毎日の残業が2時間、3時間と慢性化してる会社はうつ病になるだけ!今すぐ転職?

日本企業の大半は、正社員を社畜と思ってるのか、何なのか知りませんが、平然と遅くまで仕事させます。

朝は早くから仕事させられて、夜は終電で帰る…日々当たり前のように、こんだけ働いてると心も体も疲れまくりよね。

中には残業代なんて、まったく払ってくれない会社もある。
年収で1000万円ほどくれるのであれば、長時間労働も、まだ許せます。しかし、正社員を社畜扱いしてる会社が高年収であるケースは少ないです。

例えばです。
盆や年末年始の長期休暇前、繁忙期、何らかのクレームやトラブルの対処などで、月に数回長時間働くことになるのはしかたありませんが、残業が毎日毎日3時間も4時間もあるような会社だと、いい加減疲れます。

30歳半ばぐらいまでであれば、体力があるので頑張れますが、それ以降は体力は段々と落ちてくるので、疲れやストレスは半端ありません。実際、年輩社員は疲弊してませんかw

東京や大阪などの都会に住んでる人だと通勤や帰宅にも時間がかかる。自宅から職場まで1時間以上かけて通勤してる人はごまんといます。

この問題は会社側には責任はありませんが、労働時間にプラスして、無駄に時間が加算されるのは号泣したくなります。

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

残業が慢性化してる会社はさっさと辞める!

残業があることは仕方がないと思いますが、早出や残業が当然になり、社員を社畜扱いしてる会社は、さっさと職探しをした方がいいです。
それはちゃんと残業手当を払ってくれていてもです。

もしこれだけ働かされて残業代金を払ってくれないブラック企業の場合は、今すぐ!次の職を探した方がいいです。

悪いことは言いません…若い人はいいかもしれませんが、自分が40歳代や50歳代になった時のことを考えてみてください。もうヨレヨレになってますよw

40代、50代でも転職先はいくらでもある

実際年輩者も、「これ以上今の会社で働くことは無理だわ…」と限界を感じてる場合はやめて転職すればいいんです。

年輩者には転職先なんかないんだ!」と固定観念があるかもしれませんが、年輩者は年輩者で長年の勤務で得られたスキルや経験があるので、同業種の場合は意外と仕事はあるもんです。

私の知り合いの40歳半ばの人は営業マンです。
「営業なんか、どこでもやること同じ(笑)給料がいいとこあれば、すぐ転職する」

こんな気軽なノリで、私が知ってるだけでも、彼は2回転職して、実際に年収はアップしてます。

ほんと薄給激務のダメ会社に長くいてもメリットは少ないです。
「もうこんな会社いても意味ないわ」と感じた地点で、勇気をもって転職すればいいんです。

毎日毎日10時間以上の労働はめちゃ

8時、9時まで仕事をした場合、まあ実働で10時間ほどは働くことになります。
これだけの時間、毎日毎日働くのは、役所が定める「過労死ライン」に抵触します。

現在の労働行政では、一応、過労死ラインは80時間(月に20日出勤とすると、1日4時間以上の残業・12時間労働)とされています。これは、健康障害の発症2~6ヶ月間で平均80時間を超える時間外労働をしている場合、健康障害と長時間労働の因果関係を認めやすいという目安です。

引用元:https://roudou-pro.com/

実際、これだけ働いていても「過労死?俺は全然平気だよ」と感じてるかもしれませんが、実際は超過労働なんです。
若く元気で仕事マニアの人は平気かもしれませんが、第三者から見ると異常自体なんです。

大半の人が、これ以上仕事をするのは無理と嘆いてます。

前述してますが、仕事の時間にプラスして、会社を往復する時間もあるわけです。都会在住の人だと、その往復時間に2時間以上かかる。めちゃでしかありません(汗)

こんな惨状が毎日毎日、しかも10年も20年も続くことを考えると、人によっては間違いなく神経症になりますよね。
この状況にプラスして人間関係が最悪だった場合は、もう早い段階でうつ病や自律神経失調症を発症しますよ(汗)

今やうつ病の怖さは一般化してますが、うつ病になるとニート化してしまい仕事どころではなくなりますよね。

うつ病も重病化してなければ半年や1年ほどで仕事には復帰できますが、いったんうつ病になると、社会復帰したとこで、以前のようにバリバリ頑張れません。心の病気は大変なんですよね。

またブラック企業に転職したら

「このままじゃあダメだ!転職しなければ…」と頭の中では思っていても、転職って怖いですよね。

怖いという言い方はおかしいかもしれませんが、「今の会社以上にブラックだったら…」と変な想像をし出すと怖いですよね。

どの会社も事前資料や面接だと、メリットばかり並べてデメリットはひたすら隠す企業が多いです。

もしそんな恐怖があるのなら転職エージェントを使って転職をすれば「失敗」は、ほぼ間違いなく回避できるはずです。

転職エージェントは、求職者に素晴らしい企業を斡旋するのが仕事なので、転職エージェントが扱う企業にダメ会社はめちゃ少ないです。

弱小のダメな転職エージェントを使うと、企業の審査がイマイチだったりして、一歩間違うと、またブラック企業に就職してしまい、また転職をするはめに…。そうなると嫁と両親に呆れられますよね。

なので、大手転職エージェントを選択しておけば、再度ブラック企業で社畜になるなんて、悲惨なことにはならないはずです(キッパリ)

残業を平然とやらす会社にろくな会社はありませんよ!

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら