楽な仕事を探してる人。精神的に疲れた人は早く転職した方がいいよ。気楽な仕事が一番!

今働いてる会社は、精神的にも肉体的にもしんどくて、もうこの会社を辞めたいんだ…と嘆いてる人は多いですよね。

肉体的な問題は、若い人だと寝まくれば体力も回復するだろ?と思われるかもしれませんが、日本は残業、残業、休日出勤と休息する時間の少ない人もいます。所謂ブラック企業の社畜って感じですね。

私の知り合いはトラック運転手をしてますが、拘束時間は半端なく長くて、荷物の積み下ろしも大変。
彼はまだ29歳と若いのですが、40歳以降は、今の仕事はできないよ…と言ってました。

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

精神的にキツイ仕事はうつ病になるよ

肉体的にキツイ仕事も嫌ですが、精神的にキツイ仕事も終わってます。
上司が陰険
同僚や部下とよく揉める
無理なノルマ
これらの問題はよくありますよね。
それが原因で神経症になり、自宅に引籠ってる人は多いです。

ニートになると仕事どころではなくて、色んな人に迷惑がかかります。
独身で親元に住んでる人は何とかなるかもしれませんが、既婚者で幼児のいる家庭だと、もう地獄でしかありません。

なので、そんな惨状になる前に、精神的に楽な仕事に転職するのも人生の選択肢の一つではないでしょうか。

私自身もメンタルは脆弱な人間なので、精神的に厳しい仕事は意図的に選択できませんし、会社の人間関係がダメだったりすると頭を抱えます。

別の仕事は探せばなんぼでもあるので心配する必要はありません

さすがに無職はヤバいですが、精神的に楽な仕事(正社員)はなんぼでもあるので、精神的に疲弊して頭を抱えるぐらいなら、私は転職すればいいと断言します。
まあ誰が考えても、そっちの方が賢いですよね。

仕事上、一番辛いのは成果を求められることですよね
営業マンや研究開発してる人は、ガチで成果を求められます。

この成果を出さなければならない仕事をしてる人は大変ですよね。

身近な存在の人だと営業マンの方なのですが、個人や法人問わず、自社の商品やサービスを懸命に説明して、成約をしてもらうって大変ですよね。

歩合給が大半を占める給与システムだと成果を出さないことには給料はありませんよね

最初の2、3ヶ月間は、月給15万円でもいいので保証給を出してくれてるとこは多いですが、それ以後は基本給7万円+歩合給なんて会社も多々あります。有能な人材は成果をガンガン出すことにより月収100万、200万円もの大金を貰えます。

しかし成果の出せない社員だと、手取り10万円とか…これでどうやって生活するんじゃとなり、歩合給に移行したら辞めるハメになりますよね。

給料がないと生活は無理だし、まあ成果を出せてないと、会社には居辛くなります。

じゃあ逆に歩合給じゃない営業マンはどうなんだ?となります。

この形態の場合は成果を出さなくても、それなりに安定して給料をくれるので、なんとか生活はできます。

しかし成果を出さないと昇給やボーナスアップとは、やはり将来的にはお金に困るし、成果をろくろく出さずに給料をもらってると、それはそれで「お前は給料泥棒じゃねーか」と揶揄されます

こんな状態になると、この職場にいるのは胃が痛くなりますよね。

職場異動ができればいいのですが、会社側の考えもそんなに甘くはありませんから、こんな落ちこぼれ組は転職しなければジリ貧になり、最終的にはうつ病などになって終わりですよね。

前述してますが、ブラックの超過労働残業月80時間なんて話は別にして、体の疲れって、休日はしっかり休息すれば体調は回復します。しかし、精神がやられてる場合は、まずは寝れません。

寝れませんし、終日悩みを抱えることになるので、ずっと苦しんだままですよね。
美人な彼女とデートしてる時も溺愛する子供と遊んでる時も…汗

もう私は精神的に疲れた

精神的に楽な仕事がしたいんだよ…と考えてる人は、気楽な気持ちで仕事のできる仕事に転職すればいいです。たったそれだけのことです!シンプルですよ。

ただ、私はフリーターや派遣社員、契約社員の類になるには反対です。

早い段階で結婚する女子であればいいですが、生涯お金を稼ぐ必要のある男性が、楽だからフリーターや派遣社員をするのは考えものです。
確かにこれらの一時的にはいいかもしれません。しかし長期的に見るとNGなんですよね。

なんせ時間給なので仕事を休むとお金にならんし、福利厚生もダメ。昇給などもほぼ皆無なので長期で考えると、その乖離は半端ありません。十年も違えば、場合によって年収で数百万円の差があるかもしれませんよ。

精神が疲弊して、もう無理と感じた場合、半年間や1年間限定でコンビニバイトなどに勤しむのはいいですが、それ以外の理由ではまったくおススメしません。

実際、精神的に楽な仕事(職種)なんて、なんぼでもあります。
・工場のライン作業
・トラックやタクシーの運転手
・事務職
・ドカタ
・飲食店
あくまでもこれは一部抜粋しただけですが、探せばなんぼでもあります。

特に飲食店や小口配送の運転手などは、体がしんどくて薄給なのが理由ではありますが、慢性的に人手不なので、若い人はもちろん、40代、50代の方でも意外と簡単に採用される可能性もあります。

薄給激務になり、その点はめんどうかもしれませんが、精神がやられるより、私は十分まとも転職行為だと思う。

もし本気で転職を考えているのなら、求人サイトや職安などを頼って自力で転職活動をするのではなくて、転職のプロである転職エージェントを使って転職をすることですね。

自分一人で頑張って転職活動をした場合、また会社選びや職場選びに失敗をして精神の疲れる仕事に就く可能性は十分にあります。

なので、転職エージェントの担当者には、事前に精神的にしんどい職場は嫌なんですよ…と伝えておけば、あなたの条件にあった会社を探してくれます。次いでに薄給激務も嫌なんですと伝えておけばいいでしょw

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら