高卒ニートの女子でも簡単に仕事は見付かるもんだ。無職のニートは親に心配をさせないで

私は高校の時「ブス、ブス」と周りからイジメられて、三年生の二学期ぐらいから不登校になりました。

先生の計らいで、不登校ではありましたが、卒業はなんとかできました。今から思えば先生には本当に助けられました。

学校もろくに行ってなかった人間なので、卒業後はバイトすらせずにニートでした。

容姿の劣等感は悲惨ですよね…汗

学校での件がトラウマになり「職場でも、またブスとイジメられるのでは…」と考えると、精神的な重圧がありました。

ただ、ニート生活も半年、1年経つと、世間体やその他の問題で親兄弟を筆頭に悪く感じ始めます。

近所の人達にヒソヒソ言われるし…私も辛いですが、親はもっと辛いです。

私よりブスデブな女子であっても学校、会社と精力的に頑張ってる人はたくさんいる。

【関連記事】
>>バイト生活は楽しいけど将来は不安しかありません。30代でフリーターは負け組

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

ニートは現実逃避してるだけのメンタルの弱い人間

ニート生活は2年を過ぎたぐらいから「私もそろそろ仕事しないとね」となりました。

私は新卒で就職した経験はありませんでしたから、就職活動の手順を知りませんでした。

スマホで調べると、職探しはハローワークや求人サイトなどで探しても失敗するケースが多い。
いい会社に入るために大手の転職エージェント(新卒も可)を上手に使って就職することでした

要は職探しのプロと一緒に職場を決めるんですね。

一人で職探しをするよりも職探しのプロと一緒に仕事を探す方が確実です。誰が考えても当然ですよね。
全ては無料だし、今の時代は転職エージェントは使わないと損になります。

私は大手転職エージェントの「リクナビエージェント」と「DODA」に登録をして就職活動を始めました。
2ヶ月ほどで地元の中堅企業の事務仕事の内定をもらうことに成功しました。

職場を決めることは大変なことです。特に家族のいる男性の場合ね。
最近の人は就職活動をする時は、ほぼ間違いなく転職エージェントを使ってるようですね。

給料の存在はやる気をアップさせる

ニートの時は朝も自分の好きな時間に起床して、昼も寝たくなれば昼寝する感じでした。
過去を思えば落後者ですねw

社員になると仕事を始めたら朝9~夕方5時までの間は会社に拘束されて社畜になるわけですよね。
途中小休止や昼休みの時間はありますが、ニート生活に比べると地獄ですよね。

今は慣れましたが、最初の半年間は仕事中も帰宅後も心身は疲れまくってました。

さすがに高校も卒業後2年間以上ニートをしてただけに精神力も体力もヨレヨレでした。典型的なダメ人間ですね(汗)

私は何回も何回も「またニートに戻ろうか」と考えましたw

ただ、実際にニートに戻ると親兄弟に迷惑はかかるし、またダメ人間の王道になるのでダメですが。

メンタルの弱い私が、何とか正社員を頑張れたのはお金の問題ですね

ニートだと、親から月数万円のお金を貰ってる程度でしたが、正社員だと、私の場合は手取り18万円前後~でした。
ボーナスもくれる。

ボーナスは1ヶ月分です。それでも通常の月収にプラスして20万円ほどをくれるのは嬉しいです。
それが夏と冬の年二回ある。

ニートをしていたことがアホらしくなりますw

知り合いにはフリーターや派遣社員の人がいます。そんな人はボーナスとは無縁なんですよね。

派遣社員は、人材派遣会社や派遣先に企業により数万円の寸志はくれるそうですが、フリーターはNGですね。ボーナスはくれません。

薄給で適当に使われて終わりですね。
雇用保険も加入してないし、解雇されたら人生終わりです。その分気楽ですが。

私の場合、薄給ではありますが、その手取り給にプラスして残業代金も加算されます。その残業代金は月1万円以上になります。
残業はめんどうです。しかし、お金をくれるメリットはありました。

人生はお金、世の中はお金と言われます。それは間違いではありませんね。

私は親と同居しておりました。親に家賃+食費+過去の迷惑料(笑)として月に5万円払いました。
残りは全部自分のためのお金になります。

私は将来のために月に最低5万円を預金することで年間60万円以上の預金をすることに成功しました
三年頑張れば約200万円になります。

遊ぶお金を確保しながら、これだけのお金を貯めれるのは嬉しい限りですね。

類は類を呼ぶ。ニートの周りはダメな人ばかり

ニートと言えば、何となく今風でかっこいいですが、ニートはただの無職ですね。
親に寄生してる状態です。終わってます。

私は引きこもりだったとは言っても、SNSなどで知り合った人とオフ会したり、親族の集まりがあれば参加する必要はあります。

SNS絡みの人には、私が無職であることは隠せます。親戚などには情報が漏れておりますので嘘は御法度ですよね。

自分が無職であることを虚しく思うんですよね。

私よりブスな人でも頑張ってる人は世間になんぼでもいるし…
メンタルの甘い自分を情けなく感じます。当然ですよね。

余談です。
美容整形で凄いことになってるヴァニラさんは、学生時代に「ブス、ブス」に蔑まれても、学校は絶対に休むことはなかった…と彼女の本に書かれてました。
彼女はメンタル強い。私は甘い。

参考:ヴァニラ(公式ブログ)
https://lineblog.me/vanilla/

当然だけど、無職である自分を情けなく感じてました。

今は安月給ではありますが、正社員として週5日間頑張っているので、趣味仲間や親族に会っても堂々してられます。

周囲は大学や専門学校、正社員やフリーターで頑張ってるので、私は無職では話にはなりませんw

フリーターで頑張ることは人生の無駄

フリーターで頑張ってる人はいます。
無職だった私には言われたくないと思いますが、フリーターはしょせんはフリーター。

重責な仕事はしなくて良く、時間の融通も気楽ですので、フリーターにハマる人の気持ちはわからなくはありません。

若い時は、余った時間を有効活用するためにフリーターをやるのも良しですが、現実逃避をするためにフリーターをやっていても、何のメリットもありません。

気楽な反面、
・手に職は付かん
・キャリアアップしない
・人脈構築不可
・簡単に解雇される
・雇用保険なし
・薄給
等などとデメリットを列挙すればキリはありません。終わってます。

ましてや24歳や25歳になってもフリーターのままでは世間体には終わってますw

私は無職のニートだったので、もっと悲惨でしたけどw

ただ最近のニートはスーパーニートがおり、投資や投機、アフィリエイトやブロガーなどで大金を稼いでる人はいますね。

私はフリーターでも正社員でも労働のしんどさはそんなに離れてるとは思わないんです。
厳密に比べればバイトの方が楽です。

ブラック企業に間違って就職した場合は薄給激務の社畜以下です。
早い段階で転職しましょう。精神的にも肉体的にもやられます。

しかし年収や将来性などを考えると、私は多少しんどくても、フリーターで頑張るのは長くても2~3年ですね。

仕事のほかに何かやりたいことがあれば別にフリーターでも問題ありませんが、現実逃避のためにフリーターをするのは愚策でしかありません。
人生を捨ててるだけです。

正社員になり考え方はポジティブになった

ニート時代は、親に集ったダメな人間でしたし、「私はブスだ」と僻むだけで、全然ポジティブな性格ではありませんでした。
むろん、学生時代も。

しかし引きこもりから脱出し、正社員としても日々精力的に頑張ってることで、自分に自信が蘇りました。

私は過去に彼氏がいたことはありません。
顔やスタイルの問題で自信がありません。スタイルはデブでもガリでもありませんから、そこまで悲観することはありません。

今後はブスから脱却するために貯めたお金でプチ整形をする予定です。お金も貯まりました。
親にも了解を取ってます。

友人は目を二重瞼にしただけでガラリと印象が変化して彼氏ができましたし。容姿の問題は本当に大切ですね。

容姿の問題以外だと、無職の人間にちょっかいを出してくる男子は基本終わってますよね。
要はヤル気ないない人間。

ニートの時も趣味絡みで男子と知り合い機会はありましたが、寄ってくる男子はスカばかりでしたが、正社員になってからは、私にはそれなりのオーラがあるのか?ダメ男子ではなく、ちゃんとした男子が集まるようになりました。
エリートの周りはエリート、半グレの周りは半グレみたいな感じですね。

私はプチ整形して、もっともっと自信アップしたら、本気で彼氏作ります。

まとめ

稼いでるニートは問題ありませんが、無職のニートは、だだのダメ人間ですね。
いい歳して親と同居して、親に食わしてもらってるのでNGです。

それにフリーターの立ち位置も微妙。
今だけを考えるとフリーターは最高なんだけど、将来性はまったくありません。

私は現実逃避をするためのフリーターはまったく勧めませんね。

「ホワイト企業なんか働けるはずなない!」と思ってる人は大手の転職エージェントを使って就職活動すれば、社員を社畜と思ってるブラック企業への入社は避けられます。

弱小の転職エージェントではダメですよ。企業側の審査も微妙なはずだし。
人材派遣会社も零細のとこだと、ブラック企業に派遣されたりするでしょ。

零細も大手も利用はどうせ無料なんだし、最初から大手を利用すればいいです。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら