ワンマン社長のパワハラや重労働に対する対処方法はある

「ワンマン社長=ダメ社長」との考えは持ってませんが…
私の経験上はダメな社長は多いですね(汗)

私は過去、複数社のブラック企業での社畜経験があります(地獄でしたw)

ブラック企業の社畜時代は零細企業であったのも関係してますが、ワンマン社長が権限の大半を掌握してました。
大手であっても社長が0から育てあげた場合、ワンマン化してる場合は多いですよね。

私は別に「ワンマン社長はダメなんだよね~」との固定観念は持っていません。

しかしネット検索するとですね…
・ワンマン社長 老害
・ワンマン社長 パワハラ
との文言でボコボコに叩かれてる傾向はあります。

要は大半のワンマン社長は嫌われております。私はその気持ちわかります。
ワンマン社長は独裁者的に会社を支配してる人なので「仕方ないか」との感じはあります。
(ワンマン社長じゃなくても社長は嫌われる傾向にありますが)

【関連記事】
>>職場の嫌な人間関係に限界を感じ、ストレスのある人

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

ワンマン社長はどんな感じか?

前述したようにダメ野郎が大半な傾向ですね。

自己中心的な考えなので、
・子分の失敗で怒号するけど、成功は自分の手柄
・朝令暮改(悪い意味で)
・社員は社畜であり1日15時間労働は当然。サービス残業ね
・自分はゴルフ。社員は薄給激務
・パワハラ
・セクハラ

ブックオフコーポレーションの坂本氏によるセクハラ行為の存在や内容を知っていたことが分かった。
坂本氏自身、セクハラ行為やパワー・ハラスメント行為、法令順守意識の低い言動があったと認め、反省の意を示したという。

引用元:https://www.nikkeibp.co.jp/

こんな卑劣な話は氷山の一角だと思う。
大企業の社長なので問題になりましたが、零細企業や中小企業だと日常茶飯事ではないでしょうか。

子分の失敗で怒号するけど、成功は自分の手柄

私はまともな学歴ありませんので、零細のブラック企業で、ワンマン社長の元で仕事をした経験はあります。

社員が尋常じゃないほど頑張って出した成果の全ては自分の手柄になる。
社長曰く「やはり俺様の戦略は最高だった。天才だった」のような感じ。

この問題は許すとしてですね…もし案件が失敗した場合は社員の責任になる。
本当に社員の責任で失敗した場合は、ある程度は仕方がない部分はあります。

しかしダメ社長の戦略や指示がダメで失敗したのに、社員に責任を擦り付ける社長いますよね。
こんな人は最悪です。逆ギレしたりも(汗)

だいたい零細企業の場合は面接して雇用をしたのも社長ですし、人を育てるのも社長でしょ?違います?
男気のある社長は「全責任は俺だ!」って感じですが。

ワンマン社長、特に二代目社長はボンボン出身ですので考え方の終わった人は多いですよね。

社員を無能な社畜扱いする以前に「お前も無能だろ!」とブチキレ寸前な社員は多いはずです(汗)

朝令暮改

朝と夕方で言ってることが違う社長は多いですよね。
ひんぱんに戦略や考え方が変わると、部下は対応のしかたがわからなくなります。

以前、松尾ってワンマン社長の元で仕事をしてる時、コロコロと変わる松尾の対応に社員は倒れそうになりました。

人間ですので段取りや戦略が間違って変更することはしかたありません。
しかしそれがひんぱんにある。

「もっともっと考えて社員に指令を出せよ!」と誰もが裏で松尾社長の文句文句文句。
アホな社長だと部下は本当に困る。

それ以外だと機嫌の善し悪しで変わる。

朝は機嫌が良くて「今晩はキャバクラおごりね」と言っていても、夕方になり、その時機嫌が悪ければ「今日は夜10時までは仕事ね」と。

もう社員を社畜や奴隷としか考えませんね(汗)

北朝鮮と同じよーな感じw 
まじで人民は大変だよね。

社員は社畜であり1日15時間労働は当然

あるあるですね。

私は以前、地元で10~15店舗ほどのレストランで社畜をしていたことがあります。

ワンマン社長曰く「休みなしで1日18時間は仕事しろ」と自信満々に言ってました。

実際には奴隷じゃないですし、そこまでクソな労働環境ではありませんが、休日は月4回、労働時間は15時間ほどでした…

飲食店は2時間ほど休憩があるので15時間フルに仕事をしていたわけではありませんが、クソもクソな労働環境でした。
給料も手取りで17~18万円ほどしかなくて、まさに社畜ですね。

・トラック運転手
・タクシー運転手
・ドカタ
・飲食店
・営業マン
などは薄給激務の典型。
労働基準法は無視?笑

労働基準法の罰則はそんなに厳しいわけではありませんし、社長や会社に不満を持ってる人は「辞めろ」との感じですよね。

一番不思議なのが、社長や会社に嫌気や怨念を持って退職した人間は労働基準監督署などにブラックの実態をチクればいいのに、誰もチクらんですよね。

複数のブラック企業で社畜をやった経験のある私も、チクったことはありません(笑)
日本人はお人よしだよねw

自分はゴルフ。社員は薄給激務

自分は命令だけして、悠々自適な日々を送ってる人は多いよね。

ゴルフは一例にはなりますが、
・日々キャバクラやクラブに通って二日酔いで昼にのんびり出勤
・昼間は筋トレやってスタバでのんびりしてから出勤
・人には1日4時間以上のサービス残業を押し付けて、自分は定時には帰社して家族団欒

私が進言するまでもありませんが、社長は社員の手本になる存在じゃないとダメですよね。

日産のカルロス・ゴーン社長が以前TVで言ってましたが、「私はコンビニと言われてる。その理由は朝7~夜11時まで働くから…」と。

友人の勤務する人気ある社長も同じ考えであり「社員にブラックな環境で働いてもらうのは悪いと思ってるので、俺は人一倍働く」と、友人は言ってました。
事実、会社に寝泊まりして帰宅するのは週2回ほどだそうです。家族も放置状態。

本来の社長の姿はこれが理想でしょ?

自分は仕事もまともにせずに命令だけしてプラプラして、失敗すると社員に責任転嫁ではクソ過ぎる。
二代目のボンボン社長に多いですね…

ワンマン社長に我慢限界な場合の対処方法

私なら上記のようなクソ社長であれば、即転職ですね。
実際、クソ社長に嫌気が指して転職してるしw

ただし、クソ社長だとしても高給であれば頑張りますがw

通常、零細企業や中小企業のワンマン社長体制の場合は薄給激務が基本でしょ。
30代半ば、勤続年数10年以上で年収400万円なんてザラ

それもサビ残を尋常じゃないほどやらされて年収400万円はクソですよ。

年収400万円の手取りは月30万円ありません。ガチで厳しい嫁なら即離婚でしょw

転職、転職、私なら転職するし、皆転職すればいいんです!クソよ。まじで。

ただ、40代半ばを過ぎており、転職に勇気のない人はワンマン社長のブラック企業に留まることになりますよね。
40歳半ばでの転職は、一歩間違うと、今以上にダメな会社に転職することになったりするし…

この年齢ですね…転職を考えてる年輩者はタクシー運転手、中距離や短距離のトラック運転手はいいかもしれませんね。

労働の拘束時間は長くてブラックではありますが、呆れたワンマン社長がいたとしても仕事上接点は、ほぼありません。

今の会社はワンマン社長とベッタリしてて、このままだと心身ともにヤバいと感じてる人は、人間関係の気楽な職場の選択肢もある。

ただし年収400万円前後を覚悟する必要はあります。

転職が無理な人は、もうワンマン社長にゴマスリをするのが一番ですね。
独裁者系の人間は上手にゴマスリされるとデレデレになりますよね?

気にいられると、
・キャバクラやクラブで豪遊
・ゴルフ三昧
当然無料ですよ。

一歩間違えば昇格して年収アップも考えられますw
別に仕事で成果を出すことなくですよw ゴマスリするだけw

実際、今現在もワンマン社長にしっかりとゴマスリをしておいしい密を吸ってる社員はいますよね。
悪代官と悪徳商人みたいな関係。

それをやると同僚から奇異な眼で見られるかもしれませんが、社畜の人生とはそんなもんです。

社長を取るか?同僚を取るか?私なら地位と収入のために社長を取ります。

同僚を選択しても、毎日毎日居酒屋でウダウダ飲んでワンマン社長と会社の文句を言って終わりだもんね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら