30代後半で転職するのは厳しい。転職に失敗しないコツ

30代後半で転職するのは、ちょっと怖いですよね。

30代であっても前半であれば求人案件も多数あるし、何より若いので、「転職なんて楽勝じゃねーか」と思うかもしれません。

しかし、同じ30代だとしても、38歳や39歳の40歳前後だと、自分の満足のゆく転職先を探すのは難しいですよね。

転職先なんて、何歳であろうが可能ですが、その場合はたいがいステップダウン転職になりますよね。

給料も休日も仕事内容もダウン…大汗 
アラフォーや40代、50代の転職は恐るべし…なんですよね。

10代や20代の若い時であれば、優良な求人数は尋常じゃないほどあり、書類審査は「あ、そうか!」って感じで簡単に突破します(しない人もいますが)

【関連記事】
>>年収100万円下がる転職は一長一短。給料下がっても転職して幸せになる

>>転職エージェント「DODA」の 評判は?デューダにメリットはあるのか

もしあなたが転職を考えているなら…

転職エージェントのリクルートエージェント又はdodaを利用して転職活動をしませんか。
利用は終始無料ですし、一人で転職活動をするより転職のプロと二人三脚でやるほうがいいですよね…

30代…特に35歳を過ぎると

「なかなか書類審査をクリアせず、面接まで辿り付けない」なんて話は頻繁にあります。
実際、この駄文を読まれてる人も同じよーな悩みを抱えてるはずです!

自分が企業側の立場であればわかると思いますが、正直、やり手の即戦力者以外は雇用しませんよね。

例えば…38歳の業界未経験者を採用して、一から育てるなんて、もうアホらしいです。

そりゃ社会に出て20年前後は経ってるので、社会人としての常識はあるでしょうが、失礼ながら要らん存在です(汗)

ここまで私は、ネガな部分ばかり書きましたが、実際、30歳半ばで、ろくなスキルや管理能力がなくても、ちゃんと書類審査&面接をクリアして自分がそれなりに望む会社に入れる人はたくさんいるわけです。

じゃあ逆に考えれば、戦略を持ってやり方を間違わなければ、ちゃんと書類審査を突破する可能性はあるわけです。

自己流でチメチメやってるので書類審査落ちまくりの可能性はあります

なんやかんやで「30歳代後半以降のスキルなし」が、いい会社の書類審査をクリアするのは、大変な道のリであることは間違いありません。

一番簡単な方法は5社や10社応募して諦めるのではなくて、最低でも30社は応募してみることです。

なので、いい年して、それなりにいい会社に転職した人に話を聞けばわかると思いますが、「実は45社目の会社でやっと内定をもらえてさ…」なんて、なまなましい話が聞けるかもしれません(笑)

人によっては50社以上に書類を送りまくってる人もいますので、5社や10社なんて遊びですよ、遊びです(笑)

ただ、偶然の一致ではありませんが、たまたま自分の条件の企業の条件が合致したことにより、数社にチャレンジしただけで内定を貰える人はいますが、そんな人はラッキーパンチです。

どうせ書類審査にかかる費用は微々たるもんじゃないですか

問題は写真代金ぐらいですか?

履歴書や職務経歴書は、パソコン作業に慣れてる人であれば簡単に作成できるので、パッとプリントアウトして終わりですし…。

履歴書に書くことは決まってるので、別に、私が言うことはありませんが、職務経歴書は履歴書以上に大事ですね。

職務経歴書を書く時の注意点は、何としてでも書類審査に漕ぎつけるために、
「俺はこんなに凄いんだ!」
「俺は過去にこんなデカイ仕事をやった」
とダラダラと書いてしまう傾向にあります。

そりゃ誰もが書類審査をクリアしたいはずですので、あーだ、こーだと過去の実績のスキルを喧伝した職務経歴書になりがちです。

その問題はいいとしても、なんかもう自分をアピールしたいばかりに職務経歴書がゴタゴタになってません?

人事部の採用担当者が暇人で、書かれた履歴書や職務経歴書をしっかりと熟読してくれるのであればいいですが、普通に考えても人事の人にそんなに時間はありません。長くても10分前後ではないでしょうか。

その会社の採用枠が一人とか二人であれば、多数来る書類も時間をかけて吟味してくれますが、実際は甘くはありません。

なので、私が言いたいことは、履歴書や職務経歴書は、自分が人事部の人間の立場であれば、どんな感じで書いておけば、しっかりと読んでもらえるのか?それを念頭においておく必要はあります。

それに書くことですが、よくある勘違いは、自己満をアピールしてる場合があります。

「俺はこれだけのことをやり、前の会社にこれだけの利益をもたらしたぜー」みたいな…苦笑
確かにそれはそれですごいと思うんですよ。

自慢話に傾倒したPRは人事部の人間も「なんなんだコイツは?」となるし、人事の人間が知りたいことは、そんな事じゃあなくて、
・あなたは何ができて
・入社してどんな事をしてくれるのか
これが重要なんですよね。

何回も言ってますが、30代半ば以上の転職組に求めるのは即戦力なんです。

私はここまでダラダラを書いてみましたが、ネットや友人などの情報からではわからない部分はたくさんあります。

なので、自分一人で考えたり、素人の考えを仰ぐのではなくて、この道のプロである転職エージェントを頼るのです。

転職エージェントの仕事は求職者を理想の企業に入社させることなので、履歴書や職務経歴書の書き方の指導なんてのは朝飯前なんです。
そんな無料で利用できる転職エージェントを利用しないのは間違った行為でしかありません(笑)

通常、職安などだと、土日が休みであり、仕事を探したいのに、「探せねーじゃねーか!」と文句を言いたくなりますが、転職エージェントは民間企業だからってわけではありませんが、クライアントの事情を汲み取って土日も相談に応じてくれます。

なので、離職することなく職探しも可能なんです。

離職してからの職探しは、職がなかなか決まらない場合は危険です。家庭は崩壊します。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら