医療事務の給料は安いの?なぜ医療事務が人気なのかを分析する

薄給の医療事務

医療事務は人気ありますよね。
私の知人も「資格取得して医療事務やりたいんだよね」と言ってます。

では医療事務って、「一般的な相場よりお金くれて、楽なんじゃないか?」と思われる方がいるかもしれませんが、実際のところ医療事務の給料は薄給の範疇なんです(汗)

勤続10年で年収250万円、勤続20年で350万円ほどなんです。
当然、大病院と、田舎の零細クリニックでも差はありますがw

医療事務をやるのは女子ですが、この薄給は悲惨ですよね。まさにワーキングプア状態です。
ワープアだとメリットはありませんよ。

ワープアの定義~ワーキングプアの解決策

悲惨な人だと年収200万円無いパターンもw
手取り年収200万円でも悲惨なのに総額で年収200万円ですよ…

月の手取り額は約13万円になります。

こんな薄給だと一人暮らしも無理ですよね。

年収200万円のフリーターで東京の一人暮らしは無理だろ

医療事務職のメリット

同じ仕事をやってるのに、学歴により年収差別のある会社や職種が大半を占めますよね。

違う仕事内容や正社員と派遣社員などで給料に差がある場合はしかたありません。

しかし同じ正社員で全く同じ仕事をしているのに給料格差のデカイ会社が大半であり、この問題は腹が立ちますよね。

医療事務の場合、初任給は給料格差あります。約3万円ほど。
なんと高卒の方が上。

勤続10年だと1万円。勤続20年だと、ほぼ同じになります。

初任給は高卒の人で約18万2000円、大卒の人で15万円7000円からのスタートになります。
で、50歳の地点で、双方とも約35万円。

この地点では大卒者の方が微妙に月収はいいですが僅差ですね。

給料の問題は零細のクリニックか?大病院か?この問題によっても違いますし。

学歴が高卒で悩んでる人には嬉しい条件ではないでしょうか。

数年間でやめる人は損かもしれませんが、長くやる人には学歴による給料格差は、ほぼ皆無なのはメリットですね。
要は医療事務って、学歴より経験や実績を買ってくれるんですよね。

「頑張っても頑張っても学歴が高卒で、大卒の人間に給料で負けるんだよね」と悩んでる女子は、医療事務へのチャレンジは必須かと思います。

もし医療事務の資料請求が済んでない人は資料請求をしてみるといいです。
医療事務の資料請求はシカトルが人気ありますよ。

医療事務は結婚後もできる仕事だし、この点は評価できますが薄給は薄給ですよね。
この点は問題です…

結婚するので生涯フルタイムでは働けない

女子の場合、男子と違って生涯フルタイムの第一線で働くことは難しいですよね。

結婚の場合は別にいいですが、妊娠、出産、育児となると、もう人生の主体はそっちになりますよね。

全部の子供が小学生に上がるぐらいまでは大変ですよ。

最近は保育園もパンパンだし、保育園に空があっても保育園も長く預かってくれるわけではありません。

中には収入命、キャリア命と仕事に人生を賭ける人は、子供を保育園に預けたり、小学生の子供を鍵っ子にしたりして頑張る女子もおりますが、「これはこれで、私は子供が可哀そうかな?」と思ったりします。

バリバリのキャリアウーマンをともかくとして、専業主婦では家計の維持は無理って人はいますし…

そんな方に朗報なのが、医療事務の仕事にあり方です。
正社員、派遣社員、バイトなどの何でもござれw 

ただ、基本は正社員か派遣社員(契約社員)です。

中にはバイトで医療事務員をやれるクリニックや病院はありますが、飲食店のホールスタッフのように、子育ての合間にやれる感じではありません。
この人材の代わりはなんぼでもいる状態ですし、フルタイムが前提ですね。

クリニックだと人手不足だし、子供の都合などでひんぱんに遅刻や早退、休日を繰り返されたのでは職場の雰囲気も危険信号ですよね…
「また●●さん、遅刻ぅ~」みたいなw

最終的には村八分みたいですよね。

時給はかなりいい?

女子がやる通常のバイトの時給って700~800円ほど。

私の知り合いの奥さんは、子供が小学校に行ってる時、飲食店でホールスタッフをやってますが、「時給700円しかなくて、もう泣きたい…」と言ってました。

飲食店のメリットは食事付又は食事が格安で食べれることですが、時給700円だと4時間働いても、たったの2800円ですw 
もうアホらしいです。

しかし時間とスキルやキャリアがないと、たった3000円ほど。
過去の経験値は重要ですよね。

ですが、医療事務の場合は数年間の経験があれば時給1000円以上は可能だし、東京23区などの都市部であれば時給1300円前後が相場だそうです。

飲食店の格安時給とは雲泥の差ですよねw 
2倍の格差がある。

ただ、このケースは医療事務の時給がいいのでなくて、飲食店が薄給なんですよね。

これだけの時給をくれるので未経験者ではダメですよ。最低3年程度の経験は必要になります。

しかし未経験者であっても、頑張って数年間医療事務職に携わり、経験者になれば時給1000円以上を嬉しい限りですよね。

それに現在事務職をやってる人は感じてるはずですが「えーーー!?そんなにくれるの?」と。
医療事務は一般事務と比べても高時給なのはありがたい話です。

また医療事務って、やる仕事内容は全国各地、会社(クリニックや病院)が違ったとしても、仕事内容に大差はありませんから、経験さえあれば復職は楽ですね。

そんな医療事務にも欠点はある

昔は、レセプト(診療報酬明細書)を作成するには専門的な技術が必要だったんです。
要は手作業でやってましたので残業もひんぱんにありました。

最悪は、自宅に持ち帰り作業をするみたいな…w

まあ現在は個人情報の取り扱いにやかましいので、こんな事をやってる職場はありませんが(汗)

今はレセコンや電子カルテなどが台頭してきたこともあり、それらの操作を覚えれば、そんなに苦労することなく医療事務の仕事は可能になりました。

なので、未経験者でも早く仕事を覚えられて、それなりの給料をくれる半面、誰もが簡単(!?)にスキルを習得できるので、医療事務の人間がバンバン増え、求人の需要と供給が崩れる可能性はあります。

それになんか勘違いしてる人がいるのは、「医療事務になるには、何らかの難しい資格を取得する必要があるのでは?」と勘違いしてる人はいますが、医療事務に資格なんか必要はありません。
ユーキャンに洗脳され過ぎでしょうかw

ただ、資格はあるに越したことはなくて、やはり資格があれば面接に有利だったり、クリニックによっては、その資格を持ってることにより、何らかの手当をくれることもあります。
まあ資格手当ってヤツですね。

医療事務をやるうえでの懸念点は、電子化が今以上に進んで、人間の作業は関係なくレセプト点数の計算が可能になることです。

この話は本当に実現されるかもしれませんが、あくまでも私の考えでは、10年以上は別に問題はないのでは?と考えています。

ただ、世の中はレコードはCDになったりCDがダウンロード販売になったりして、急速に変わることがあるので、「ぼー」としてるとダメな部分はありますよね。

医療事務員の薄給を今より年収アップ

私の考えは、今後20年、30年と長く医療事務員で頑張ることを念頭においてやる仕事ではないと思うんですよね。

年収200万円や年収300万円の仕事なんて、なんぼでもあるし、別に医療事務員に拘る必要はないですね。

「今の自分にはどんな仕事が適材適所なのか?」
転職の達人(代理人)と二人三脚で転職先を決めるんです。

転職エージェントを使い、同じ医療事務員でも年収が格段に飛躍した事例もあります。

職場なんて自分一人で決めても何もいいことはありません。

案内業務、データ入力、受付業務などの医療事務の求人を探す

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら