毎日12時間労働するのは労働基準法違反なはず

この記事で読めることは、
・1日12時間労働をすることによるデメリット
もし12時間労働に嫌悪感のある人は、今後どうすればいいか?対策ですね。

「会社」「会社の中でも職場単位」「職種の違い」「正社員や派遣社員の違い」等など、個々により、その労働時間に違いはありますよね。
大手企業の派遣社員は定時で終わる人が多いですよね。

嫁は数社の大手企業で派遣社員の経験をしてますが、「どの派遣先も待遇は良かった…」と言ってました。
女子の場合はどうせ結婚するし、派遣社員の方がいいかもね。

私は以前ブラック職場の飲食店に従事していました

拘束時間は15時間www
飲食店は休憩が2~3時間と長いので、実際の労働時間は12~13時間ほどになりますが、それでも長いですね。

飲食店の従事者はどこも同じような感じですので、「飲食店勤務=ブラック職場」と思って間違いはありません。

通常定時は8時間労働でしょ。
飲食店だと1日4~5時間は労働してることになりますね。

働いてる人間は日々不平不満ばかりですよ。

1日は24時間で、拘束15時間、通勤往復1時間。
そう考えると1日の約65%は会社のために使っているんです。

週2回ほど休日があれば、まだ許せますが、通常月3~4日でしょ。

私は数社の飲食店で働いた経験がありますが、金輪際飲食店では働きたくありません。まじで。

激務であっても高給であれば、まだいいですが、勤続10年で手取り20万円ほどの人が大半なんですよね。

私が過去に従事していたこともあり、飲食店を例に出しましたが、この問題は飲食店だけではありません。

友人は住宅メーカー、リフォームの営業マンをやってますが、日々9時~23時まで働いてるそうです。
ブラックもブラック企業ですねw

1日12時間労働は普通に大変だろ

20代や30代前半の若い時は1日12時間労働でも頑張れるかもしれません。

しかし30代後半になると体力的な問題から楽な仕事に転職する人は多いですよね。

前述してますが、仕事時間以外に職場への往復時間も考慮する必要があります。
東京や大阪などの中心部に職場のある人は往復3時間もの通勤時間をかけてる人は多いですね。

都心の家賃、マンションや一軒家の購入は一般の会社員には難しいですもん。

帰宅後は食事、風呂、明日の準備、寝ると自分のための自由な時間は皆無ですよね。
晩飯はコンビニ弁当や吉野家でさっと食べるみたいなw

こんな生活を数ヶ月間、数年、一歩間違えば定年の65歳までやることを想像すると、「俺の人生は何なんだ?」とマイナス思考で妄想したくなるよねw

日本企業の大半はブラック企業なので、「1日12時間の労働があるのはしかたないと…」思って諦めるのは、私は悲惨だと思うんですよね。

正直、週休二日あり、週5日のうち2日間ほどが12時間労働であれば、「私はまあいいや」と許すかもしれません。
しかし年中12時間労働はストレスを抱えて心身は崩壊しますよ。

通勤帰宅時間の問題や家での用事などが多忙な人は日々の睡眠時間が3時間や4時間の人もいるはず。

短時間の睡眠で問題のない人はいますよね。
そんな人は疲弊し難いかもしれませんが、一般人は8時間は寝ないと日々の疲れは残り、蓄積されます。

「キューピーコーワゴールドを飲んでも改善されん」と思います。
体力がないのに、日々数時間の睡眠時間だと、そのうち過労で倒れますよ。まじで。

1日8時間と法律では決まってるが

私が言うまでもありませんが1日8時間労働が基本なんです。
1日8時間労働は基本も基本なことなのです。要は週40時間まで!

しかし案外知らん人は多いです。

通常9時が始業時間であれば、休憩を1時間を考えた場合、18時までが基本です。

日本はブラック企業だし、始業時間の30分前に出社に出社して掃除などをやらせてる会社(零細企業に多い)がありますが、この時間は仕事してるのと同じですよ。

零細企業は資金繰りに大変な会社が多いので、社員やバイトを上手に使うとこがありますが、これはNGな行為です。

しかし「社長、この掃除はサービス残業で違法ですよ」と誰も言わないw

会社に居辛くなるので、皆我慢してサービス掃除をする…

私がこんな事を書くのも、嫌な事をやれされていたからでした…

一定期間の残業限度時間

1日当たりの残業時間の上限には別に決まりはありませんが、週単位、月単位、年単位ではちゃんと決まりはあります。
1週間・・・15時間
2週間・・・27時間
4週間・・・43時間
1ヶ月・・・45時間
2ヶ月・・・81時間
3ヶ月・・・120時間
1年・・・360時間
簡単に書きましたが、こんな感じです。

仮にです…1日12時間労働をしたら1日4時間残業をしたことになりますよね。

1日12時間労働を週5日間した場合は週20時間で5時間オーバー。

月20日間した場合は80時間にもなり35時間も残業時間をオーバーしてることになります。

余談にはなりますが、月80時間の残業は過労死ラインと言われてます(汗)

飲食店や運転手、営業マンの人なんかは、まじで心身はヤバいと思われます。

利益のためとは言え、ブラック企業の人の使い方は残酷でしかありませんね。

なぜこんなオーバーワークが可能なのか?

それは特別条件付きの36協定があるからなんですよね。

【「特別条項付き」36協定】

臨時的に限度時間(通常、1ヶ月:45時間、1年:360時間)を超えて時間外労働を行わなければならない場合、「特別条項付き36協定」という協定を労働者代表との間に締結することで、この限度時間の基準を超えて労働させることができるようになります。

引用元:https://www.okamoto-s-kisoku.jp/

要は法律のグレーな部分を付いた抜け道みたいなもんです。

このグレーな方法を使えば、月50時間だろうが、ヤバいと言われる月80時間の残業だろうが、合法でクリアできるんです(汗)

残業は我慢するがサービス残業はNG

百歩譲って、残業するのはしかたないとしましょう…

しかし、この残業問題で一番やっかいなことはサービス残業なんですよね。無給労働やボランティア。

定時の間、フラフラとスマホをして遊んでる人間に、私は弁護する気はありませんが、定時の間がちんこで仕事をして、定時以降はサービス残業をやらされるなんて酷ですよね。

「家に持ち帰って仕事をすればいいよ…」と言われて喜んでる人はいますが、これも無給で適当に働かされてるだけなんですよね。

そんな事を平然とやらせる会社や職場は即転職だと思うよ。

労働基準監督署に相談するといい

電話で相談する人もいますが、電話だと相談した内容が軽度の場合は処理が追いつかない傾向にある感じですね。

まあ別段急いでない場合は電話でもいいかもしれませんが、基本は労働基準監督署の窓口で相談するのがベストですよね。

ちゃんと書類を用意して、しっかりと窓口で相談した方が、自分の悩んでることを的確に伝えられると思うんですよね。

持参する書類に関しては、「タイムカード」や「給料明細」「日報」ですね。

ただ、タイムカードは労働時間の証拠になるモノでないと話になりません。
グレーなことをやってる会社だと、8時に出社させて仕事をさせるが、実際にタイムカードを押させるのは9時とか…
私が以前いた小口配送の運送会社はそんな感じでした。

実際6時や7時には出社して仕事してるんですよ。
しかしタイムカードを押すのは8時w

基本タイムカードは証拠ですので、こんなズブズブのタイムカードは証拠不十分になります(汗)

こんな場合は自分でスマホなり手書きなりでちゃんと労働時間を記録しておくことですね。

本来タイムカードは仕事始めと仕事の終わりに押すもんです。
そんな事は経営陣もわかってます。

実際に仕事をしてるのに、タイムカードを遅く押させたり、早く押させたりする行為は違反です。
要は会社側、早出や残業をさせた証拠を隠匿してるんですよね。

もしあなたがこんな会社で仕事をしてた場合は、即離職を前提に労働基準監督署に相談ですね。

社員が10人や20人の弱小企業の場合だと、労働基準監督署に密告をした場合、バレる可能性はあります。

しかし、労働基準監督署の守秘義務は徹底してるので、あなたが密告をしてもバレることはありません。
もしバレる場合は会社の同僚経由ですので、間違っても密告したことは、誰にも話さんことですね。

まとめ

ブラック企業は、たぶん労働基準監督署に密告しても、なんやかんやで会社のブラック体質は簡単には変わらんと思う。

それ以前に日本人は人が良いので、勤務してる会社が1日12時間以上を毎日働かされるようなブラック会社であっても黙認する。
労働基準監督署にも相談することはありません。

そんな私も労働基準監督署に相談したことはありませんw

今の劣悪な労働環境から抜け出すための一番簡単な方法は転職することですね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら