転職2回目の20代が問題なく転職を成功させる。脱ブラック企業

正直、転職回数は多いより少ない方がいいに決まってます。

もしあなたが人事側の人であれば、半年や1年などの短期間で、頻繁に転職しまくってる人材と、未だに転職をしたことがなく我慢して仕事をしてきた人材のどっちを採用するか?と言われれば後者になりますよね。

ただ、後者の人材も転職への勇気がない、ただの根性なしの場合もありますがw

一般的に言われてることは20代のうちの転職回数は多くて3回までが限界でしょうか?

20代で5回も6回も転職回数のある人間を雇用するのは、人事も勇気がいりますよね。

私が人事なら書類審査で不合格ですw

【関連記事】
>>在職中に転職活動するのは堅実。退職後に転職活動した場合のデメリット

>>残業40時間は長時間労働?残業が嫌で悩んでる人。私は嫌よw

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

20代は転職経験があって当然

20代がする2回目の転職に関しては、私は全然OKだと思います。転職3回目も。
なんせ初の社会人なんです。

今までバイトしかしたことがなった人間がフルタイムの会社員生活をするんです。

「仕事内容が合わずに悩んだり」
「ブラック企業に就職してしまい、サービス残業のオンパレードだったり」
その他を原因として辞めることはありますよね。

これが30代後半以降になると、次の転職先がなかなか見付からないことから、今の会社で我慢することになります。

しかし、20代の若手だと需要は半端ありませんので、「よし!今の会社はダメだったので、次の会社で勝負してみるか!」との考えが頭を過りますよね。

私が同様の境遇ならさっさと転職しますよ。まじで。

事実、「第二新卒」って言葉があるように、この市場の大きさは半端ありません。
※第二新卒…新卒で入社して3年未満の求職者

日本は欧米とは違い、新卒で入社したら定年退職まで、その企業に身を捧げなければならない…
こんな風潮でしたが、今は昔と違って簡単に会社は倒産するし、リストラ普通だし(汗)終わってますね。

要は終身雇用や退職金を期待してると、ただの社畜として終わります
薄給激務を我慢できるのも終身雇用と退職金の縛りがあったからなんです。

なので、私が言うまでもありませんが、「今の会社がダメだな!」と感じたら、自分に需要があるうち(=20代のうち、遅くても35歳ぐらいまで)に転職すればいいんです。

今はそんな時代ですね。どうせ社員なんて使い捨てだし。

転職2回目はもちろんのこと、転職3回目も、私は問題ないと思います

ただ、「仕事が行くの面倒だ」「ハゲの上司が嫌い」などの幼稚な理由での転職は言語道断ですがw
しかし気持ちはわかる(汗)

転職に転職を重ねて脱ブラック企業

以前私の知り合いAは、新卒で入社した会社がサービス残業ばかりのブラック企業で過労で倒れそうになり転職しました。
次の会社も月に40時間以上も平気で残業させられるブラック企業で転職しました。

要は短期間の間に2回辞めた

3回目の転職活動は転職エージェントを介したので、3社目でやっと自分の満足のゆく会社で出会えたと喜んでました。

この知り合いAが、案外簡単に転職先を見付けることができたのは、20代で若かったのが勝因の一つですね。
これが40代のオジサンだったら悪戦苦闘は間違いありません。

ステップダウン転職であれば40代でも50代でも問題はありません。
運送業やドカタは慢性的な人手不足ですし。

このAさんは過去2社の会社は1年前後で辞職してます。
これが「石の上3年根性」で頑張っていれば、ガチで心身ともに疲弊して、うつ病や不安障害になっていた可能性もあります。

自分の親に相談すると「最低3年は同じとこで頑張れ!」と説教するもんね。

確かにその気持ちはわからなくはありませんが、ブラック企業に3年もいたら変になります。

体力バリバリのワーカホリックの人は、ブラック企業万歳ですが、普通の人には無理ですよね。

尋常ではないサービス残業にプラスしてパワハラ被害、女子だとセクハラ被害などがあれば、会社生活は、まさに社畜だと思うんです。

こんな事態を考えると、もしあなたが転職の有利な20代であれば、履歴書に傷が付いても転職はするべきです。2回目や3回目は問題ありません。

転職先の人事は「なんで転職したの?」とその理由を尋ねてくるはずです。それはそれで過去の被害をしっかり言えばいいんですよ。それだけ。
別に恥じることではありませんし…

転職する時期を考える

入社してからの転職のタイミングになりますが、人事は半年以下・1年・1年以上と3パターンに分けて評価します。

やはり1年以上が一番高く評価されますが、別に1年未満でも恥じることはありません。なんせブラック企業にいたんだし。

また、自分に非がある場合は言い難いですが、しかたありませんね。
自分には仕事内容は合いませんでした…等など。

若い人は社会人経験が少ないので、自分が気にするほど、人事の人は、過去はそんなに気にしません。

ただ、自分が短期離職した原因、それに対する反省や今後の改善点をしっかりと説明できる必要はあります。
いくらブラック企業が悪いとは言っても、その会社で長年働いてる人はいるわけだし。

しかしながら、転職回数が多いとハンデはありますので、転職サイトなどで自分で仕事を探し、自分で書類審査や面接を突破することは、なかなか困難です。

もしあなたが同じ過ちを繰り返し、
・薄給激務のブラック企業
・離職率の半端ない怪しい商品を売るガチガチ歩合給の営業マン
などで頑張るのなら「転職サイトや求人サイトで求人を見付けて応募すれば!」と私は言います。

あとハローワークも転職サイトと同じような感じでブラック企業が多い傾向にあります
ハローワークは求人を無料で出せるし、ハローワーク側の企業審査もズブズブですね。

なので、もし本気で長く勤められるまっとうな企業に再就職したい場合は転職エージェントを使って、担当の方と二人三脚で転職先を決めるのが確実ですね。

転職活動するにはお金がかかります

このお金は生活費のことですね。

失業保険が適用されるには1年ほどは勤務しておく必要があります。
しかし短期離職者の場合は、失業保険をもらう権利はありません(汗)

それに失業保険は自己都合での退職の場合、支給開始は退職後3ヶ月してからだし、くれる金額も微々たるもんです。
東京で一人暮らしをしてる人には厳しい金額ですよ(汗)

短期離職で、それなりの金額の失業保険をすぐくれるのであれば、ぐうたら人間は制度を悪用しますよね。

転職エージェントを使った転職活動だと、だいたい2~3ヶ月で決まります。早い人だと一ヶ月。
この点は自分の希望する会社などとの兼ね合いがあるので、早い人もいれば遅い人も。

私が言いたいことは預金が必要だってことです。

親元に住んでおり、親が金銭援助してくれるのであれば、貯金は微々たるもんでOKかもしれませんが、そうじゃない人は30~50万円は預金がないと厳しいですよね。

預金がない人はバイト生活を送りながら転職活動になるかもしれませんね。

なんせ薄給が原因で辞めてる人は多いはずだし、お金なんか貯まるはずはありませんよね。

心が病んでる人は、まずは休息が必要

セクハラ、パワハラ、無理なノルマ、薄給激務など、がちんこでしんどい思いをしてきた人は心が疲れて、うつ病気味な人もいますよね。

もし完全なうつ病では転職どころではありませんから、心療内科の先生にお願いしてるはずです。

私の言いたいことはバイトを決めるのとは違って、長~く働ける会社を探すって神経がすり減るじゃないですか。
新卒で経験してると思いますが、疲れるでしょ。就職活動は。

転職エージェントの担当と一緒に頑張れば、いい会社に早い段階で内定を貰えるとは思いますが、人によってはなかなかの場合もあります。

2ヶ月経っても3ヶ月経っても企業が内定をくれないと、頭が変になり、自己嫌悪状態になる人いますよね…

「俺は何やってもダメな人間なんだみたいな…」(汗)

もし本当にうつ病になってしまうと危険です。なんでも自己嫌悪、なんでも自己否定して外出どころではなくなります。
私の友人はうつ病になり廃人みたいになりました(友人がうつ病になった原因は詐欺師にお金を騙し取られました)

なので、心がヤバいと感じた時には、親元に帰り転職活動を休止するのもありですね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら