在職中に転職活動するのは堅実。退職後に転職活動した場合のデメリット

新卒で入社したのはいいですが、実際入社してみると、
・自分が考えてた会社と違う
・営業希望だったのに地味な裏方だったりw
・サービス残業の時間が半端なかったり
色んなダメ要因が重なり、「もうこの会社は退職して、転職しよ」と考える人は多いですよね。

この傾向は新卒の人には多いですね。

新卒組は働いたことがない人や、労働経験あってもバイトぐらいなので、理想と現実のギャップにやられますよね。

転職組も同じような感じですよね…社会人経験があっても会社選びに失敗するw

話が逸れました。すいません。本題ですね。

【関連記事】
>>残業40時間は長時間労働?残業が嫌で悩んでる人。私は嫌よw

>>20代で無職やフリーターのままではダメ人間w 早く正社員になるコツ

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

在職中の転職活動は当然の行為です

私の知り合いが以前言っていたのですが、「在職中に次の仕事を探すって違法じゃないの?」と。
違法ってw
以前在職中に仕事を探していた私に言いました(笑)

確かに会社の就業規則などではNG行為かもしれませんが、在職中に転職活動をすることが違法なんてことはありません
逮捕事例なんかゼロだしw

就業規則はただのルール…学校で言えば校則みたいなもん。別に破っても問題になるぐらいです。

就業規則では「在職中の転職活動はNG」とか「副業NG」とかありますが、在職中に副業をやってる人はごまんといます。

事実私の知り合いは、最近副業ではやってるブロガーになり、「月15万円前後をコンスタントに稼いでるよ」と言ってました。

極端な話、全て自分で文章を書くので経費は月1000円も要らん。「稼げる副業だよ」と喜んでました。

会社員の副業でブロガー、アフィリエイト、転売ビジネスがはやる理由はよくわかります

空いた時間に低資本でビジネスできるし。
顔出しでもしない限り会社に副業がバレることはないし。
メリットばっかりですよね…

退職後の転職活動はデメリットたくさん

よく在職中の転職活動は「時間が無いから無理~」と、律儀に会社を辞めてから転職活動に入る人もいますが、私はそれには賛成しません。

一番の理由は「お金」ですね。

転職エージェントを使った転職活動で内定をもらうまでの期間は2~3ヶ月ほどなんです。

転職時の年齢や希望の会社の難易度により、内定をもらうまでの期間は違いますが、たいがいは3ヶ月間ほどあればじゅうぶんなんです。

会社を辞めたら、即失業保険をくれると思ってる人がいます。
確かに会社都合の場合は、すぐに失業保険を払ってくれますが、自己都合の場合は支給開始まで3ヶ月間はかかります。

要は自分の預金を払い出す生活になるので金欠になる可能性大ですよね。
何百万円も預金がある人はいいですが、そんな人は極少数だし。

それに失業保険はくれても3ヶ月間で50万円ほどだしw 

ありがたい制度ですがこれでは話になりません(汗)
嫁に蹴られますよ。月割で16万円ほどでしょ。

私も本業を適当にやりながら、転職エージェントを使って転職活動した結果、内定は2ヶ月ほどでした。

今の会社なんて、薄給激務やダメな人間関係などが原因でやめるんだし、転職活動中は職場の連中に睨まれん程度に適当にやっておけばいいです。

外回りの営業マンなどの方でサボれる環境にある人は、どうせ後日いい会社に転職して、今の会社は辞める覚悟があるんでしょ。
その覚悟があるのなら、今の会社の仕事なんて適当にやっておけばいいです。まじで。

今の会社はただのお金をもらうためのツールぐらいに考えておけばいいです。
だってサービス残業は散々したでしょ。

中には責任感満々の人もいるはずです。そんな人は頑張ればいいです。
私の場合は適当にしか仕事はしませんがw なんせあほらしいです。

ただ、在職中に転職活動をするにおいて、やはりバレるとヤバい人もいるわけです。
副業もそうですが、バレるとヤバい。

余談にはなりますが、ネット上でお金儲け情報(情報商材)を販売して年収数億円を稼がれてる小玉歩氏も最初は副業だったそうです。
なんと上場企業のキャノン(だったかな?)

最終的に彼は退職か?副業か?を選択することになり、退職の道を選んで、今現在があるようです。

上場企業のエリートとは言っても40歳くらいで年収1000万円ですか?

人生なんてしょせんはお金なんだし、お金を稼ぐ能力のある人は、会社組織なんかに属してないで、早い段階で独立すればいいと思う。

副業もそうだよね…会社のために死ぬ気で忠誠を誓って働いても、会社が傾けば簡単にリストラされるし(汗)

転職活動がバレるとヤバい人向けの対策

バレる可能性が一番高いのは身内なんですよね。

例えば、あなたが仲良しのA君に「僕は今、転職エージェント経由で転職活動中なんだよ」と。

A君がB君に、B君がC君に…この流れで拡散してしまうんですよね。最後、上司や先輩に知れ渡る。

中にはやたらと温情のある上司や先輩がいますよね。

そんな人に転職活動がバレると面倒なんです…「なんで辞めるんだ。今後も俺達と頑張ろうぜ」みたいな。ウザい(けど、嬉しいw)

こんな事を言われると、人間誰もが良い意味で感情的になり、涙腺が緩み、「ダメな会社だけど、このままこの会社にいるか」みたいな気持ちになります。

温情や義理人情で説得してくれるのは嬉しい半面、ダメ会社だから転職活動してるので、ある種の妨害行為なんですよね。

なので、転職活動をしてることを会社の人間に伝えるのはいい。
しかし、信用できる人間以外は絶対にばらさないに限りますね。

社内で転職活動するのはNG

昼の休憩時間や提示が終わった後、会社のパソコンで転職系のサイトを見るのは御法度ですよ。

これは大概の人は知ってると思いますが、大手企業のパソコンは、誰がどんなサイトを見てるのか?この点はしっかり把握してます。

社内のWi-Fi回線を使って、自分のスマホで見る行為もアウトです。

4G回線にするか、モバイルルーターを使うのが一番です。
(私はデータを喰うインスタグラムにハマっているので、常にモバイルルーターは持ってます。)

ただ、これはそれなりに規模のある会社に限っての話ですが。

零細企業でもブラウザの履歴を削除することを忘れたりしてバレバレになることも(汗)

あと間違っても会社のメルアドで転職エージェントや転職サイトに登録しないように…w

そんな小学生みたいな失態をする人はいないと思いますが、念のため…。

Gmailやyahooなどのメールを使うといいです。

私はgmailもyahooメールも使ってますが、Gmailは使い勝手が悪い?
慣れれば問題はありませんが、慣れるまでが面倒です!なので気軽にメールを使いたい人はyahooメールでしょうか。

いくらスマホが便利だとは言っても、やはり色んな点でパソコンの方が楽ですもんね。
特に入力作業。スマホだと面倒ですわ(汗)

変な行動は怪しまれる

作業服がある人は私服で通勤しますよね。
それなりに面接がある日はスーツで登場すると周囲は唖然とします。「どうしたの?」ってなりますよね。

しかし電車通勤の人はコインロッカーにスーツをしまっておかないと、隠す場所はありませんよね。

普段から意味もないのに堅苦しいスーツ姿で出勤するのも違和感あるし、めんどうではありますが、コインロッカーにスーツを隠し、駅のトイレで着替えて面接に出陣するのがいいですね。

片道1時間かけて帰宅してスーツに着替え、また面接場所に向かうのは、恐ろしく非効率です。
これはこれでなかなか難しい問題ですね。

有休や早退、遅刻が増える

転職エージェントや面接などの関係で定時帰宅や遅出、早退なんかも増えると「なんか怪しいわ、コイツ」となります。

転職エージェントを介入させて転職活動してる場合は、転職エージェントがその辺の事情を加味してくれるので、転職サイトを使って独立独歩で職探しをする場合と比べて楽です。

ブラック企業に再就職しないためには、何回も私は言いますが「転職サイト」より「転職エージェント」なんです。

いくらリクナビNEXTが凄いとは言っても、転職サイトでは企業の内部事情までは詳細にわからんと思うんです。
転職エージェントの場合は社員さんが企業を訪問して企業をちゃんと精査してますので、この点は安心できますよね。

時間がない人は転職エージェントに自分の希望を伝えておけば、担当者があなたの希望の会社・職種を見付けてくれます
これこそが転職エージェントの醍醐味で、転職サイトでは丸投げは考えらえません。

それに自分の適性年収もわかったりしますし。

転職サイトを使った転職ではあまり考えられませんが、転職エージェントを使った転職の場合、以前の会社に比べて年収が200万円もアップしたなんて話もあります。
もちろん、休日数などは同じで。

転職サイトってサイトを閲覧しまくって自分で会社情報を調べまくるしかありませんもん。
書かれてる条件も本当?嘘か?わからんしw

面接は通常平日の昼間が一般的だし、月に2回も3回も早出や早退などがあると「あらら?」と穿った目で見られる可能性はありますね。

ただ、最近だと有休を使った面接をカモフラージュするためにインスタグラム、FBに遊んでる偽情報をアップすることも可能です。
一部の人はそんなカモフラ作戦をやってるみたいです。
愛人や浮気相手がいる人にはいいかもw

面接に行った時、自社の営業マンに偶然遭遇したりする可能性も…w 
まあそれは稀ですし、まあ辞める覚悟満々だし、外回りの人間にあっても「ハーイ」って感じですかね。

あとは私がやめるタイミングとしてはボーナスをもらった後ですね。

それより早く、今の会社は辞めて転職したい!と考えてる人はその限りではありませんが、お金は1円でも多く貰ってトンヅラした方がいいです。
退職金が出るか?否かも重要ですね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら