は年齢や勤続年数などは関係なく、さっさと役職を与え、年収1000万円なんてお金はさっさとあげればいいですね。

ただ、その代わり成果が出せなければ下がる…これでいいのではありませんか。

転職エージェントを使わないと損よ

別にWebディレクターじゃなくてもいいので、本気でIT業界に従事して成果を出して、スキルアップを高給を目指すんだと野心に燃えてる人は、自己流で地道に探すんじゃなくて転職のプロである転職エージェントに任せばいい!

自分のキャリア、自分の希望を伝えれば、担当がなんとしてでも、あなたの理想とする会社、職場、職種を見付けてくれて、内定まで真摯に指示出しをしてくれます。

この業界は、若い人材を欲しがってる傾向があるのは間違いありません。
経験者は別ですが、未経験で30歳を過ぎてる場合は、家族の了解をもらって迅速に転職活動をした方がいいです!

IT業界は今後も熱いはずです。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら