人間関係に疲れて仕事を辞めるのはいいけど、転職する前に実践することはある

職場の人間関係に疲れまくり「仕事を辞める」と悩んでる人は多いよね。
私も人間関係が終わったダメな職場はさっさと辞職したいと思います。

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

一番厄介な人間関係は上司がダメな場合です

本来部下に指示出しをして、人をまとめる立場にある人間がダメダメじゃあ話になりませんw
まあ先輩や同僚、後輩がダメダメでも疲れますが…

私がこの記事で指摘するのは、性格などの人間性のことです。
確かに仕事ができないのも困りますが、性格がやっかいな人は困ります。

例えば、なかなかいい人間関係で、職場全員が一丸となり、会社のために成果を出しまくっていたのに、一人の性格の悪い人が入社したおかげで、職場がボロボロになるケースはありますよね。
私もそんな悲惨な体験はしたことあります。

仕事を辞めたくなる理由は、給料が低いのが一番で、その次が人間関係

仮に職場の人間関係が悲惨な状況であっても、月収100万円とか200万円あれば、人間関係や労働条件がまったく話にならないような状況であっても「仕事を辞める」って気持ちにはなり難いですよね(笑)

なんせ会社はお金をもらうために嫌々行ってるわけだし、正直高給を保証してくれるのであれば文句はありませんよね。

それに最近は人間関係がドライになってることも、問題(?)になってます。

一昔前は上司や同僚、部下…要は職場の仲間と仕事が終わった後は「飲みにケーション」といった形で、週1、2回は居酒屋で飲み会をしてましたが、今の若者をそんなめんどうな事は避けたがります。
私も正直めんどうかな!?

もう自分は自分で楽しみますよーと考えてる人は多いですし、私もその気持ちはわかります。

職場の連中と超仲良しであれば、酒飲んで、会社や上司の文句をウダウダ言って、憂さ晴らしをするのもありですが、別段仲良くもねーよーな上司や職場の仲間と酒飲んでも楽しくはありませんよね。

おごりであれば、タダ酒飲めて、それはそれでメリットはあるのですが(笑)

私の懸念する点は、会社や職種が嫌で転職するなら、それはそれで問題はありません

・サービス残業ばっかりのブラック企業だから転職する
・コミュ障害なので営業職は嫌だ!事務方の仕事をやりたいので転職する

これはあくまでも例ですが、こんな事が理由で転職するは、まあいいと思うんです。

今や転職事情も一昔前と違って、転職エージェントを使えば、呆れたブラック企業やダメなグレー企業への転職はほぼ間違いなく避けられます

求人サイトや求人情報誌、職安だと、求人案件の審査が甘い…
要は企業自体の審査が厳格に行われていないので、事前の求人情報には「こりゃすげー」っていいことばかり記載されてあっても、実際に入社すると「ブラック企業じゃねーか」なんてことも多々あります。

しかし転職エージェントを使えば、こんな失敗は無くなります。

これ以上、この職場じゃ我慢は無理よ

話は逸れましたが、私が言いたかったことは、もし人間関係が嫌で、「これ以上、この職場じゃ我慢は無理よ」と感じた場合は転職すればいいです。

しかしこの人間関係の部分の善し悪しは、ホワイト企業でもダメなとこはダメだし、バリバリのブラック企業であっても信じられないぐらい人間関係は良好で、薄給激務の呆れた会社ではあるが、楽しく働いてる人はいる。

要は人間関係で悩んで転職しても、次の会社で人間関係に恵まれるとは限りません。

なので、安易に転職するのではなくて、「会社なんてカネさえくれれば用事はねー」と割り切ったり、我慢できずに転職する前に、「どうすれば上手な人間関係の構築が可能なのか」を念頭において、ダメな上司とうまくやる方法を考えたり、性格の悪い先輩と上手に付き合う方法を考えたり、色々実験してみればいいと思う。

新卒の人だと40年間は社会人生活を送るわけだし、悩んでいることを逆手に取り、色々実験してみることも悪くはないと思う。

大企業の場合だと、数年単位で転勤があったり、部署異動があったりしますよね。
今までの職場は良かったけど、転勤して他支店に行ったら、上司が陰湿な性格で職場は終わってる…

じゃあそのたびに転職するのか?
配置転換をお願いするのか?
それはNGですよね。

なので人間関係を上手に構築する方法をネットで調べたり、本で読んだりして、色々実践してみるんです。
失敗は経験なりではありませんが、色々試しておくと、必ず人生にプラスにはなりますよ。

自分自身で色々実践してみたが、
もうこれ以上は限界だよ…
まじでこのままだとうつ病になるわ…
となった場合には転職しか道はありません。

ぶっちゃけステップアップ転職は年輩社員の場合、微妙ではありますが、それ以外の横倍転職やステップダウン転職なら、なんぼでもあります。

いい歳した実力のないおっさんが、楽して年収1000万円なんて会社への転職は無理ですが、贅沢を言わなければ転職先なんて、なんぼでもあると思います。

ただ、今のご時世は職安や求人サイトで仕事を決めるなんて失敗するだけです。

とりあえずバイトや腰掛け的な正社員であれば、これらの旧態依然の職探しで別段問題はありません。
しかし、私は前述してますが、本気で、今後も長く安定的に働ける会社を探すのであれば、転職エージェントを使って職探しをしないと損です。無料だし、そのサポート体制は半端ありません。

転職エージェントで職を探した場合、細部の人間関係まではわかりません。そりゃどこの求人でもわかりませんよねw
しかし、その会社がブラックであるか否かや、給料や休日などの問題はちゃんと審査してるので嘘はありません。

なんせ転職エージェントは大手が運営する民間企業。民間企業は顧客がいて、なんぼです。
ダメな企業ばかりを紹介して、利用者がいなくなると本末転倒ですもんね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら