仕事による精神的疲労の回復する方法を考える。放置は症状を悪化させるだけ

無職のニートで無い限り、人やモノなどに携わるので、知らん間に精神は疲労して、体もボロボロになってることはありますよね。

ふと気が付いた時には、うつ病や自律神経失調症などの心の病に片足を突っ込んでて、まじでヤバくなってることもあります。
ここ最近の心療内科の増加数は半端ありません。

世の中の流れは尋常ではないほど早い

世間の流れに遅れと取ると人生負け組になります。
頑張って頑張って流れに乗る必要はあります。

要は「適応」や「対応」ですね。

適応や対応が限界に達すると精神的な疲労はマックスになり悲惨な結末になる可能性はあります。

キューピーコーワゴールドの宣伝ではありませんが
最近、休息を取っても全然体の疲れが取れない
仕事仕事、残業残業で心身の疲労は限界なんだよね。倒れるぅ~
・このままだと時代に取り残される焦燥感

こんな状態の人は、早い段階で心身を休めてないと危険です。

忍耐力のある人や努力する人は、「このままだとヤバいわ!」と感じながらも、勉強や仕事に邁進したおかげで神経症になったり、最悪な結果だと過労死したりしてます。

過労死してる人は隠蔽されており、実数値は半端ないと思うんです(たぶん)

仕事に責任感を感じて頑張るのはいいことです。
しかし、過労死したのでは家族や同僚は呆れるだけになります。

【関連記事】
>>打たれ弱い人の特徴は何だ。精神的に強くなることはできる

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

精神的な限界を超える前に対策は必要

あまり無理をしていると心身は拒否反応を起こします。
・朝起きれない
・倦怠感
・やる気が出ない
・頭痛
・下痢や便秘
これらの症状はほんの一部なんです。
人により様々な症状が出ます。

原因は過度なストレスですね

私自身もめちゃなノルマを与えられたり、月40時間や50時間の残業をやらされた時には、これらの症状を感じられました。

有休で休んだり、サビ残を断ったり、自分の心身の状態を優先できれば、これら悪の症状は改善されますが、日本企業は基本ブラック体質ですよね。
精神的な疲労を理由に有休を使って休んだら村八分になりますよね。

パワハラや残業代未払いなど、法令違反の企業について伝え、安心して働ける環境づくりをめざす「ブラック企業大賞」。11月27日、2017年度のノミネート企業が発表された。

名前があがったのは「日本放送協会(NHK)」、「ヤマト運輸」、「パナソニック」など9社。

なお、実行委では、「労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を意図的・恣意的に従業員に強いている企業」と、「パワハラなどの暴力的強制を常套手段として従業員に強いる体質を持つ企業や法人」を、「ブラック企業」と定義している。

ノミネートされたのは、裁判や行政処分などで問題があると明らかになった企業だという。

薄給激務を基本としてる日本企業には精神的な疲労を回復させるのは難しいですよね。

テクノストレスの恐怖

私自身も当て嵌まるのですが、終日仕事の関係でパソコンしてます。
仕事でパソコンをして、趣味でスマホw

スマホはフェイスブック、インスタグラムなどのソーシャル、スマホゲームなどをやってます。

問題なのはテクノストレスなんです。
最近はTVでも特集やってます。知ってる人は多いのではないでしょうか。

テクノストレスには二種類あります。
私のように終日パソコンと向き合ってる人は「テクノ不安症」。

パソコン作業をやりたいわけでもないのに、仕事柄終日パソコンをやってると半狂乱状態になりませんか(汗)

テクノ不安症の人はパソコンの前に座ったり、モニターを見ただけで疲労困憊になります。
頭痛や肩凝り、腕や腰が痛くなったりするんです。

この問題はパソコン作業に苦手意識のない人でも、仕事仕事でノルマノルマに追われることにより、自分の知らん間に、頭痛や眼精疲労、肩凝りなどになるケースがあります。

テクノ不安症にならなくとも、パソコンばかりやってると、その疲れは半端ありませんのにね。

仕事でパソコンばかりやってると人間とのコミュニケーションが苦手になるケースはあります。

失笑する話なのですが、隣の席にいる人と口で伝達をせずにLINEやチャットワークなどのツールを使ってるケースもありますね。

アプリを使った方が効率がいい時はアプリで問題はありません。
しかし段々とコミュ障害になることで、ほぼ全てをパソコンやスマホ経由で連絡するようになる。これは問題あります。

「テクノ依存症」もテクノ不安症と同じく、危険な状態

一概には言えませんが、テクノ依存症になる人の傾向は、元来のコミュ障害の人ですね。
几帳面な人、生真面目な人もパソコンやスマホにどっぷりとハマる傾向があります。

パソコンやスマホは人間と違って従順ですよね。自分の命令通りに働いてくれるし、自分の望んだ回答をくれる。

自分の言いなりになる機械なので、反抗的な人が苦手な人などはパソコンにハマる傾向にあるよね。

主人とメイドの関係、主人と愛犬の関係w
まあ似た感じですよね。

業種にも寄りますが、最近の職場は終日パソコンをやって終わりなんてケースもあります。
人によっては週5で終日。
テクノ依存症は危険ですよね。

ソーシャルの危険性

人によってはパソコンやスマホと常時接触してないとダメなケースもあり、「スマホ依存症」「ネット依存症」なんて言われてますよね。

私は常時スマホをイジってないとイライラするんです。典型的なスマホ依存症、ネット依存症ですね。
禁煙や禁酒と同じで禁スマホも大変なんですよね。

私と同じ悩みを抱えてる人は大勢いますよね。

私は別にソーシャルには没頭することはいいと思うんです。楽しいですし。
自制心を持って適度に遊んでるうちはいいです。

それが段々と深みにハマり、終日SNSのことが頭でいっぱいになることもあります。

友人はFB(フェイスブック)やインスタグラムに夢中になり、1日に何回も写真を撮り、文章を書いて、コメントのやり取りをする。

彼は歩合給の営業マンでした、ソーシャルにハマり、本来は仕事をしないとダメなのに、本業を放置してSNSにハマった結果。
満足に成果を出せなくなり、最終的には退職(転職)することになりました。

あなたの身近な人もそれが理由で退職したり、左遷されたり、上司や先輩に日々叱責されたりしてる人はいませんかw

本人は別にSNSには興味はなくても、無理矢理参加させられる人はいますよね。
「いいね!を押してくれよ」と頼まれたりすると悲惨でしかありません。

社会人はまだしも高校生や大学生などは参加しないと村八分の被害にあったりすることもありますよね。

今時、「パソコンもスマホもないので参加は無理なんだよね」なんて言い訳は100%無理ですしw
嫌な場合は断わればいいのですが、それが出来れば苦労はしませんよね(汗)

燃え尽き症候群(バーンアウト)

頑張って仕事に打ち込むのはいいけど、与えられた案件の目標をクリアしたらバーンアウト。

バーンアウトする気持ちはわかりますが、その燃え尽きた気持ちが1週間や2週間で終わらず、1ヶ月も2ヶ月も死んだ魚の目になってるような人はいます。

やる気の低下だけではなくて、体の変調により頭痛や倦怠感、食欲不振などがある場合もあるんです。

責任感が強く、やり手の人はバーンアウトの傾向が見られます
(私は無責任でやり手ではありませんが、ひんぱんに燃え尽き症候群になりますw)

やり手で責任感のある人が仕事のやる気を無くすと、恩恵を受ける人は誰もいません。
会社も上司も同僚も部下も困るだけでデメリットだけですね。

その人が失脚すれば、自分がその椅子に座れることを考えてる人はウハウハですがねw

人間誰しもバーンアウトになることはあります。
そこで懸念するべきことはバーンアウトのまま、仕事をしてるとうつ病や自律神経失調症などの病気になることもあります。これらの病気になると、自宅に引きこもり仕事どころではなくなります。

「精神的にこれはヤバいな」と感じた時には休養を取ることが一番なんです。

ブラック体質で社員を社畜としか思ってないような日本企業が休養させてくれるはずはありません。
なんせ過労死先進国ですよ(汗)

最後に

一番簡単な方法は適度に仕事に手を抜くことです
あまりやる気のない人は、本当に手抜きするのが上手ですよね、上司に怒られない程度、クビにならない程度に頑張るw

与えられた案件の成果は必ず出さないと、自分の将来がヤバいことになる。あまり手抜きをすると会社員としての人生は終わります。
青森支店の山奥に飛ばされたりするw

冗談ではなく、本当に精神的な疲労で重度のうつ病などになると、本当に取り返しの付かないことになります。
最悪死に至る。怖いです。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら