二十代で年収400万円くれる仕事は何だ?20代の内に年収400万円くれない会社は転職だろ?

20代で年収400万円は楽勝?

20代前半で年収400万円もらうのは、ちょっと無理かもしれませんが、「20代も後半になれば楽勝だろ?」と思ってる人は多いと思います。

転職エージェント「DODA」からの抜粋にはなりますが20代で年収400万円以上ある人は全20代中の約30%になるんですよね。
要は三人に一人が年収400万円以上あるってことです。

大半の人が年収400万円あるんですよね。
ただ20代前半の人、特に大卒者は厳しいですよね。

私の中のいい友人に年収を尋ねると、皆が皆年収400万円は突破してました。

ちなみに年収500万円以上は10%ほどいます。

年収400万円は貧乏だと思う

年収400万円以上あっても手取り額は26万円(ボーナスなし計算)ほどなので貧乏人の部類ですよねw
まあ大金をくれる企業の大半は東京や大阪などの大都会なので家賃は半端なく高額ですので家計を圧迫します。

こんな状態で結婚すると日々夫婦喧嘩ですw

20代で400万円もの年収がる人がいる反面、薄給激務で年収200万円で頑張ってる人もおり、現実はそんなに甘くはありません。

手取り13~15万円、年収200~300万円の正社員は転職した方がいいよ!
年収200万円のフリーターで東京の一人暮らしは無理だろ

仮に高卒後、新卒採用で5年も6年も経験があり、年収200万円代半ばであれば、そんな会社はさっさと転職をした方がいいです。
まじでそんな会社にいたとこで将来性はないですよ。

年収200万円や年収300万円はワーキングプア層です。

そんな薄給激務の会社にいる先輩や年輩の社員達は、文句ばかり言ってませんか?

「給料が安い」
「仕事時間が長い」
「遊ぶお金がない」

その会社にいる先輩社員の年輩社員は、未来の自分の鏡なんです←まじw
要は自分の人生も負け組のヨレヨレになる可能性は90%以上なんです←まじw

一定水準以上に給料をくれん会社は転職

結論から言えば、30歳前までに年収400万円くれない会社は、早急に転職した方がいいです。
特に大卒者ね。

私は何回も言ってますが、30代後半になると、転職活動は難しくなります。

ステップダウン転職ならイージーなのですがw
ガテン系や薄給激務のブラック企業に転職しても無意味だもん(汗)

転職を勧める理由は簡単であり、やる気のある若い人の転職先なんて、なんぼでもあるからなんです。

実際、あなたの周りの友人や知人も、薄給激務なダメ会社からステップアップ転職してる人はいるでしょ?

「年収200万円だったけど、転職したら年収100万円もアップしたよw」こんな事を言ってる人はいませんか。

二十代で年収400万円をくれる仕事は何だ?

基本的には利益率の高い業種や職種に限りますね。
新車や中古車なんてガンガン販売しても利益は低いんですよね。

知人は新車販売の営業マンをやってますが、40代で年収400万円もない負け組男です…
転職のタイミングを誤り生涯貧乏な感じですね。

まじで転職は40歳までに限ると思う。

やはりIT系は強い

IT企業は利益率が他業種に比べると半端なく高いことや、くだらない年功序列制度を採用してないことです。

なので、勤続年数は数年間と短いが、しっかりと実績を出せる人には、年収500万や年収1000万円をくれたりします。

歩合給の営業マンは高給

不動産や保険の営業マンや利益率の高い商品を売ってる営業マンなどの年齢は関係なく、年収は高いですね。
学習教材や健康器具などを売ってる人も。
中には怪しい商品を売ってる人もいますが(汗)

ただ、ガツンと尋常じゃない給料をくれる営業マンの収入は不安定なんですよね。

私の嫁の友人は、昔、生保の保険の営業ウーマンをしてました。
最初の数ヶ月間はお試し期間なので食えるだけの給料はくれますが、お試し期間が終われば地獄w

確かに基本給7、8万円+歩合www…そんな事を言ってました。

なので、お試し期間終了後、2ヶ月間は頑張ったが、もう無理でとりあえずフリーターになった…と言ってました。

フリーターは貧乏だし福利厚生もない!フリーターのデメリットとは?

私が言いたいことは、簡単に高給をくれるとこはバリバリの実力主義です。
実力のない人間が、そんな会社に行くと号泣の日々であり、神経症まっしぐらになるのではないでしょうか(汗)

ただ実力のある人には天国ではありますが、給料はバンバンくれて、年輩社員を顎で使えるしw

それはそれで快感ですよね。私も能力があればやってみたいです。

金融系

金融とは言っても銀行や消費者金融、証券会社などではなくてファンド(投資信託)系ですね。

外資も多い業界ですし、20代で年収1000万円も可能ですよね。

やはりIT系同様、ファンドは利益率が半端ありませんので、成果を出す社員にはガツンと報酬をくれますよね。

広告・商社

大手は確かに年収はいいかもしれませんが、零細や中堅の企業だと、もうブラックもブラックですし。

中には弱小でもいい会社はあることはあるので、いい会社があれば転職もありですが。

自分の適職を探す

成果主義重視の会社ではなくて、それなりに年収の安定した探すのは、ハローワークや求人サイトなどではなくて、転職エージェントの担当者と相談をしながら転職先を決めるのが一番なんです。

・コミュ障害の人間に、「年収500万円以上あるのでバキバキの営業職をやれ!」と言われても無理な話ですし…

・転職エージェントの担当者に相談すれば、ホワイト系企業の工場に転職して、それなりに給料をくれるかもしれませんし…

転職エージェントは相談から企業に内定をもらう全ての流れを「無料」で利用できるんです。
この無料の転職エージェントを利用せずに転職するなんて、愚の骨頂ですよ。

本気で20代で年収400万、30代で年収700万円を目標にするためには転職エージェントを使って、さっさと転職するのが堅実です。

年収300万円時代の到来もある

もうかなり前から聞かれてると思いますが、本当に怖い話です。

森永卓郎さんの著書に「年収300万円時代を生き抜く経済学」があります。

実際、データを見ると、1990年代以降日本人の平均年収は下がってるんですよね。

この20年以上一回も平均年収は上がってませんから、このまま下がり続ければ、まあ間違いなく平均年収300万円になる日も来ます。
それに、もう既に年収300万円以下の給与所得者が全体の40%を占めてます。

この数字を見て「え?こんなにいるのか」と思われるかもしれませんが、これはバイトやパート、派遣社員なども含まれます。

ただ、年収250万円ほどでヒィーヒィー言ってる人もいれば、年収1500万円以上を安定的にもらって、人生を謳歌している人がいるのは間違いありません。

なぜこんなに貧乏人(失礼w)が増えたのか?

その理由は簡単であり、日本経済の衰退や工場の海外流出が原因なんですよね。

なんせそれなりの給料をくれる工場は海外に移転しまくり、求人自体も減ってます。
やはり一次工場が海外に移転すれば、二次工場も海外に行くので、給料をくれる仕事は減りますよね。

こんな悲惨な事情もありますが、日本企業はまだまだ元気!

ガツンとお金をくれる企業はわんさかあるし、日本企業がダメなら外資系でもいいじゃないですか。20代で年収400万円は楽勝です。

東京や大阪などの都会なら外資系企業の求人はわんさかあります。

保険を見直すことでお小遣いが増えるかも‥

二十代後半になると結婚してる人も多いですし、生命保険に加入してる人もいますよね。
まあ結婚して子供がいる人は当然ですよね…

こんな事を私が言うまでもありませんが、生命保険は自動車の任意保険と違って、めちゃ煩雑ですよね…

変な言い方にはなりますが、生保の営業さんはしょせんは仕事なんですよね。

本当は●●した方が顧客にとって利益であるのに、自分の利益を優先してるケースは多々あります。

簡単に言えば、本来要らんモンに加入して余分な保険料を払ってるケースがよくある。

「保険相談Navi」では保険の見直しをプロ中のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)が無料で相談に乗ってくれんるんです。

保険相談Naviのいい点はガツガツした生保特有の営業攻勢のない点なんですよね…

まとめ

本当にお金をくれない会社に長く在籍していても、私は意味はないと思うんですよね。
大卒なら20代で年収400万円、高卒なら20代で年収300万円。
この目安は大事です。

これだけの給料をくれない会社には金銭面で将来性を感じられないので、さっさと転職するに限ります。
しょせん、社畜生活は生活費を稼ぐためにやってるだけでしょ?

私ならお金をくれん会社は早い段階で辞めますよね。

転職エージェントと使って転職するメリット

「会社に行くのはだるい」
「仕事は嫌いなんだよね」
⇒「もっと楽で高給な仕事ないかな…」

このような幼稚な理由で転職する行動は問題外だと思います。

しかし、
「成果を出しているのに評価されない」
「パワハラやセクハラにうんざり」
「7連勤、8連勤のブラック企業」
「サービス残業のオンパレード」
「今の会社には将来性を感じられない」
「キャリアアップする」
「年収アップできる能力はある」
このような悩みを持ってる人は転職をすればいいと思うんですよね。

人生は長いのですし、ダメな会社で長く働いていても意味はありません。薄給激務に苦しんだ挙句、心身崩壊してる人は多いですよね。

そこでです…「転職して新規一転頑張る!」と決意しても転職サイトやハローワークを利用して転職活動をしても、自分の満足のゆく転職先を見付けるのは難しいのが現状です。

そこで「私がいいな!」と推奨できるのは転職エージェントを使った転職活動になります。

転職エージェントを使うメリットは「終始無料」であなたの希望に見合った企業に入社できるように、転職の達人(エージェント)がサポートしてくれます。
・企業を紹介してくれるだけではなくて、どうすればあなたの希望する企業に入れるのか
・書類作成のサポート、面接突破の秘訣など手取り足取り教えてくれます。
・入社前ではわからない本当の年間休日や残業などを知れる
メリットはまだまだたくさんあります。

普通に考えるまでもなく転職エージェントを使わない転職活動は損になりますよね。

転職エージェントを利用するとは言っても、転職エージェントは大なり小なりと尋常ではない数の転職エージェントがあります。そこで私のおすすめする転職エージェントはリクルートエージェントdoda

弊サイトではどちらかと言えばリクルートエージェントになりますでしょうか。

就職活動のときは色んな方がサポートをしてくれて、自分の満足する企業の内定を勝ち取りましたよね?
当然のことにはなりますが転職活動もプロの力を借りるに限ります。
一人で転職活動して、またブラック企業で働くことになったのでは何のために転職したのか?意味不明な行動になります。

大手の転職エージェントを利用するメリットは前述したようなサポート以外に、あなたにおススメする企業がブラック企業であるか否かを事前に審査しておりますので、入社したけど「またブラック企業だった」なんてことはありません(断言)

リクルートエージェントの登録は5分もあればできます。「次は絶対に良い企業に転職してやる」と意気込んでる人はリクルートエージェントを利用することで、会社員人生は好転する可能性もあります。

これは余談にはなりますが、転職エージェントは転職エージェントでも得意分野苦手分野はあります。
例えばリクルートエージェントとは◎◎が得意ではありますが、dodaは苦手なこともあります。その逆のパターンもあります。

「私は一社でいいや」と感じてる人はリクルートエージェントだけで問題はありません。しかし転職エージェントに切磋琢磨してもらって、自分によってより今以上により良い会社で働きたい人は二社、三社の転職エージェントを同時に使うのも悪くはない選択になります。

繰り返しにはなりますが、私のおススメする転職エージェントはリクルートエージェントとdoda。終始利用は無料で、登録作業も5分、長くても10分もあればできます。

>>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

>>dodaの公式サイトはこちら